銀河のほとりでもう一杯

福岡県久留米市在住の銀河です。


好きなものは旨い酒に美味い物。


地元久留米には旨い酒と美味い物がたくさんあります。


日本有数の蔵の数を誇る日本酒


焼き鳥ラーメンうどん、などなど。


このブログでは久留米の食べある記を中心に不定期更新中です。

Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2014年09月16日 21時19分56秒

肉・肉・肉を食べるのだ

テーマ:食べある記

連合王国(イギリス)からスコットランドが独立するかどうかの住民投票が

行われるようです。今になって何故?英雄ロブ・ロイでも甦ったのか?

うーむ、もしスコットランドがイギリスから独立ということになればスコッチ

ウィスキーは今までどおり手に入るのでしょうか。心配だなぁ。

それに、イギリスの国旗ユニオン・ジャックのデザインが変わってしまうの

ではないでしょうか。スコットランドの青地がなくなって、白地に赤の十字

(イングランド)と赤の×(北アイルランド)というデザインになるのかなぁ?


ユニオン・ジャック
これが、こんな感じ↓になるのかな?


新ユニオン・ジャック?
なんか、すごくシンプルな感じですね。


ううむ、どうなるのでしょう。

そういえば、ウェールズ国旗の意匠は入ってないですよね、今は。



さて、前回からの続き。ゼロ次会会場を出て、てくてく歩き、一次会へ。

一次会の場所は、蛍川にある炭火焼肉十門です。

早速、生ビールをいただく。


生ビール
サントリー・プレミアム・モルツです。

おっさんばかり6名集合の飲み会なので、華やかさは皆無w


乾杯をした後、まずはサラダ。シャキシャキして美味しいですよ。


サラダ
そして、肉をいただく合間につまむキムチ。


キムチ
肉、まずは馬のタタキ。馬刺しにひと手間、ふた手間もかけてあります。

肉もタレも美味しいです。


馬のタタキ
焼き物の第一陣はタン塩です。

生ビールとの相性はバッチリ。私は、これだけでも良いですよ。


上タン
そして肉が次々と来ます。

おお、霜降りですね。とろけそうに柔らかいです。


肉1

肉2

肉3
焼酎は、店長の桑野さんのご好意でこのようなものをいただきました。


焼酎
骨付きカルビはしっかり焼いてから食べましょう。

骨離れが良くなります。


骨付きカルビ

あー、肉を食った、食った。おっさんたちなのでちょうどこれで良い量。

いつ食べても美味しいですね、こちらの焼肉屋さん。

肉の質を考えたら、値段もリーズナブルだし。


さて、おっさんたちは次に向かいますか。


(つづく)


2014年09月12日 19時09分11秒

夜はゼロ次会から始まるのだ

テーマ:食べある記

最近、壁ドンというのが流行っているようです。(欽ドンなら知っている)

なんでも、壁を背にした女性に向かい合って、女性を追い詰めるように

女性の頭の横くらいで、ドンと平手で壁を突くそうです。

これで女性はキュンとなるそうです。(←コレ、なんか嘘っぽいですね)


しかもこのやり方って、昔はコワイ筋の方々が(男が相手の時も含めて)

人を脅す時に使ったやり方ではないの?


しかしながら、何でも試したくなる私なので、今回も試してみましょうか。


でも、余り親しくない女性にすると冗談では済まなくなり、本気で官憲に

通報されてしまうリスクが大であります。

銀河の刑務所日記」というブログも気乗りしませんので、ターゲットは

私の愛する家族にしましょう。


ということで、娘Bに壁ドンしてみました。(あくまで実験と検証です)

何故、連れ合いにしなかったかというと、多分「はぁ?」とか言われて、

スルーされるのが目に見えているからです。夫婦なのでそれくらいは

わかります。でも、それでは、壁ドンの効果の程はわかりません。


果たして、娘Bは壁ドンで、胸キュンしたのか?

感想を聞いたら、「迫りくる父親の狂気を感じた」との事です。

結論から言うと、壁ドン効果なし。まぁ、良い大人がすることではない

ということですね。



以上は、どうでも良いことでしたが、先日飲み会を行いました。

一次会に行く前にゼロ次会で飲もうと、こちらに行きました。


松竹本店
酒蔵松竹本店です。飲兵衛親父のメッカ、昼飲みの聖地です。

料理の種類が多いので、色々食べたい時にも重宝します。


三人でテーブルを囲む。そして、生ビールをいただきます。


生ビール
仕事が終わった後の一杯は、何物にも代えがたいですね。

お腹の底に染み渡ります。


一次会での食事を考えて、アテは超軽めでいきましょう。


アテ
そこで、こんなの。大豆系に偏り過ぎていますw


でも結局、話し込んで生ビール3杯ずつは飲みましたね。

ビールは飲みすぎると、腹が膨れて食事が入らなくなるんですよね。


早い時間だったので、客が少なくて、おばちゃんの接客もきめ細やかで、

良かったです。今度は、ゆっくり日本酒でも飲んでみようかな。


さて、本番は今からです。会場へは歩いて行きましょうか。


(つづく)


2014年08月29日 18時28分09秒

過ぎ行く夏を偲んで

テーマ:食べある記

先日、来雷軒の特製ラーメンを初めて食べました。


特製ラーメン
なんか、全部乗せって感じの豪華な一杯。いろんな具が楽しめます。

美味しかったけど、デフォルトのシンプルなラーメンも好みですね。

若い人は、ボリュームがあるこちらの方が好みかもと思います。


大概で「ヨカおっちゃん」になってきたので、シンプル、あっさり系が好み。

最近は、濃厚で重厚長大な食べ物は、お腹が消化不良を起こします。


ということで、とある夜、暗い中を来雷軒に集合しました。


来雷軒入り口
たまに、時間を見つけて、来雷軒の半田さんかつおさん波平さん )と

一緒に飲んだりしています。


今年の夏は、雨ばかりで鬱陶しい夏でしたね。

でも、夏も終わりに近づいているかと思うと、寂しい気持ちもします。

子どもの頃、8月下旬に夕焼けを見ながら、「あーあ、もうすぐ夏休みも

終わるんだ」と、たそがれていた感覚を想い出すのでしょうか。


プレモル
今回は、サントリープレミアムモルツの小瓶で乾杯です。

最近亡くなられたスドウバーのマスターが、カウンターの中でよく飲んで

いたビール。近くの店では、見つけきれなかったのでライフイズワンス

マスターに頼んで、確保してもらいました。


スドウバーは、今店を閉めているらしいので、今後どうなるか心配です。


アテは乾き物など持ち寄って。半田さん提供のこの湯豆腐は絶品。


湯豆腐
酒のアテは、豆腐で十分です。湯豆腐に辛子を塗って、ネギをかけて、

あと醤油を垂らして、いただきますが、美味しいです。

この暑い季節に湯豆腐?と思われるかもしれませんが、お試しを。


他愛も無い話などをしながら、夜は更けていきます。


焼酎水割り
焼酎(白波)の水割りです。


時間を停めることなどは到底できる話ではないので、ここで飲んでいる

おっちゃん軍団は、老いに向かって日々突き進んでいるのでしょう。

人の人生は、青春から朱夏、白秋を経て玄冬に至るそうですが、私たち

の夏も、もう過ぎようとしてるのかな。


と知り合いの60過ぎのおじちゃんに言ったら、鼻で笑われて、「50台とか

まだまだヒヨッコばい」と言われましたw

そんなものかなぁ?



2014年08月19日 22時29分44秒

お盆が過ぎたら、夏ももうすぐ終わるね

テーマ:食べある記

お盆休みも終わって、今は亡き飲み友達・先輩らも天に帰ったところで、

久しぶりのブログ更新です。

といっても前回の続き、連れ合いと二人でいつものバーへ向かう。

娘Bは翌日用事があるとかで、一人帰宅する。う~ん、まぁ、良いか。


ライフイズワンス
居酒屋まんまるからは、ほんの2~3分で到着します。

こちらのマスターのブログはほぼ毎日更新ですが、なかなか笑えますw

ショット・バー ライフ・イズ・ワンス です。


入り口には、こんな看板も。


黒板
営業は、20:00から翌3:00までです。結構遅くまで開いていますね。


店内に入り、まずは生ビールでもいただきますか。


生ビール
サントリー プレミアムモルツ生です。暑い時季はやっぱりこれですね。

居酒屋まんまるからこの店まで移動距離はわずかですが、この一杯で、

汗ばんだ体から汗が、スッと引きました。スタンバイOKですw


ということで、次はウィスキーを飲みましょう。


余市
余市をロックで。いつの日か、余市の蒸留所も訪れてみたいです。

サントリーよりスモーキーに感じるけど、それで良いのかな。


そして、スコッチ・ウィスキーにチェンジです。


アードベッグ
アードベッグをハイボールでいただきます。

海の香りというか、保健室の香りが、小中学時代を思い出して良いです。

スコッチ・アイラの蒸留所にも死ぬ前に一度行ってみたいですね。


ジン
ウィスキーを2杯飲んだ後、これはなんでしょう?

ゴードンが目の前にあるので、ジンの炭酸系カクテルでしょうが何やろ?


レモンが浮かんでいるところがよく分からんです。ジン・バックかな?

憶えていないので、次に行きましょう。


ホーセズネック1
これは、ホーセズネック(馬の首)というカクテル。

グラスの中に、レモンの皮をむいたのが入っています。


ホーセズネック2
馬の首というより、蛇に見えますけどねぇw


最後は、ちょっとカッコつけて閉めましょう。

「ウォッカマティーニを。ステアではなくて、シェイクで」ボンド・マティーニ。


ボンドマティーニ
007シリーズの主人公ジェームズ・ボンドが大好きなカクテルです。

マティーニは一般的にはジンベースですが、それをウォッカベースでと、

なおかつ、一般的にはステアで作りますがシェイクでとのカクテル。


でも、私は、マティーニはジンで作るのが一番美味しいと思いますし、

ステアで最大限氷を溶かさないように作るのが、良いのではないかと

思います。お酒を飲まれる皆さん方は、どう思われますか?

まぁ、お酒は嗜好品なので、個人の好き好きで良いのでしょうがw




2014年08月10日 20時54分34秒

今の時代、安心して食べられる物ってあるのかなぁ?

テーマ:食べある記

少し前に中国の食肉加工場で期限切れの肉や床に落ちた肉を使ったり

という問題がありました。テレビで見たVTRは、なかなかショックでした。

日本では、マクドナルドとファミリー・マートが当該食肉加工場を有する

会社と取引があったということで、対応に追われていました。


食糧自給率が40%を割り込んでいる今の日本では、お米以外の食材は

かなりの割合、海外からの輸入に頼っているのが現状でしょう。(お米は

減反=生産制限するほど生産しているので、国産米は容易に手に入る

でしょうね)問題は、海外でどのようにして、私たちが食している食材が

生産されているかを、消費者の私たちがなかなか見ることができないと

いうことでしょう。


家での食事の場合は、野菜や肉などを購入する際に、生産地の確認は

ある程度できますが、加工食品などは最終加工地位しかわかりません。

ましてや外食では、よほどの高級店やこだわりの店以外は、何処の食材

を使っているかというのは、判らないというのが実態です。(八女にある

桐乃家うどんなど、食材の原産地を明記してある店もあります)



というところで、今回は居酒屋まんまるに行ってきました。

私と連れ合いと娘Bの3人です。


まんまる
外観は普通のチェーン居酒屋風なのですが、なかなかのこだわりの店。

座敷に上がって、飲み物を注文します。


酒メニュー
久留米ハイボール=日本酒ハイボールを注文しましょう。

まずは、美田ハイボールを。(美田は大刀洗町の三井の寿製品なので、

久留米ではないですが、まぁ、良しとしましょうね)


美田ハイボール
なぜか、ジョニー・ウォーカーのグラスできました。

日本酒のハイボールなので、アルコール度数はビールと同じくらいかな。


テーブルの上には、この店のオーナー、白仁田さんの活動紹介が。


自家農園
自家製農園でお店に出す野菜(元気野菜)を手作りしています。

相変わらず、頑張っていますね。

私は、白仁田さんを知っているので、白仁田さんが作った野菜は、安心

していただくことができます。また、連れ合いの実家からいただいた野菜

も安心していただくことができます。

知っている人が作った食材は、安心できますね。


料理を注文しました。汲み上げ豆腐です。


豆腐
最近は、豆腐だけで生きていけるのでは思うくらい豆腐食べているので、

美味しかったです。淡白さと大豆の風味が良い感じです。


パリパリサラダ
パリパリサラダ。パリパリした食感で美味しいです。


唐揚げ
若鶏の唐揚げ。まぁ、普通な唐揚げでした。


餃子
この店の看板メニューである鉄鍋餃子です。

正直、餃子としては餃子専門店の方が好きですが、ヘルシーな餃子に

仕上がっています。


山芋鉄板
山芋鉄板焼き。これも居酒屋に良くあるメニューですね。

ほこほこで美味しかったですよ。


庭の鶯ハイボール
そして、2杯目の庭の鶯ハイボール。

日本酒は、ストレートで飲むことを前提に、割水してアルコール度数の

調整をしているので、ハイボールにすると味がぼやける感じがします。


ともあれ、この店はこだわりの居酒屋で料理の値段も結構お安いです。

(お酒の値段は、普通かな)

食の安全なんかに関心をもたれた方は、覗いてみても良いかも。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。