KAN-WOO/関羽 三國志英傑伝 | fuyusunのfree time

fuyusunのfree time

長唄などの邦楽をこよなく愛する看護師のfuyusunです。
ナースの仮面を脱いだ、fuyusunの日常を綴っています。

 

関羽は、三國志のキャラクターの中で一番好きである。本当にカッコいいキャラクターである。

この映画の関羽は、他の三國志シリーズの関羽像(見た目)がすごっく違うので、やや違和感があったが、

それ以外はよい映画であった。

 

関羽を演じられたドニー・イェンという方は俳優であり武道家であり、映画監督であったり色々な顔のある方である。が、私的にはあまり馴染みのない俳優さんである。

曹操を演じたチアン・ウェンという方も俳優であり映画監督と多才な方である。あの味わい深いお顔に「観たことがある」と・・・。そうそう『紅いコウリャン』のコン・リーと共に主役を演じた方であった。

 

忠義を貫いた関羽は敵将の曹操にも愛された武人であった。呉の孫権軍に敗れ捕まった関羽は斬首され、首は魏の曹操のもとに送られた。

曹操は関羽の死を悲しみ手厚く葬ったと語られている。この映画の冒頭も失った胴体を木造で作成し立派な棺に関羽の首が納められるところから始まる。曹操って悪役イメージが強いけれど、こういう素敵な一面もあるんだなと思わせるエピソードだ。

 

 

さて、最近は三國志にはまって色々観ている。

 

大好きキャラ第二位の趙雲の物語。趙雲をケニー・リンが熱演。

これは泥臭い国盗り物語ではなくて、どちらかというと青春ラブストーリーという感じのドラマであった。

 

最近、観始めたのがこのドラマです。三國志も後半戦。曹操や孫権や劉備の戦いから次の世代に移る頃の物語ですね。

超大作でまだまださわりの部分しか始まっていませんが、次のシリーズが出るのが楽しみ。

 

そうそう、漢(後漢)の最後の皇帝である献帝を主役としたドラマも近々上陸するらしい。とっても楽しみ。

三國志は壮大なスケールの歴史物語なので登場人物が多くて訳が分からなくなってくる。

だから、こうして一人一人をクローズアップしたドラマは分かりやすく面白い。

きっとこれからも色々なドラマが作られるでしょう。楽しみだな。