バーチャルなリアルは現実的真実か?! | ぎべおんマンのリフレーミング

ぎべおんマンのリフレーミング

ぎべおんマンのリフレーミングでは、ぎべが体験した実感した出来事や大したオモロない出来事を、リフレーミングしたらこんなにオモロいことにも解釈できるっていう、実証ブログ。読んだらなにかが変わっていることを約束しましょう。


テーマ:

 

 

FacebookやSNS、ネットで
偽らない自分を表現すること
について考えてみた。

Facebookは確かに、
他のSNSに比べると、
リアルと密接に関係していて、
使いづらい部分もあります。

が、

ぎべおんが
ビシバシと感じている
ネットの素晴らしいところは、

『自分が関わりたい人とだけ、関係を築ける』

ってところ
ここに尽きると思っています。

リアルの人間関係は、
ネットの中に持ち込む必要はないです。
あって悪くはないですが
できるだけ最小限にしておくのがベター。

なぜか、といえば、

ネットで出会う人と、
リアルで出会う人では、
まったく感覚が違います。

多くの人が、リアルの生活の中では
何かしらの仮面をつけて生きています。

父親の仮面
母親の仮面
家族の中での仮面
上司の仮面
部下の仮面
社長の仮面
男の仮面
女の仮面
同級生の仮面

何かしらの仮面をつけて生きていますね。
しかも一日のうちの半分以上。

 

匿名ではない『実名』というのは実は、
その人の本当の姿を表しているワケでは
なかったりします。

オンラインでは、
リアルの生活の中での『仮面の自分』ではなく、

本当の自分、
つまり、
人目を気にせず
『なんの仮面もない本当の自分』
『言いたいことを言える自分』を
素直に表現することが
今のこの時代が求める
理想になっているのでしょう。

リアルがホンモノ、
ネット上は偽り

ではなく、

『ネットがホンモノ』

という考え方
それがワタシ、ぎべおんです。

そうすることで得られるメリット
として挙げられるのがこちらの2つ

1.
ネット上に、
『本当の自分』だけを表現すれば、
そこで接点を持ってつながる人たちは、
『本当の自分』にとって必要な人だけ、
になる。

2.
ネットを利用すれば、
関わりたい人だけを、
自由に引き寄せることができる。

リアルの生活の中で
がんじがらめで窮屈なあなたこそ、
ネットの世界では、
そんな自分を解き放ち、新しい自分、
というか、今まで隠してきた
『本当の自分』ですな
を表現してみてください。

今までの人間関係の方が、
『ウソ』なんですw

だってだって

リアルの生活で仮面をかぶっている

『本当の自分』を表現できてない

そんな自分に集まってる人々は、
『本当のあなた』が引き寄せた人たちではない。

 

と、うまく方程式に収まる。

 

とはいえ

まだまだ世間では、
ネットの世界は『虚』
と見る向きがあるのも事実。

それを『老害』といいますね。
時代の速さに負けた人の言い訳。
ともいいます。

そのような思考はもう2000年初頭で
淘汰されてるんですね。

 

 

2018年。人は進化しています。
ネット上での成功、
ネット上でのアイデンティティの確立は
そのまま現実に直結するご時世なんです。

わかりやすく説明すると

オンラインで
自分にとって最高だと思える
世界を創りあげてそれを現実化すれば、

現実に地位と名声が得られちゃう
ということ。

現実でぐるぐるしてた
過去のパターンなんて、
自分が
『ウソ』
だと思ったら
『ウソ』
になる世界ということなんですよ。

だから諸々気にしなくてイイと思うんですよ うん。

心つながる仲間が出来れば、
過去のイタイツラい経験も、
美味しい酒のアテになったり、
相手に勇気を与える『価値』に
変わるものなんです。

そういう可能性に目を向けてみると
あなたの未来は
まだまだ希望があるし
あなたとはすごく仲良くなれる
気がしてる、今日のぎべおんマンです。

 

ブロトピ:更新報告ですよダンナ!(もしくはお嬢さんw)   ブロトピ:今日のブログ更新   ブロトピ:更新しました!   ブロトピ:今日のブログ更新   ブロトピ:ブログ更新通知   ブロトピ:Twitterで拡散し合う部  

ぎべおんマンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス