2019.04.04 三浦首席師範講習会 | おやじの空手道

おやじの空手道

44歳、空手入門、目指せ黒帯!


テーマ:

ドキドキ!滝汗

 

ソワソワ!ニヤニヤ

 

ワクワク!ウインク

 

ヒヤヒヤ!笑い泣き

 

 

 

あんまり緊張しすぎて、自分の感情がよく分からなくなってきました。
 

 

 

だって、今日は三浦首席師範の講習会の日なのです。
 

 

 

おいら早々に仕事を切り上げて、午後7時時計には道場に到着。

 

 

 

まずは入念にストレッチ。

 

 

 

身体をほぐしつつ、おいら祈ります。お願い

 

 

 

「今日は掛け声を聞く前に身体ランニングが動きませんように!

 

今日くらいは左足と右足の区別あしがつきますように!!」

 

 

 

 

 

 


19時30分に少年部の講習が終わり、全員での写真撮影カメラ

 

 

さあ、いよいよ講習会のスタートです。

 

 

 


まずは基本の立ち方による、前に出ての攻撃と後ろに下がっての攻撃の稽古。
 

01
 

 

そう、自分が後ろに下がることにより相手を誘い、相手が前に出てきたところにカウンター攻撃です。

 

 


しかーし!

 

 

早速ここで、おいらのお祈りは無残にも崩れ落ちます。ガーン

 

 


後屈立ち前蹴りのあと、前足を前から回して三戦立ちになることが出来ません。ショボーン

 

02

 

 

どうしても後ろから回してしまうのです。えーん

 

 


そう、おいら左と右の区別はつくようになっていたのでしたが、前と後ろの区別がつかなくなってしまったのです!チーン
(首席師範の指差す方向、その先にはまさしくおいらがいるのです!)

 

 

 

やっぱり稽古不足ですね。いきなり反省のおいらでした。ショボーン

 

 

 

 

 

さあ、気を取り直して、ニコニコ

 

 

 

今回の講習会では、首席師範が自らたくさんお手本を示して下さり、とても勉強になりました。
 

 

 

最近、よく稽古した【組手の型 八方】も、首席師範の動きはおいら達とはまったく違います。
 

 

 

惰性の動きがなく、常に相手と対峙している動き。
 

 

 

投げの動きも、大変勉強になりました。
 

03
 

 

 

「首席師範、ありがとうございました。押忍!」
 

 

 

 

 

そしてもう一つ。
 

 

 

今回の講習会で、首席師範へ西尾先生からのリクエストがありました。
 

 

 

それが「ヒ・ジ・ウ・チ!」
 

04
 

 

素早い動きと完璧な間合いが要求される、この技。
 

 

 

首席師範の回転肘打ちは、まさに目にも留まらぬハヤワザ!
 

 

 

その証拠に、首席師範の肘打ちの間、その素早さに前列の先生方が1ミリも動いていないのが分かります。
 

05
 

06
 

すっ凄い!

 

 

 

さあ、それではパートナーと組んで、お互い練習しあいましょう!
 

07
 

08
 

 

 

いや~、素早く間合いを詰めて、肘を的確に当てるって本当に難しいですね。
 

 

 

おいら頑張って稽古したいと思いました。
 

 

 

 

 

 

 

そしてその後も、首席師範の実戦的なすご技がさく裂します。
 

 

 

まずはインローにて相手を崩し
 

09
 

 

 

その相手の背中に肘を落とす
 

10
 

 

 

相手の突きを捌き、同時に相手のアゴヘカウンター攻撃する
 

11
 

 

 

【組手の型 八方】にある、投げ技からの
 

03
 

 

倒されて、立ち上がってくる相手の顔面めがけて膝蹴り。
 

12

 

 


我らが西尾先生も、なすすべもなく、首席師範にコテンパンにやられてしまいました。
 

13
 

 

 

 

 

そして中身の濃い講習会も終了時刻に。
 

 

最後は、こちらも恒例の記念撮影カメラで終了です。

 

14
 

「首席師範、講習会ありがとうございました。先生・先輩方、道場生の皆さん、お疲れ様でした。押忍!」
(写真を撮って下さった三浦道場千葉支部の○南さんも、ありがとうございました!)

 

 

 

 

 

 

おいら首席師範の講習会で毎回思いますが、首席師範の動きはまさに実戦そのものです。

 

 


なのに、おいらの稽古は基本にしても、型にしても、そこにいる相手をまったく想像出来ていません。

 

 


おいらの組手は、どうして間合いが合わないのか?

 

 

それは基本稽古や型の稽古で、そこにいる見えない相手と戦っていないからですね。
 

 

 

どうしたら膝蹴りが出来るか?

 

どうしたら肘打ちが当たるか?

 

 

 

それはミット打ちでも組手でも、相手との間合いやスピード、タイミングが合っていないとうまくいきません。
 

 

 

今日の講習会で感じたこと、そう常に実戦をイメージしながら、また明日から稽古に励みたいと思います。
 

 

 

これからもカッコいい三浦道場の空手家目指し、まだまだ【おやじの空手道】は続きます。
 

 

 

今後とも宜しくお願い致します。
 

 

 

押忍!

GOTOさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ