真夏のスプリント決戦は盛岡ダート1200mが舞台。JpnⅢ「第23回クラスターカップ」の枠順が確定しました!

 

ダート1200m5勝。8ヵ月ぶりの実戦は地力で克服ディオスコリダーは6枠10番

京阪杯2連覇を含め芝8勝。JBCスプリントでもタイム差なし4着ネロは6枠9番

昨年はレコード決着のクビ差2着。4度目の挑戦で悲願達成を狙うラブバレットは4枠5番

川崎・スパーキングLC2着。52キロの軽ハンデを生かすオウケンビリーヴは3枠4番!!

 

8月15日(水)、お盆恒例行事となった真夏のスプリント決戦

「第23回クラスターカップ」(JpnⅢ 盛岡ダート1200m)のみどころをお届けします。

 

 

ディオスコリダーは2歳新馬(阪神ダート1200m)、4戦目に2勝目をマーク後、ドバイへ遠征。ダート1200m戦を2度使って帰国しました。以降も着実に成長を続け、オープン入り。昇級初戦に重賞・カペラステークスを選び、豪快なマクリで完勝。 ダート短距離界に新星登場をアピールしましたが、その矢先に骨折が判明。8ヵ月の休養を余儀なくされ、今回のクラスターカップで復帰します。久々の実戦が最大ネックとなりますが、最大目標のJBCスプリント(京都)を目指すためにも負けられない一戦。次々と大物を出すカネヒキリ産駒のスプリンターがどんなレースを披露するか注目です。

ネロは芝1000m~1200mで通算8勝。京阪杯2連覇を含め、グレードレースの常連で鳴らしました。一方、ダートでも昨年のJpnⅠ・JBCスプリント(大井)でタイム差なし4着、今年4月のJpnⅢ・東京スプリント3着を確保し、まったく問題ないことを証明しました。前走・さきたま杯の8着大敗が若干気になりますが、外からノブワイルドに被せられて戦意喪失した印象。自分の競馬ができれば反撃に転じて当然でしょう。

オウケンビリーヴは芝で2勝後、4歳3月からダートへ路線変更。着実に白星を重ねて今年4月に準オープンを卒業しました。前走は川崎の牝馬JpnⅢ・スパーキングレディーカップへ挑戦。リエノテソーロの逃げ切りに屈しましたが、直線で一完歩ごとに差を詰めて半馬身差2着まで肉薄。地方ダートもこなせたのが収穫でした。ほかの有力馬が55キロ、54キロを背負うのに対してオウケンビリーヴは牝馬のアドバンテージで52キロで出走できるのが強み。軽ハンデを生かして牡馬を一蹴するか。

コパノマイケルは盛岡ダートと相性抜群のゴールドアリュール産駒。5勝マークから黒船賞へ駒を進めましたが、小回り高知にとまどって1コーナーで外にふくれる不利。初重賞挑戦は10着に終わり、続いて北海道スプリントカップへ。逃げたサトノプリンシパルの2番手をキープしましたが、前半3ハロン34秒0の超ハイペースがたたって直線一杯6着。時計のかかる門別の馬場も合わなかったかもしれません。過去、左回りダート1200mは2戦2勝。速い時計決着の盛岡向きの可能性があり、反撃必至。

ブライトラインは3歳芝・ファルコンステークスを優勝(GⅢ)。またダート移行後もみやこステークス(GⅢ)1着のほか、ジャパンカップ・ダート(当時)4着、フェブラリーステークス5着など華麗な足跡。  昨年も東京スプリント2着、プロキオンステークス3着と健在を誇示しましたが、プロキオンS後に戦線離脱。1年の休養を経て復帰戦10着でしたが、ひと叩きされて上昇確実。豊富な経験を前面に貫禄を見せたいところです。

迎え撃つ岩手勢の大将格はもちろんラブバレット。今年で4度目のクラスターC挑戦で過去2着1回3着2回。特に昨年は地方馬がワン・ツーフィニッシュ。直線半ばで先頭に立ちましたが、ゴール寸前でブルドッグボスに交わされてクビ差2着。ラブバレット自身もレコードで駆け抜けましたが、惜しくもグレード制覇なりませんでした。今年も北海道スプリントカップで2着惜敗し、JRA相手にも互角の勝負を演じる実力馬。岩手悲願のグレードタイトル獲得を狙います。

「第23回クラスターカップ」の発走は15日、16時30分。全国のスピード自慢が盛岡へ集結し、レコード更新なるかも興味の的。見どころ満載のスプリント決戦をご堪能ください

 

 

OROカップ・トライアル「第41回桂樹杯」の枠順が確定しました!

  転入戦の盛岡芝1700mを圧勝。せきれい賞の雪辱に燃えるエイシンエルヴィンは5枠5番

昨年の最優秀ターフホースが満を持して登場。桂樹杯2連覇を狙うコウセンは8枠10番

中央芝1200m~1400m3勝。初の盛岡芝は望むところオースミチャドは3枠3番

中央芝5勝・オープンへ在籍。中山・金杯4着の格上馬シャドウパーティーは1枠1番!!

 

8月15日(水)、クラスターカップ後の11Rに行われる準重賞

「第41回桂樹杯」の枠順が確定しました。このレースの1着馬から

3着馬に地方競馬全国交流・OROカップ(9月23日盛岡芝1700m)の

優先出走権が与えられます。

エイシンエルヴィンは中央芝3勝、フランス芝1600m1勝から南関東を経て転入。初戦の盛岡芝1700m戦で衝撃のデビュー。後にかきつばた賞、せきれい賞(いずれも盛岡芝2400m)を2連覇したサンエイゴールドに4馬身差で圧勝しました。続くかきつばた賞7着、せきれい賞3着に終わりましたが、距離2400mが長かったのが敗因。フランスの勝利を含めて芝1600m~2000mがベスト条件と見ていいでしょう。今回は折り合いを気にしなくていい盛岡芝1600mでエンジン全開。桂樹杯で弾みをつけてOROカップへ向かいたいところです。

コウセンは昨年8月、中央芝2勝から岩手入り。初戦に桂樹杯を選び、4馬身差で逃げ切り圧勝。周囲をアッと言わせました。その後もハーベストカップ、交流・OROターフスプリントも制し、最優秀ターフホースにも選ばれました。今季は6月の早池峰スーパースプリントから始動。1000m適性を買われて2番人気に支持されましたが、2番手キープから直線一杯8着。久々の実戦がこたえたようです。今回も2ヵ月半ぶりですが、芝が舞台ならあっさりクリアーか。自慢のスピードを前面に、桂樹杯2連覇を狙います。

オースミチャドは転入2戦目のダート1000m戦を完勝。移籍前はダート対応が課題でしたが、難なく克服しました。その後はひと息のレースが続いていますが、今度は中央時代に3勝マークの芝が舞台。白星は1400mまででしたが、小回り盛岡芝ならマイルも守備範囲。シャープな切れが脅威の的です。

シャドウパーティーは中央芝5勝。2017年の中山・金杯4着が光ります。南関東転籍後は精彩を欠き、水沢2戦とも6着に終わりましたが、元々が盛岡芝をにらんでのトレード。格を前面に後輩たちを一蹴するか。

ロキは中央未勝利ながら芝で2着2回3着1回の成績から南関東B3を経て転入。いまだ未勝利ながらダート戦2着1回3着3回。芝でも前走・せきれい賞で向う正面スパートから4着確保。一度は先頭に立って見せ場を作りました。展開次第で上位入線の可能性も十分ありそうです。

ほかにも転入初戦の芝1700mで3着メナスコ、かきつばた賞2着リュイールスターなども侮れない存在。

OROカップへの道「第41回桂樹杯」の発走は15日、17時10分。熱闘連続の盛岡芝を舞台に、精鋭11騎が激突します。

今シーズン第一弾の2歳重賞「第19回若鮎賞」は伏兵マリーグレイスが快勝!

8番人気の低評価を覆し、鮮やかな逃げ切り勝ちで2歳交流・ジュニアグランプリの切符を獲得!!マリーグレイス号の関係者の皆様、おめでとうございました!

■ 勝利騎手コメント 坂口 裕一 騎手

「指示が前目で競馬をしてほしいでしたし、新馬戦で他の馬から逃げるような感じもありましたからね。ハナに立つのがベストかなと思っていたら、スタートが良かったので逃げの手に出ました。サンエイフラワーが3コーナーからプレッシャーをかけに来ましたが、自分のも手応えが良かったので一度交わされながら、また差し返しました。パドックで入れ込みが激しくて初芝、初距離がどうかと思っていましたが、レースでは力みがなくいい感じで逃げてくれました。もう少し落ち着いて臨めれば今後も結果が出ると思います」

■ 勝利調教師コメント 板垣 吉則 調教師

「デビュー2戦のダートで最後が甘かったので、芝を使ってみようと若鮎賞へ挑戦したら頑張ってくれました。ちっちゃい女の子なので、今後については状態を見て決めたいと思っています。この勝利できゅう舎600勝を達成したと今聞いたばかり。自分では意識していませんでした。一つ一つ勝つことだけを考えていましたから、600勝は素直にうれしいですね」

 

 

第32回ひまわり賞(オークス)はサンタガールが優勝!サンタガール号の関係者の皆様、おめでとうございました!

■ 勝利騎手コメント 山本 政聡 騎手

「目標は特に考えていなかったのですが、同厩舎のグランフルールが本命だったのでひとまずそこを意識していました。あとはスタート後の直線が意外にペースが速めでばらけてくれたので、ポジションを取るのが楽でしたね。
 3コーナーまで先行勢の後ろに付けていたのですが手応えがすごく良くて、外に出せばいつでも動けそうな雰囲気だったんですが、直線が長いから直線勝負でもいいだろうと。初めて乗った馬なのですが、芝で切れる脚を使えていたのは見ていましたからね。馬場も走りやすかったのか最後まで気分よく走ってくれたのではないでしょうか。
 こういう長い距離で好勝負するには折り合いだけではなくてピリッとした脚を使えないといけない。この馬はそういう武器を持っている、力がある馬だと思います」

■ 勝利調教師コメント 城地 俊光 調教師

「芝で好成績を上げている馬だけに雨が降って走りやすい馬場状態になったのが一番の勝因ではないでしょうか。良馬場だったらパワーがある馬の方が有利だったかもしれません。とはいえ直線は同じ厩舎の2頭が大きく抜け出したのである意味安心して見ていることができました。
 サンタから季節外れのプレゼントが届きましたね」

 

 

岩手版オークス「第32回ひまわり賞」の枠順が確定しました!

3歳芝2400m準重賞2着、オパールC5着など実績上位サンタガールは6枠6番

新潟芝2200m4着。オルフェーヴル産駒なら2000m歓迎グランフルールは7枠7番

中央ダート1800m2戦を経験したのが強み。転入後も安定度抜群シャムゴッドは1枠1番

母マイネヴィントは北上川大賞典を優勝。単騎逃げを打てるカゼノウタは4枠4番!!

 8月5日(日)、盛岡ダート2000mを舞台に行われる3歳牝馬三冠目「第32回ひまわり賞(オークス)」(M1)の枠順が確定しました。

  盛岡ダート2000mを舞台に行われるのは今年で10年目。過去9回

1番人気が優勝したのは3度のみ。3連単平均配当が49800円と荒れ

ることで定評がある3歳牝馬重賞・ひまわり賞ですが、今回は例年にも

増して混戦ムード。どの馬が勝っても不思議ない一戦となりました。

サンタガールは中山芝1200m・新馬戦3着。中央3戦0勝から転入後、芝で能力全開。準重賞・はまなす賞(芝1600m)3着、サファイア賞(芝2400m)2着。3歳交流・オパールカップ(芝1700m)でも5着入線を果たし実績はメンバー中一番。また、ただ1頭のみ岩手ダービーダイヤモンドカップでダート2000mを経験済みですし、ダートも2着1回があり、芝ダート兼用が強みです。今度の盛岡ダート2000mはタフさを要求され、対応が最大ネックですが、折り合いは苦にしないタイプ。前半で脚を貯めることができれば初重賞制覇も可能でしょう。

グランフルールは中央デビュー2戦目の新潟芝2200mで4着。結果はともかく東京ダート2100mを使われて長丁場は望むところ。岩手初戦を豪快なマクリで完勝し、2戦目2着。勝ったエンパイヤアーサーはオープン入り疑いなしともっぱらの噂ですから、連対確保を評価するべきでしょう。父がオルフェーヴルなら2000mはむしろ望むところ。恵まれた馬格を前面に、3歳牝馬頂点に君臨するか注目です。

シャムゴッドは阪神ダート1800m7、10着から転入。転入初戦をハイタイムで勝ち上がり、一戦置いて2勝目をマーク。ほかもすべて3着以上と抜群の安定感を誇っています。父アイルハヴアナザーはケンタッキーダービー、プリークネスステークスの2冠を制した強豪で血統的に2000mは望むところ。メンバー比較からもチャンス到来。

カゼノウタは北海道1勝から7カ月の休養を経て転入。初戦をアッサリ逃げ切り、スピードの違いを見せつけました。その後は足踏みが続きましたが、現在2連勝と再び上昇ムード。逃げタイプで2000mが若干不安ですが、母マイネヴィントは北上川大賞典(水沢2500m)を制した強豪牝馬。走る素地は十分あります。

  ほかにもハーツクライ産駒ウインストロベリー、北海道から転入後は3着最高ですが、堅実ユキノボタンも侮れない存在。

  「第32回ひまわり賞(オークス)」の発走は8月5日、18時10分。混戦に断を下し、ヒロインの座を射止めるのはどの馬か。3歳牝馬の戦いにご注目下さい。