仮想通貨の損失額にびっくり!

テーマ:

こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの
板東悦子です。

 

 

 

きのうの新聞記事をみてちょっと驚きました。
孫氏145億円損失か 
という見出しです。

ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長が
仮想通貨のビットコインへの投資に失敗し
1億3千万ドル(約145億円)以上の
損失
を出したとの報道があるそうです。

145億円 ってその金額には驚きますが
31兆円の総資産を持つソフトバンクグループを
動かす孫氏でも失敗するんだ。


投資で失敗 となっていますが
仮想通貨で利益を得ようとするのは
投資ではなく投機です。
ギャンブルに近くなります。


投資と投機の違いはこちら

投資と投機とは違います。ギャンブルでもないのです。

 

 


コツコツと資産を積み上げていくには
お勧めしません。


「どうしてもやってみたい」 という場合は
損失がでてもいいお金で行ってください。
 

くれぐれも145億円 
なんていう金額は手を出さないでくださいね爆  笑

 

 

IMG_3437.jpg

 重たそうなくらい八重桜が花をつけていました。

 

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

 

 

無料メール講座 

 

 

お問合せはこちらです

 

こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの
板東悦子です。

 

 

 

2024年度から新しくなる

お札のデザインが発表されましたね。


これまで大体20年で

新しいお札が登場しています。


お札を新しくするのは

偽造防止の側面があるそうです。


今回は3D画像が回転するホログラム
なんていう技術が世界で初めて

紙幣に採用されるそうです。


2016年12月にお札の流通量が100兆円を超えた
という記事を書きました。

お札の流通量は富士山の何百倍


今度のお札はどのくらい流通するのでしょうか?



 

 

クレジットカードをはじめとして

最近では電子マネーQR決済といった

キャッシュレス決済が使われています。


今年の消費税増税の際に

キャッシュレスで買い物をすると

ポイント還元されたり

2020年の東京オリンピックへ向けて

政府はキャッシュレス化を進めていますから
お札の量は減っていくのでしょうか?




ところで新しいお札になる3人が

どんな人かご存じでしたか?


正直私は名前くらいしか知りません。


お札でお目にかかる前に

ちょっと知っておこうかな。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

 

 

無料メール講座 

 

 

お問合せはこちらです

 

 

 

こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの
板東悦子です。

 

 

 

間があいてしまいました。
その間に新しい年度が始まり、

新しい元号が発表になりました。



我が家では 愛犬が3月末に

痙攣をおこしました。


去年の12月につづき、2度目になります。


前回は1度で収まり、経過観察でした。

それ以降起こっていなかったので

やれやれと思っていた矢先のことです。

 


今回は1日で3回の発作をおこし、

症状もひどかったため
MRIによる診断を受け、

脳炎 という診断がでました。


発作から診察、入院、検査、治療と

めまぐるしい時間を過ごしました。


思いもよらないときに

思いもよらないことが起こるものですね。


思いもよらないけれど

日頃からできるだけ想定して

心づもりをすることが

大事だと思い知ります。



3回目の発作がおこったのは午前2時


それまでの発作より激しく苦しそう。


時間が時間だし、どうしようと

飼い主は慌てます。 

 


12月の発作のときにかかりつけの

獣医さんから緊急用の電話番号を

教えてもらっていました。


躊躇しましたが電話をすると

対応して頂けました。


もしつながらない場合の

救急動物病院は事前に

調べていました。



こういった痙攣の症状の場合、

確定するためにはMRIが必要であることは

以前の診察で聞いていました。


3度目の発作の後、迷わずMRIによる

診断を希望しました。



動物の医療には健康保険は

ききませんから高額になります。


ペット保険に加入はしています。
ただし加入しているペット保険は

後から請求して返金してもらうタイプです。


まず支払いをする必要があります。


クレジットカードが使えるのは

緊急時には心強かったです。



いや~ かなり焦りましたあせる
焦りましたが事前に想定して

どうするか考えていることができれば
直面したときに少しでも気持ちに

余裕が持てるかと思います。



この先どうなるかは今のところわかりません。
今の治療のほかの手がまだあるとすると

前向きに考えられますし

冷静に考える余裕ができます。

 

 


なにごとも次の手、奥の手の

用意があると心強いなと感じます。

 

 

 


 桜も一緒に観ることができました桜

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

 

 

‬‬‬‬

 

こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの
板東悦子です。

 

 

 

初めての総領事館訪問の続きです。

日本の中のロシア連邦へ行ってきました その1

 

 

次はロシアのお茶についての

セミナーです。

 

 

私の思っていたロシアンティーとは
紅茶にジャムを入れて飲む
そんなものでした。

 


先生はロシア美人のベロニカさん。

 


こんな美しい人から関西弁のアクセントの
流ちょうな日本語が聞かれるのは
うれしいです。


ロシアではいろいろなお菓子を食べ
楽しくおしゃべりしながら
何時間もお茶を飲む習慣があるそうです。

今回もプレニク・スシカ・ピロシキ・メレンゲを

用意してくださいました。

 


 

美しい器に入っています。

 


よく知っているパ○○スのピロシキとは

ちょっと違う。

 





濃くいれた紅茶にお湯を加えて

好みの濃さにして飲みます。


その際に使われるのがサモワール
という卓上の湯沸かし器。

 

初めて見ましたが、装飾が美しい。


各家庭にあるそうです。



 

 

ちなみにジャムはありませんでした。
砂糖、レモン、ミルクが添えられています。


今までまったく知らなかった
ロシアの文化のほんの一端を

なかなか入ることができない

領事館で垣間見るという

貴重な経験をしました。

そして自分の国、日本の文化も

もっと知りたいと思います。

 


どの国の文化も奥が深そうです。

 






最後まで読んでいただき
ありがとうございます。

こんにちは。
ファイナンシャルプランナーの
板東悦子です。

 

 

 

先週、貴重な体験をしました。

総領事館へ行ってきました。
それもロシア連邦総領事館


想像では物々しくてちょっと怖いイメージ。


門には機動隊の方がいますよ。
 

ちょっと緊張。


「身分証をみせてください」

事前にリストがいっているのか
名前の確認だけで

門を開けてくださいました。

ん? あんまり緊迫感がない!?


この中はロシア連邦です。


大きなドアを開けて建物の中へ。

ロシア人の職員の方も気さくに挨拶してくださいます。

写真はダメだろうと思っていましたが
これもOK!

 

なんか想像と違う。



ホールで撮影大会になってしまいました。


IMG_3332.jpg


さて今回この総領事館へ来たのは


「日本とロシアのお茶文化交流会」
に参加するため


天井の高い、ゆったりとした階段を上がり2階へ


IMG_3333.jpg
 

内装材や調度品などはロシア本国から持ってこられた品だそうで
木彫りの壁材などロシアを感じることができます。

(行ったことないけど 笑)

 


 

 

今回この企画をされたのは

元NHKキャスターで

リシェプランニング代表の堀薫さん


お誘いくださったのは

お世話になっている
フェリーチェフィニシングスクールの

弓場節先生


副領事のごあいさつの後
日本茶のセミナーから始まります。


教えてくださるのは
裏千家の准教授で

加藤銘茶本舗の加藤あずささん。

 



日本茶について

「おもてなし」についてなどなど
お話を聞いた後、お抹茶を点てます。

まずは先生のお手本から

 


そしていよいよ各自お茶を点てます。


お茶に興味はあって
やってみたいなと思ったこともあったのですが
正座がつらいなぁ というところから

心得はなし。

手軽に点てて自分で楽しむことができれば
いいなということも
今回の参加を決めた理由の一つです。

なのでわくわくしながら点てたものの
先生のように細かい泡の
美味しそうなお茶には
そりゃあ なりませんあせる


なんとか少し泡を点てることができました。

 

あずささん手作りの桜餅とともに

美味しくいただきました。

 

 


次はロシアのお茶文化についてですが

長くなったので次回に引っ張ります。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。