日本の国際化に貢献するGTN社長のブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

第15期に突入しました!

 

7月1日本日、記念すべき15期目に突入しました!

 

つまり来年は15周年記念になるのですが、早いものです。

 

ただ私が設立当初に描いた15年後のGTNの状況、日本の状況には、程遠いものとなっており、なかなか人生思うようにならないなと感じています。

 

 

ただこれから245人のGTNのグローバルな仲間たちとそのパートナーとであればもっと壮大なスケールの夢を追いかけれるのではないかと希望を描いております。

 

 

 

2020年といえばオリンピックの開催年でした。

 

しかし、オリンピックは2021年に延長になりました。。。

 

 

でも前向きに中止になったわけではないので、また来年に期待しましょう。

 

 

その時はGTN設立15周年となりますので、勝手ながらオリンピックで大盛り上がりの中の15周年記念を今から楽しみにしていきます。

 

コロナによるオリンピック中止論者も多いようですが、リスクを恐れて慎重になることで、より多くの経済的な被害による様々な危機、または世界からみての日本への信用を損なうのは、取り返しのつかない事態になるのではないのでしょうか。

 

そんなことになれば、よく言われるようになってきた日本衰退論に拍車がかかることでしょう。

 

 

私としては、何とか開催して「日本で開催されてよかった」と言ってもらえるオリンピックにしたいと思っています。

 

 

それだけオリンピックは人生をかけて努力していた人間たちの結果が証明される最高の場であり、スポーツを通して平和を願う象徴的な場でもあります。

 

 

その場を開催できることは素晴らしいことですし、これを逃せば私が生きている間で開催されることはないかと思います。未来を担う子供たちに夢の舞台を見せてあげたいです。

 

オリンピアン達の努力、正に子供のころから命がけで努力した人たちのことを思うと「オリンピックどころではない」という言葉を聞くととても悲しい気持ちになります。

 

 

またコロナウイルスの感染者が拡大しているというニュースを見て思う事ですが、「新宿歌舞伎町が」、とか「ホストクラブが」とか、エリアや業種業態やお店もかなり詳細に特定できているのです。

 

 

色んな法律や条例があるのはわかるのですが、それをただ検査をするだけで看過しているのは本質よりもルールを優先する現代の日本人の悪い所が出ているように見えます

 

以前より検査体制など改善したというのも考慮したとしても対応が甘かったり、遅すぎると思います。

 

 

元来、目的の達成のためにルールはあるのですが、ルールが目的よりも優先度が高くなり、ルールを守っているかいないかに焦点が行くことで、何もできなくなったりするのはデジタル社会には向かない思考、行動であり、このままではいけないと日本への危機感を感じます。

 

 

人に注意する立場にはないですが、GTNとしては、しっかり事実から見た客観的、または独自の目線で更なる社会課題に立ち向かっていくことをこれからも行ってまいります。

 

 

世界大戦以降、その当時から生きていた人たちがほとんどいなくなり、情報化社会になり、価値観が多様化する中で、自由と共に責任が伴う時代となりました。

 

一律化よりも個別に対処する事象が増えるというのが現代です。

 

また国に頼る人もいる中で国に依存することを好まない人は益々多くなっていくでしょう。

 

 

メディアの変化も大きく影響を与えるでしょう。

 

コロナで私自身もテレビ離れを感じました。その対極にNetflixやHuluなどの動画サイトの人気が爆発しました。

 

 

その結果、以前から言われていたマスからパーソナルへの変化の強さ、早さを感じる形になりました。

 

 

最初から1つのことでマスを取りに行くのではなく、小さなニーズの積み上げが結果として相乗効果を生み、大きなシェアをとることになるのだと思います。

 

 

これからのビジネスの世界はトライアンドエラーを繰り返すことです。

 

ビジネスでは当たり前と言われながら多くの企業が以外にやれていない企画(仮説)を立てて、実行し検証し、変化していくことを早く、確実に行えることが重要だと思います。

 

 

GTNは、より多くの仮説を立てて、実行した結果、うまくいかない理由を検証し、変化し続けることを文化として組織に定着させていくことが大事であり、その文化や仕組みを定着化させることが私のこれからの仕事になると考えています。

 

 

2030年、SDGsと「GTN 30×30構想」の実現に向けて今年一年コロナと共に社会に変化を促す機会にしたいと思います。

 

 

今日から第15期です!

 

 

GTNを支えてくれているパートナー、社員、その他ステークホルダーの方々と共に、これからも更にスピードを上げて走り続けます。

 

何卒これからも叱咤激励のほど、よろしくお願いいたします!

 

 

 

 

42歳の誕生日を迎えました!

2020年6月12日は

 

私の42歳の誕生日

 

です。

 

社長室や会社のメンバーからの祝福。

 

また多くの祝福メッセージを頂き、ありがとうございます!

 

 

大学2年生の時に起業して20年以上が経ち、GTNを設立して丸14年となり、来年は15周年記念です。

 

コロナで人類がどう変わるのか、変わらないのか、不変であるべきものと変化すべきもの、メディアの情報に一喜一憂するのではなく、日本、アジア、世界を見渡しながらケーススタディや歴史をあてはめながらいろいろ考えました。

 

グローバル化は不変であるということ。

特に日本は特に必要性が高いという事。

 

ただグローバル化のパターンの変化や追加なども考えました。

 

不動産業界、人材業界、金融業界を中心にグローバル市場は大きく、さまざまな変化が起きる。

 

詳細は書きませんが、10年かけて行われる変化が2年~3年で行われると思います。

 

GTNでも5年計画で考えた変革のスピードを一気に加速させることにします。

 

 

外国人を採用した企業が「よかった!」と言ってもらえるように、しっかり懸け橋になります!

 

43歳の誕生日がどうなっているのか今から楽しみです!

 

今後ともよろしくお願いいたします!

 

 

コロナショックに今思うこと 3

 

日本全国でかなりコロナも抑えられて、恐れていた事態は回避できたことで、安心感が広まってきましたね。

 

元の状態には戻れないにしても、これ以上経済を止めることの方が取り返しのつかない被害になりかねないと思いますので、経済活動を少しずつ戻していくことは非常に大事なことだと思います。

 

今回のことで思うのは、さらに地球規模で解決すべき課題が増えていくということです。

 

国連が提唱するSDGsも世界中の人々が世界規模で課題解決に挑んでいますが、医療機器や備品、また治療薬や新薬、ワクチン開発までも企業単位から国、または世界規模で行う時代になってきたなと思います。

 

ウイルスだけでなく、お金の流れ、人口爆発に対する食料不足、温暖化による被害、人権などは国任せで解決できない問題です。

 

短期的にドメスティックマインドが高まったとしても、オープンマインドが歴史的にみても成長できたことを考えれば、そうならざるを得ないことは確かだと思います。ですので私は長期的なトレンドは変えられないと思います。

 

ただこれからの渡航には、ウイルス検査結果を開示する義務が出るなどの変化が出てくるかもしれませんし、即時に判定する機器などが進化するかもしれません。

 

すでに日本に仕事、留学で来る学生の多くは韓国、中国、台湾、ベトナム、モンゴルで80%以上を占めており、それらの国はウイルス対策がうまくいった国々なので、欧米・南アジア・アフリカ・南米よりも早く、経済活動が復活すると思います。

 

すでに保守的なトヨタの業績予想が来年3月には元に戻るという予想を出しており、市場に安心感を与えました。

 

もちろんただ同じことをしているだけでは元には戻れません。うちも偉そうなことは言えないですが、デジタルに弱い会社は不利になると思います。

 

GTNもベンダー任せだった反省から、昨年からITソリューション部という部署を立ち上げて内製化を急いでいまして、その判断は間違いなかったと確信しております。

 

GTNも部屋探し、モバイル契約、仕事探しなどの接客業務を原則すべてオンラインで対応するようにしてます。

 

GTN、世界中どこからでも非対面で賃貸契約!外国人専門オンライン仲介サービスを5/11から提供開始

 

こんなリリースも先日出しました。

 

そしてサブスクリプションモデルが安定した成長をもたらしてくれるということを再確認させてくれました。

 

管理会社であれば管理料がそれにあたるのかなと思います。

 

最悪期を脱して、これから世界はニューノーマルに向けた動きが進んでいきますので、どういった動きをするかが大切ですね。

 

過度に心配をすることを否定したくないですが、一番怖いのはまさにそれなんです。恐怖の連鎖による副作用、恐怖には歯止めが利かないですし、それにより多くの人に影響を与えてしまいます。

 

なのでこのコロナ禍、ウィズコロナで一番怖いのは人間の心です。

 

コロナに関係なく、冷静に、そしてやれることはしっかりやり、自分でできることまでやる。そしてできないことに対して悩まないことは大事かなと思います。

 

みなさん、もう少しで緊急事態宣言も緩和されると思いますので、頑張りましょう。

 

GTNは、日本の新型コロナウイルスに関する情報を5言語で音声配信しております!

GTNが日本の新型コロナウイルスに関する情報を5言語で音声配信!!

 

「CORONA JAPAN INFORMATION」

 

多言語コロナ情報特設ページへ

 

We've got you covered for COVID-19 – Podcast – Podtail

 

GTNは日頃、外国人の悩みに触れる機会が多い会社です。

 

GTNには生活サポートという部署があり、先月だけで月間7800件もの外国人の生活相談案件を対応しています。

(※実際の電話、メール、SNSなどのやり取りはその何倍もの量になります。)

 

外国人に関する生活相談案件では、日本最大級の実績のある会社であります。

 

その中でもコロナウイルスに関しての心配、本人はもとよりご両親なども心配しているとの声を耳にするようになりました。

 

そこで、GTNユーザー以外でも当然に困っているはずだから、何かGTNで出来ることはないだろうか?

 

日本語で日本のニュースを聞き取るのにストレスを感じている人が多い非漢字圏の国であるベトナム、ブラジル、ネパール、モンゴル、英語圏の人たちに日本の新型コロナウイルス(COVID-19)の情報をネイティブ言語で配信しようということになりました!

 

そして社員にお願いしたところ、みんな快く受け入れてくれました!

特別チーム編成です!

 

みんな、ありがとう!

 

そしてコンセプトは

「~しながら」

 

みなさんの貴重な時間を奪わないように通勤しながら、風呂入りながら、料理しながら、という日常の生活の何気ない時間の中でも聞けるということからラジオ形式での配信となりました。

 

そして日本での生活歴の浅い人が一番困っているだろう、その場合、若い人が多いいという事で、、若い人でも聞きやすいように、そして休校や休日、在宅勤務など一人の人も多いだろうから親しみやすい雰囲気で、ということで2人の対話形式を採用しました。

 

プロではないのですが、一生懸命日本の新型コロナウイルスの情報をみんなで勉強して配信していますので、ぜひ聞いてください!

 

PodcastやSpotify、Youtubeなどで配信中です。

 

 

 

 

 

GTNに入社した新メンバーへ

 

今年もGTNには11名の新卒、転職6人の計17名が入社しました。

 

とは言ってもGTNの新卒社員はGTNアルバイト経験者なのではじめましてではない感じではありますが、それでも正社員として新たな船出の場を用意したかったのですが、GTNでは入社式を7月に延期という決意をしました。

 

ごめんなさい。。。

 

遠隔で行うか、最大限配慮して開催するか迷いましたが、人数も多く、このコロナとの戦いが落ち着いてから改めて入社のセレモニーをしたいと思いますので、楽しみにしておいてください。

 

もちろんみんなには、4月から入社して研修を行ってもらいます。

 

みんなには、しっかり研修を行ってもらって、社会人として、GTN人としてGTNファミリーとしての基本を理解して、みんなの力になってくれればと思います。

 

 

GTNでは現在、各部署在宅勤務を行っていますので、せっかく入社したのに会社に人も少ないですし、歓迎会も出来ません。

 

ほんと申し訳ないですが、今は世界が緊急事態なので、今は我慢です。

 

 

GTNでは、在宅勤務をするにしても単にコロナのためではいけないので、アフターコロナの世界でも活用可能なルールとツールをしっかりしようということをいろいろ検証しています。

 

どういった業務内容にいいか、またどういった人が向いているのかなどの適性があるようで、非常に興味深いです。

 

ルールやツールがないと全体ではおそらく生産性は落ちると思います。

 

逆に営業や採用などの面談、ちょっとした会議などは遠隔にしたことで飛躍的に効率が上がるので、コロナ関係なく続けていきたいところです。

 

私のことを書くと、今は会食もなく、毎日家で過ごすこの時間もいいものだなと思います。また今までとも違う色んなインプットが増えることで逆にどんどんアイデアが出てきてプロダクトを生み出すには最適な時間になってきています。

 

 

新たに加わってくれたメンバー達に伝えたいことは、今回の環境を経験することで人はまた成長しますし、一人一人それぞれが今できる役割を考えながら高いレベルで全うすることが大事です。

 

今できるベストを尽くしていくことだけに集中していけば、それが組織として大きな成果につながります。

 

数ある会社の中でGTNを選んでくれてありがとうございます!

もうこれからは大切な仲間ですし、家族の次に大切な存在になれればと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>