片付けがはかどる方法 外伝

片付けがはかどる方法 外伝

片付けに頑張っている貴方、ちょっとくじけたときにご覧下さい。
気分転換になる記事を多数ご用意しております♪

片付けがはかどる方法の管理人です
片付け、はかどっています??

片付けを気張り過ぎると、少しばかり心に毒なので
当サイトでは、隊員のエピソード、こぼれ話
決して他人に伝えたくない恥部、

さらに片付けとは、
直接関連しないかもしれませんが
当隊が、皆様とシェアしたい情報などを公開です。

続きです。

1960年には東京の旧鉄道省庁舎で、
双方から言分を聞く聴聞会が開催。

五島の喜寿を記念して出版された
『事業をいかす人』には、
私はすこしも堤君と争うなどの気はない、と。

一方の堤は、闘争心を隠そうとしなかったようで。

聴聞会で熱弁をふるっただけでは足りず、
1962年の『苦闘三十年』にこう記します。

13年間もかかって苦心して私が建設した道路が、
ぼつぼつ黒字になってきたと思ったら、

バスの乗入れで、権利を半分とられてしまう
無理無体・・・これではまるで強盗だ。
かつてセゾングループを率いた次男清二が、

作家辻井喬として発表した伝記小説
『父の肖像』にも、主人公楠次郎が
東急への対抗意識をむき出しにする場面が。

世間では東急を近代的だとか
大企業らしいなどと言っているが、

どの企業も五島家のものではない。
そこへいくとわしの事業は全部楠家のものだ。


五島が鉄道を起点に事業を展開し、
古巣の鉄道省出身者などを登用したのに対し、

堤は、土地開発と不可分な道路建設では、
社員をドイツに派遣して調査させたと。

箱根土地や駿豆鉄道には
地元の人間を採用し、雇用の確保も重視。

まとまった土地にこだわったのは、
自分の理想を実現するためでもあったと。

五島が77歳で死去した二年後、
堤がつくった道路を神奈川県が買収し、
県道として開放。

これにより、箱根山戦争は終結しました。


☆例によって余計な解説

東海道の難所として知れわたる箱根。

明治の文明開化で馬車や人力車が普及すると、
湯本など温泉場の人々によって、現在の
国道1号や138号の原型となる道が整備されます。

堤康次郎は、まず熱海峠と箱根峠を結ぶ
自動車専用道路を開通させ、

1935(昭和十)年に元箱根~湖尻間
(現在の神奈川県道75号)、

続いて湖尻~早雲山~小涌谷間
(県道735、734号)を開通。

いずれも、運輸の利便を図った者には
料金の徴収を認める、という明治の
太政官布告にもとづく有料道路。

一方の小田急グループの箱根登山鉄道は
母体の富士屋自働車、
小田原電気鉄道の時代から、

湯本まで来た客を、登山鉄道で強羅へ、
ケーブルカーで早雲山まで運んでいました。

そこから先は、堤がつくった専用道路を
通るしか芦ノ湖や関所跡、
元箱根を周遊することはできなかったんですね。

堤側が遮断機を設けたのは、現在の
国道1号と県道734号が交わる小涌園辺り。

小田急側は、空中に打開を求め、
1960年に早雲山と湖尻桃源台を結ぶ
ロープウェーを全線開通させたんです。

ま~箱根山戦争熾烈だったんですね。

我々片付け隊は、常に貴方の
隣に寄り添い、片付けの方策を
伝え続けていきます。

これまでも、これからも。

★★・‥…―━━━━―…‥・★★

レポートを用意しています。
それぞれのスタイルで確認下さいね

Kindle版レポート
PDF版レポート

片付けの問題は必ず解決出来ます。が、
ご自分から動かないと、変化は起きないよ~。

早急に動かないとならん場合もあるかも。

このサイトからのお問合わせは出来ません。
お問合わせは下記サイト訪問の上、
お願い致します。

それぞれのジャンルでサイトは有りますので
気がかりな項目は、ぜひお立寄りを。


http://片付けがはかどる方法.daynight.jp/
↑メインサイト、片付け全般を解説しています。

http://katadsuketai.blog.jp/
↑片付けと、免災・減災について解説しています。

http://ginchan100.blog.fc2.com/
↑片付けと、リサイクル・エコ、そして
少しばかりの免災・減災について解説しています。

発行元:貴方の周りを片付け隊

★★・‥…―━━━━―…‥・★★

片付けがはかどる方法の管理人です
片付け、はかどっています??

片付けを気張り過ぎると、少しばかり心に毒なので
当サイトでは、隊員のエピソード、こぼれ話
決して他人に伝えたくない恥部、

さらに片付けとは、
直接関連しないかもしれませんが
当隊が、皆様とシェアしたい情報などを公開です。

続きです。

1961年から連載された
獅子文六の小説”箱根山”に取り上げられ、
翌年には川島雄三監督によって映画化も。


箱根町立郷土資料館のS館長は、
映画箱根山を見たことがあると。

急カーブを両社のバスがぶつからんばかりに
なって走り、女性客が悲鳴を上げる
冒頭のシーンを覚えています

関所跡近くに生まれ、地元で長年、
土建業を営んできたKさんによれば、
そんな派手な場面はありえなかったそう。

道は今より狭く、追い越しなどできなかったと。

現実にあったライバル社を牽制(けんせい)する
行為は、地味だが効果的だったようです。

停車するとき、バスは道の真ん中にとまった。
あとから来る相手のバスを
通せんぼするためです・・

箱根山戦争が勃発したのは、
戦後間もない1950年に始まります。

東急から分離独立して間もない小田急は、自社の
傘下に箱根登山を入れ、この年、創業以来の
懸案だった箱根への乗り入れを実現。

一方、堤の駿豆は、箱根―小田原間で
路線バスの運行を開始。

国道一号を走るこの路線には、
戦中に箱根登山に吸収されたバス会社が
大正時代から営業運転をしていたため、

当然のことながら、小田急側は面白くない。
客の奪い合いが激化したんです。

争いは、陸にとどまらず、芦ノ湖にも飛び火。

小田急側も遊覧船事業に乗出し、堤が
手中にしていた湖上交通の独占の夢を打破。

堤側は、ついには、自らつくった小涌谷から
早雲山をへて湖尻へと延びる自動車専用道路
への箱根登山のバス乗入を拒否。

訴訟合戦になったかと思えば、1956年、
堤側は突如、往来に遮断機を設けて
通行を阻止するという実力行使に出たのです。

裁判で争われたバスの乗入阻止は、
堤側に軍配が上がったものの、
紛争は収まらず、時の運輸相が調停に。

国が調停ですよ~続きます。

我々片付け隊は、常に貴方の
隣に寄り添い、片付けの方策を
伝え続けていきます。

これまでも、これからも。

★★・‥…―━━━━―…‥・★★

レポートを用意しています。
それぞれのスタイルで確認下さいね

Kindle版レポート
PDF版レポート

片付けの問題は必ず解決出来ます。が、
ご自分から動かないと、変化は起きないよ~。

早急に動かないとならん場合もあるかも。

このサイトからのお問合わせは出来ません。
お問合わせは下記サイト訪問の上、
お願い致します。

それぞれのジャンルでサイトは有りますので
気がかりな項目は、ぜひお立寄りを。


http://片付けがはかどる方法.daynight.jp/
↑メインサイト、片付け全般を解説しています。

http://katadsuketai.blog.jp/
↑片付けと、免災・減災について解説しています。

http://ginchan100.blog.fc2.com/
↑片付けと、リサイクル・エコ、そして
少しばかりの免災・減災について解説しています。

発行元:貴方の周りを片付け隊

★★・‥…―━━━━―…‥・★★

片付けがはかどる方法の管理人です
片付け、はかどっています??

片付けを気張り過ぎると、少しばかり心に毒なので
当サイトでは、隊員のエピソード、こぼれ話
決して他人に伝えたくない恥部、

さらに片付けとは、
直接関連しないかもしれませんが
当隊が、皆様とシェアしたい情報などを公開です。

続きです。

箱根に目をつけたのは、
堤の方がはるかに早かったんです。

自著『人を生かす事業』(1957年)などによると、
長野・軽井沢の土地開発に着手していた堤は、
冬の日、わらじばきで箱根を歩きます。

昔ながらの湯治場がそこここに
散在するだけで、
湯治場にいくにも道らしい道もなかった、と。

ここでいう箱根は、明治から多くの外国人が
湯治に訪れた宮ノ下でも、

箱根登山の前身が上流階級向けに
別荘地開発を行っていた強羅でもないです。

青々とした芦ノ湖の向こうにそびえる
白い富士の頂に、堤は圧倒されます。
天下の景勝である、と。

しかも、周辺には手つかずの土地が
広がっています。

頭の中を天の啓示のようによぎったはず。
大きなビジネスになる、と。

堤は、遊覧船会社と同じ年に、2,000万円という
当時としてはべらぼうな額の資本金で、

箱根土地(のちの西武グループの中核で
2006年に解散したコクドの前身)を設立。

強羅から仙石原、関所跡、元箱根、
湯ノ花沢と、堤は土地を買い進めます。

鉄道敷設の出願や道路建設といった
交通インフラの整備は、経営権を掌握していた
駿豆鉄道(現伊豆箱根鉄道)などと進行。

この駿豆株争奪のさなか、
堤は拳銃で脅されてもひるまず、

逆に敵を信服させたという逸話から、
”ピストル堤”と呼ばれたんです。

”強盗”と”ピストル”。

そんな物騒なあだ名で呼ばれてしまった
二人の争いを、世間は面白がったんです。

あだ名とはいえ、鉄道経営者ですぜ。
困ったもんだ、続きます。

我々片付け隊は、常に貴方の
隣に寄り添い、片付けの方策を
伝え続けていきます。

これまでも、これからも。

★★・‥…―━━━━―…‥・★★

レポートを用意しています。
それぞれのスタイルで確認下さいね

Kindle版レポート
PDF版レポート

片付けの問題は必ず解決出来ます。が、
ご自分から動かないと、変化は起きないよ~。

早急に動かないとならん場合もあるかも。

このサイトからのお問合わせは出来ません。
お問合わせは下記サイト訪問の上、
お願い致します。

それぞれのジャンルでサイトは有りますので
気がかりな項目は、ぜひお立寄りを。


http://片付けがはかどる方法.daynight.jp/
↑メインサイト、片付け全般を解説しています。

http://katadsuketai.blog.jp/
↑片付けと、免災・減災について解説しています。

http://ginchan100.blog.fc2.com/
↑片付けと、リサイクル・エコ、そして
少しばかりの免災・減災について解説しています。

発行元:貴方の周りを片付け隊

★★・‥…―━━━━―…‥・★★

片付けがはかどる方法の管理人です
片付け、はかどっています??

片付けを気張り過ぎると、少しばかり心に毒なので
当サイトでは、隊員のエピソード、こぼれ話
決して他人に伝えたくない恥部、

さらに片付けとは、
直接関連しないかもしれませんが
当隊が、皆様とシェアしたい情報などを公開です。

箱根駅伝5区の山登りで知られる
神奈川県は箱根町の急坂。

標高400m超の宮ノ下のバス停から、
学生だろうか、若者のグループが、

周遊券のようなものを見せながら
バスに乗込んできました。

ところが、運転手は
会社が違うので使えません、と。

箱根山戦争です。

戦争とは穏やかではありませんが、
堤康次郎(1889~1964)と
五島慶太(1882~1959)という、

カリスマ経営者をいただいた
二つの企業グループ間の競争です。

伊豆箱根バス、親会社の母体は、
芦ノ湖に遊ぶ客を奪い合っていた
渡し船の組合を統合して、

堤が1920(大正九)年に設立した
遊覧船の会社なんですね。

片や、バスやケーブルカー、
ロープウェーも乗り放題、のフリーパスを
発行するのは、小田急電鉄。

戦時統制下の1942(昭和十七)年、
五島率いる東急電鉄の前身と合併。

ケーブルカーなどを運行していた
箱根登山鉄道も同じ年に
傘下に組込まれています。

手段を選ばぬ敵対的な合併や買収で
”強盗慶太”の異名をとった五島は、

一時は今の京浜急行電鉄、京王電鉄なども
支配し、首都圏西南部を網羅する
大東急を築いたのでした。

さて、どうなるやら、続きます。

我々片付け隊は、常に貴方の
隣に寄り添い、片付けの方策を
伝え続けていきます。

これまでも、これからも。

★★・‥…―━━━━―…‥・★★

レポートを用意しています。
それぞれのスタイルで確認下さいね

Kindle版レポート
PDF版レポート

片付けの問題は必ず解決出来ます。が、
ご自分から動かないと、変化は起きないよ~。

早急に動かないとならん場合もあるかも。

このサイトからのお問合わせは出来ません。
お問合わせは下記サイト訪問の上、
お願い致します。

それぞれのジャンルでサイトは有りますので
気がかりな項目は、ぜひお立寄りを。


http://片付けがはかどる方法.daynight.jp/
↑メインサイト、片付け全般を解説しています。

http://katadsuketai.blog.jp/
↑片付けと、免災・減災について解説しています。

http://ginchan100.blog.fc2.com/
↑片付けと、リサイクル・エコ、そして
少しばかりの免災・減災について解説しています。

発行元:貴方の周りを片付け隊

★★・‥…―━━━━―…‥・★★

片付けがはかどる方法の管理人です
片付け、はかどっています??

片付けを気張り過ぎると、少しばかり心に毒なので
当サイトでは、隊員のエピソード、こぼれ話
決して他人に伝えたくない恥部、

さらに片付けとは、
直接関連しないかもしれませんが
当隊が、皆様とシェアしたい情報などを公開です。

明けましておめでとうございます。
本年も様々な”片付け外伝”を伝えたいです。


1950年代から東海道・山陽本線で活躍していた
寝台特急”あさかぜ”は、

1958年には青色の20系と呼ばれる
新型車両に置換えられました。

ブルートレインの先駆けなんですね~。
当初は座席車も組込まれていましたが、

1964年に食堂車を除く全車両を
寝台車とした時から”ナハネフ22形式”が
連結されるようになりました。

車掌室がついた二等寝台車は
最後部に展望室もありました。

このナハネフ22形式の一号車は
鉄道博物館に展示されています。
(埼玉県は、さいたま市)

で、鉄道博物館が出来る前までは
JR大船工場(神奈川県)に
保存されていたんですよ。

とある日、廃車解体職場の責任者が
ナハネフ22を解体したい、と宣言。
上を下への大騒ぎ。

客車の歴史上、貴重であるうえ、
1986年に廃車後、大船工場の人たちが
色を塗り直したり手入れをしたりして、

ほぼ現役時代のままの状態で
大切に保存されていたからなのです。

この宣言は、各方面から
集中砲火を浴びたようです。
今風で言う、大炎上・・

解体宣言した輩に対しては
バカヤローと言いたい。追記でドアホゥ~。
何か手柄を作りたかったのか??


当時、鉄道博物館の建設計画はなく、
保存の将来展望もありませんでした。

しかしここで解体してしまえば、
客車の検査・修繕も担ってきた
大船工場の”記念碑”も失われてしまいます。

ブルートレインの先駆けの車両は
何としても残すべきだ、と思いませんか??。
既にブルートレイン、運行してませんので。

続いて、鉄道博物館建設プロジェクト内で、
ナハネフ22の展示計画が企画されました。

ナハネフ22が歴史の証人として
末永く展示されることを望みますね。
列車に揺られながら寝られたんですからね。

我々片付け隊は、常に貴方の
隣に寄り添い、片付けの方策を
伝え続けていきます。

これまでも、これからも。

★★・‥…―━━━━―…‥・★★

レポートを用意しています。
それぞれのスタイルで確認下さいね

Kindle版レポート
PDF版レポート

片付けの問題は必ず解決出来ます。が、
ご自分から動かないと、変化は起きないよ~。

早急に動かないとならん場合もあるかも。

このサイトからのお問合わせは出来ません。
お問合わせは下記サイト訪問の上、
お願い致します。

それぞれのジャンルでサイトは有りますので
気がかりな項目は、ぜひお立寄りを。


http://片付けがはかどる方法.daynight.jp/
↑メインサイト、片付け全般を解説しています。

http://katadsuketai.blog.jp/
↑片付けと、免災・減災について解説しています。

http://ginchan100.blog.fc2.com/
↑片付けと、リサイクル・エコ、そして
少しばかりの免災・減災について解説しています。

発行元:貴方の周りを片付け隊

★★・‥…―━━━━―…‥・★★