新・保育士試験:社会的養護・教育原理攻略講座

新・保育士試験:社会的養護・教育原理攻略講座

保育士試験の難関科目「社会的養護」「教育原理」を受験される方のための「ふくしかくネット」のブログです。
「社会的養護」「教育原理」に何としても合格していただけるブログに
していきたいと思っております。


テーマ:
<社会的養護 過去問分析(児童の権利に関する条約)>

【平成30年(後期)社会的養護 問1】

次の文は、「児童の権利に関する条約」に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 条約でいう「児童」とは、原則として、20歳未満のすべての者をいう。

B わが国が条約を批准したのは、「児童虐待の防止等に関する法律」の施行後である。

C 児童の意見表明に際しては、年齢及び成熟度に従って相応に考慮される。

D 締約国による条約履行の進捗状況を審査するため、「児童の権利に関する委員会」が設置されている。

(組み合わせ)
  A B C D
1 ○ ○ ○ ×
2 ○ ○ × ×
3 × ○ × ○
4 × × ○ ○
5 × × × ○


【解答・解説】

A 不適切
「児童の権利に関する条約」でいう「児童」とは、原則として、18歳未満のすべての者をいいます(1条本文)。

なお、「その者に適用される法律によりより早く成年に達したものを除く。」(同条ただし書き)ということで、現在の日本においては、「民法」により、女性は16歳から結婚が可能であり、未成年が結婚したときは成年(20歳)に達したものとみなされることから(民法731条、同法753条)、女性は16歳・17歳で同条約にいう「児童」から除かれる場合があります。
しかし、昨年、民法が改正され、2022年から、成年は18歳、婚姻適齢は男女とも18歳以上となることから、民法との関係では、同条約第1条ただし書きの適用場面はなくなることになります。
(ただし書きと民法改正の件は、当面、試験では出題されないものと思われます。)

B 不適切
わが国が「児童の権利に関する条約」を批准したのは1994(平成6)年で、「児童虐待の防止等に関する法律」が施行されたのは2000(平成12)年であることから、条約の批准のほうが前となります。

C 適切
「児童の権利に関する条約」第12条第1項で、「締約国は、自己の意見を形成する能力のある児童がその児童に影響を及ぼすすべての事項について自由に自己の意見を表明する権利を確保する。この場合において、児童の意見は、その児童の年齢及び成熟度に従って相応に考慮されるものとする。」と規定されており、適切となります。

D 適切
「児童の権利に関する条約」第43条第1項で、「この条約において負う義務の履行の達成に関する締約国による進捗の状況を審査するため、児童の権利に関する委員会を設置する。」と規定されており、これに基づき、わが国において「児童の権利に関する委員会」が設置されています。

以上より、正解は4となります。


【検討】

「社会的養護」の勉強では、なかなか「児童の権利に関する条約」の全文には手が回らないと思いますが、「教育原理」や「児童家庭福祉」、「保育原理」で培った知識から、A=×、C=○は判断できるのではないでしょうか。
これにより、組み合わせは4しか残らないことになり、何となく正解できてしまう問題だったのではないかと思います。

「社会的養護」では、他に読まなければならない法令・資料が多いので、「児童の権利に関する条約」については、他科目からの知識と組み合わせ等による現場思考で対応する、という姿勢でいいのではないかと思います。


「保育士試験科目別リベンジセット」などの【 ふくしかくネット 】

【 ふくしかく楽天市場店 】byふくしかくネット

にほんブログ村 保育士試験





テーマ:
<教育原理 過去問分析(教育基本法)>

ブログの更新が滞っており、誠に申し訳ございませんが、平成31年(前期)保育士試験の受験申請も1月8日から始まっており(「平成31年保育士試験 受験申請の手引き[前期用]」発送開始:提出期限は1月31日(水)当日消印有効)、今年の前期の筆記試験まで3か月余りとなりましたので、前期試験の「教育原理」・「社会的養護」等対策の記事を掲載していきたいと思います。

必要な知識内容自体は、ブログの記事で断片的にお伝えするよりも、それぞれご利用のテキストで体系に沿って身につけていくほうが効率的だと思われますので、このブログでは、当面、昨年(平成30年)の後期試験の問題を題材に、今年の前期試験へ向けて何をすべきかを考えていきたいと思います。

なお、苦手とされる方が多い「児童家庭福祉」・「社会福祉」等の科目につきましても、随時、取り上げていきたいと思います。

昨年(平成30年)の後期試験では、「ニコイチ」では「教育原理」のほうが難しかったという印象があるので、まずは「教育原理」の問題から検討していきます。


【平成30年(後期)教育原理 問1】

次の文は、「教育基本法」第16条の一部である。( A )・( B )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

教育は、( A )に服することなく、この法律及び他の法律の定めるところにより行われるべきものであり、( B )は、国と地方公共団体との適切な役割分担及び相互の協力の下、公正かつ適正に行われなければならない。

(組み合わせ)
    A      B
1 政治の圧力  教育行政
2 政治の圧力  学校教育
3 不当な支配  教育行政
4 不当な支配  学校教育
5 不当な支配  社会教育


【解答】

「教育基本法」第16条(教育行政)第1項

教育は、(A 不当な支配)に服することなく、この法律及び他の法律の定めるところにより行われるべきものであり、(B 教育行政)は、国と地方公共団体との適切な役割分担及び相互の協力の下、公正かつ適正に行われなければならない。

したがって、正解は3となります。


【検討】

「教育原理」の入り口とも言える「教育基本法」ですが、ほぼ毎回出題されるうえに、条文が全部で18条しかなので、(「日本国憲法」第26条とともに)「覚える」姿勢で取り組み、確実な得点源としていくことが必要です。

この問題も、文脈や組み合わせによる現場思考では何ともならなかったと思われますので、覚えていることが求められる問題だったと考えられます。

平成28年の後期試験では、並べて比べなければ見分けがつけ難い「日本国憲法」第26条第1項と「教育基本法」第4条第1項との区別が問われており、「そこまで求められているのか」という印象でした。

「教育原理」では準備不能な資料等からの出題が少なくない一方で4問しか落とせないので、「教育基本法」の全文や「学校教育法」・「幼稚園教育要領」の重要部分、繰り返し出題されている人物の業績など、数少ない頻出重要事項は確実な得点源とすべく、保育士試験における学習事項の中でも特に「覚える」姿勢で準備しておくことが大切です。


「保育士試験科目別リベンジセット」などの【 ふくしかくネット 】

【 ふくしかく楽天市場店 】byふくしかくネット

にほんブログ村 保育士試験





テーマ:
<明日、実技試験(後期)を受験される方へ>


いよいよ明日ですね。

と言っても、気合を入れる必要はありません。

練習してきたことを、そのまま出せばいいだけです。

緊張はするでしょう。
ただ、緊張しているのが採点委員にバレたところで、減点されることはありません。

今日これからはあまり練習しすぎないようにして、持ち物と試験会場へのルート・所要時間を、落ち着いてチェックしましょう。

夜は、早く横になっても、緊張して眠れないかもしれません。
でも、そんなものです。
大事な試験や面接に体調万全で臨めることは稀で、むしろ睡眠不足だったりするのが普通だと思いますし、それでも物事はうまく運ぶものです。


明日は、午前9時前頃に会場に集合して、全員でガイダンスを受けます。
言語、音楽については、一人一人の試験開始時刻は、そこで配布されるタイムスケジュールで初めて分かります。
受験者数の多い都道府県では、開始が夕方になってしまう場合もありますので、昼食をどうするか、本日中に考えておきましょう。



◆◆ 音楽表現を受験される方へ

これ以上練習してのどの調子を悪くしないように注意しましょう。
もし、のどの調子が悪くなってしまっても、「のどの調子が悪そうだから減点」ということもないと思いますので、のどアメなどでカバーしながら、開き直って歌に臨みましょう。
余裕があれば、朝出かける前に、軽く1回だけ弾き歌いをすると、落ち着くかと思います。


◆◆ 造形表現を受験される方へ

持ち物をしっかりチェックしておきましょう。
持って行く色鉛筆の色は、揃っていますか?
色鉛筆は、いったん削ったあと、少し試し塗りをして先を丸くしておきます。
試験では、色塗りをする時間をしっかり取れるように、時間配分を厳守しましょう。


◆◆ 言語を受験される方へ

暗唱がしっかりできているかどうか不安のある方は、最後のギリギリまで、台本を見直しましょう。
緊張しているな、と感じたときは、トイレの鏡の前などで変顔をしてみませんか?(笑)
顔の筋肉がほぐれて表情が出しやすくなりますし、緊張もほぐれるかもしれません。


明日は息苦しい1日になるかもしれませんが、それは覚悟して、「この1日を乗り切れば、目標に到達できる!」と思ってがんばってください。

もし、時間不足や途中終了となっても動揺を見せないようにし、次の試験が控えている方は、嫌な気持ちを後に引きずらないことが重要です。



落ち着いてがんばってきてください!


「保育士試験科目別リベンジセット」などの【 ふくしかくネット 】

【 ふくしかく楽天市場店 】byふくしかくネット

にほんブログ村 保育士試験




テーマ:
<H30(後期・地域限定)保育士試験・筆記試験を終えて>

少し遅くなりましたが、皆さま、筆記試験お疲れさまでした。

自己採点結果について、メールや掲示板へのコメント等でお知らせいただき、誠にありがとうございます。

合格をめざされた科目で6割以上(「教育原理」・「社会的養護」では両科目で6問以上)取れた(見込みの)方、本当におめでとうございます。
ご自身の努力の成果です。

残念だった(見込みの)方、お力になり切れず、誠に申し訳ございませんでした。
少し心身を休めた後、また一緒に頑張っていっていただけると幸いです。

今回は、1日目では「社会福祉」、2日目では「教育原理」で準備の難しい問題が多く、6割確保が難しかったようですね。

「教育原理」では、中身までは手が回らないような法令の条文からの出題もあり、準公式テキストとも言える、全国社会福祉協議会刊行の「新 保育士養成講座 第2巻 教育原理」(いわゆる全社協のテキスト)の内容からも離れていっている感じでした。

このブログでは、今回の「児童家庭福祉」、「社会福祉」、「教育原理」の問題を中心に、問題内容をじっくり分析して、平成31年(前期)の筆記試験へ向けて、何をすべきか、何をすべきでないかを考えてまいります。

今後ともお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。


※ 平成31年(前期)版の「リベンジセット児童家庭福祉」、「リベンジセット社会福祉」、「リベンジセット教育原理」、「リベンジセット社会的養護」、につきましては、今月中の販売開始をめざして準備を進めております。
できるだけ早めに販売開始できればと考えております。
申し訳ございませんが、もう少々お待ちいただけますよう、よろしくお願いいたします。
(なお、平成30年以前版をご利用いただいた方につきましては、当該科目の教材データのご利用は無料となります。販売開始次第、一斉メール等でお知らせさせていただきます。)


「保育士試験科目別リベンジセット」などの【 ふくしかくネット 】

【 ふくしかく楽天市場店 】byふくしかくネット

にほんブログ村 保育士試験







テーマ:
<H30(後期・地域限定)保育士試験・筆記試験を受験される方へ>

いよいよ、明日(20日)から後期(および大阪府の地域限定)の筆記試験が始まりますね。

前期試験(または神奈川県の地域限定試験)からの間隔が短く、あっという間に後期試験の時期が訪れ、モチベーションが上がらず、前回失敗した科目について自信を持てないまま今に至ってしまった方も多いのではないかと思われます。

しかし、試験は始まり、そして終わります。
気持ちが乗り切らない、あるいは不安が残る方も、試験に集中していきましょう。

毎回、同じような内容となってしまいますが、いくつか、具体的な注意点をあげさせていただきます。


◎ 受験票に記載された注意事項をよく読み、時間の余裕をもって出発できるようにしておきましょう。
受験に行くときは、どうしても勉強のことも気になって、想定外の失敗もしていまいがちです。
電車の乗り間違いなど、自分は大丈夫だと思っていたようなトラブルが発生しても、時間の余裕があれば何とかなるものです。
「早めに出る」ことは大切です。

◎ 期待された問題が出題されなくても、心が折れないように気持ちをコントロールしてください。
逆に、見たことのない資料等からの出題であっても、手持ちの知識を総動員して、食らいついていきましょう。
難問が2つ続いても、あせらず、萎縮せず、確実な基本的知識で何とか五分五分の勝負に持ち込んで、2問のうち1問取れればいい、と開き直ることも大切です。

◎ 問題の作り自体がまずく、「少しおかしい」と思える問題もあるかと思いますが、その場合は、問題作成者が○×のどちらにしようとしたのかという、【問題作成者の意図】を考え、素直に誘導に従って答えを出してください。
数字等の含まれていない素直な文は○の可能性が高いと考えられます。
問題文にあらわれていない事情を考えてしまうなどの、深読み、裏読みはしないほうがいいと思われます。
問題作成者は、×の記述を作成する場合は、数字や言葉を入れ替えるなどして、しっかりした×の記述とするのが通常だと思われるからです。
試験の現場では、腑に落ちない場合であっても、割り切って、より正解に近い選択肢を選んでマークするしかないのです。

◎ 「社会的養護」などの難関科目の難しさの一つの要因として、形式的なことですが、「組み合わせ」が全部○のものが正答となる場合が結構あることがあげられます。
予想問題や模試では、なかなか、そういう問題は作りにくいのです(全部○という問題は、手抜きをした感じになってしまうためです)。
また、昨年の後期試験の「社会福祉」では、これも形式的なことですが、20問中正答「1」が10問(半分)もあり、「3」は1問、「5」は0問という、受験者にとっては非常に不安をあおられる正答番号の構成でした。
さすがに「1」が4問続くと、「どれか間違っているのは?」という気持ちになって、解答を書き直してしまいたくなるものです(それが、昨年の後期試験で「社会福祉」を落とされてしまう方が多かったことの要因の一つではないかと思われます)。
「組み合わせ」が全部○になっても、(ちょっと極端ですが)「5」が5問続いても、素直に読んでその結果になったのであれば、気にしないことが大切です。


1日目の受験科目がない方の場合、まだ、今日、明日丸1日、明後日の朝(移動時間等)という時間があることになります。
言うまでもなく、「ニコイチ」の「教育原理」・「社会的養護」では1問(5点)の価値が大きいので、残りの時間を有効活用していただきたいと思います。

ただ、「あそこも出題されるのでは」などと心配して、あせって手を広げてしまうと、得点につながる可能性の低い方向に進んでしまうことになります。

このブログの過去4つの4科目の優先学習事項の記事も参考にしていただいて、出題可能性の高い事項を、落ち着いて、しっかり確実に押さえていっていただきたいと思います。
「教育原理」の条文なども、今、覚えれば、試験終了までは記憶も持つでしょう。

本番では、自分がやってきたことを信じつつ、問題作成者の気持ちも考えながら、より正解に近いと思われる選択肢を選んでマークしてきてください。



「保育士試験科目別リベンジセット」などの【 ふくしかくネット 】

【 ふくしかく楽天市場店 】byふくしかくネット

にほんブログ村 保育士試験