2020.02.04 早いものでもう2月 | おやじの空手道

おやじの空手道

44歳、空手入門、目指せ黒帯!

イヤー、早い、早い!ガーンガーン

 

 

 

何が?って、時が経つのは早いですね!時計

 

 

 

ついこの間、年が明け鏡餅2020年になったかと思ったら、もう2月バレンタイン

 

 

 

ついこの間、稽古始め柔道のブログを書いたかと思ったら、もう1か月ガックリ

 

 

 

イカン、イカン、こんなんじゃ世の中から取り残されまっせ。滝汗

 

 

 

と言うことで、1か月ぶり、今年2回目チョキのブログです。

 

 

 

 

 

 

相変わらず、なかなか稽古に行けない最近。
 

 

 

今日は何とか無事に仕事を片付け、稽古に来ました。
 

 

 

さあ、稽古の始まりです。
01

 

 

 

今日の稽古は、まず【組手の型 八方】から。
 

 

 

その後、型の細部について、西尾先生から解説を頂きました。
 

 

 

 

 

まずは体捌きを対面稽古にて練習します。
 

 

 

相手の左左矢印下段蹴りを、

 

03
 

 

 

相手の右側右矢印へ体捌きでかわします。

 

02
 

 

 

 

 

次は間合いを考えた連続技の稽古。
 

 

 

回しうずまき蹴りから、

 

04
 

 

 

前蹴り足

 

05
 

 

 

おいら、基本の抱え込みが苦手で、どうしても前蹴り足がうまく蹴れません。ガーン

 

 

 

特に近い間合いでの前蹴りとなると、シッカリと抱え込まなくては蹴ることができません。
 

 

 

苦手意識を克服するためにも、ちゃんと稽古するしかないですね!
 

 

 

 

 

続いては型から組手への応用編。
 

 

 

上段の蹴りをヒットさせるには、相手に蹴りが来ることを意識させないこと。
 

 

 

そう、前の手でショートレンジの強い突きグーが打てれば、おのずと上段への蹴りにはガードが甘くなります。

 

 

 

西尾先生にお手本を見せて頂きましたが、やっぱり凄い。びっくり

 

06
 

 

 

至近距離から強い突きを打つには、スタンスあしあと、腰の切れヘビ、スナップおいでが必要です。

 

 

 

おいら、これもうまくいかず。
 

 

 

とにかく、ちゃんと稽古するしかないですね!
 

 

 

と言うことで、あっという間に稽古終了。
 

 

 

「皆さん、本日も稽古お疲れ様でした。押忍!」
 

 

 

 

 

 

 

おいら今日の稽古で思いました。
 

 

 

体捌きにしても、抱え込んでの前蹴りにしても、身体の軸がシッカリコアラしていなくてはいけません。

 

 

 

身体の軸が左右左差し右差しにブレたり、前後上差し下差しにユレたりしていては、受けも攻撃もうまくいかないのです。

 

 

 

今日改めて、おいらの弱いところを実感させられました。
 

 

 

もっと下半身を強化し、キレのある動きが出来るよう稽古したいと思います。
 

 

 

カッコいい空手家を目指し、これからもまだまだ【おやじの空手道】は続きます。
 

 

 

今後とも宜しくお願い致します。
 

 

 

押忍!