ふぁんふぁんのしっぽ ~猫の腎臓病・糖尿病 ブログ~
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

猫の慢性腎臓病 ふくちゃん編 血液検査①

前回の記事に書いた“ふくちゃん”の慢性腎臓病(腎不全)。

主治医先生の病院での検査ではないので血液検査しかしていませんし、
皮下輸液や投薬などの治療方針も決めていません。

なのでとりあえず、今は自己判断で皮下輸液80mlを1日おきにしています。



ただ、食事は腎サポなどの療法食に変更したいところなんですが・・・
2キロは痩せないとダメなので、腎不全療法食は躊躇します。

腎臓病で肥満に対応したフードって、ないんですよね・・・
いきなりフードジプシーです。



で!

実は数日前、ふくちゃんのアゴに何やら赤黒いモノを発見!
よく見ると血?カサブタ? しかもなんとなくシコリのようなモノが・・・

皮脂や汚れが原因でおこる『顎ニキビ (アクネ・座瘡)』だと思いつつ、
またしても近所の信用ならん動物病院へ。

カサブタを取って皮膚の状態を見ようともせず・・・
シコリの有無を触診で確認もせず・・・

「顎ニキビかどうかの断定は出来ないが、細胞検査する段階ではない。」との事で、
いつもの如く何も分からず、1ヶ月様子を見てくださいとの事。

(やっぱりココの病院はマジでヤブやわ・・・)

と思いつつ、 「何か塗り薬出して下さい。」と。



「もし、良性悪性問わずの腫瘍などの場合、どれくらいで進行しますか?」との問いに、
「8週です。2ヶ月です。」と。

(8週が2ヶ月くらい知っとるわ・・・やっぱコイツの言う事は無視やな。)

一応、ボトルタイプのビクタスSMTクリームを処方してもらって帰宅。
ビクタスクリ-ムにはステロイドが入っているので腎臓病の子に大丈夫か?

疑問が多々あるので、明日僕だけでも主治医先生の病院へ相談に行ってきます。
オロゴンの件でも聞きたいことが山ほどあるので。



ちなみに、血液検査の結果はBUNとクレアチニン以外に大きな問題はなし!
血液検査以外の検査は主治医先生の病院で行う予定です。



でわでわ!
 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>