優等生、会社をやめられるか?②〜自分に許可できるか? | やる気を失いかけたがんばり女子に捧ぐ!~楽しく成長するキャリアと自分らしく生きるためのアイディア!

やる気を失いかけたがんばり女子に捧ぐ!~楽しく成長するキャリアと自分らしく生きるためのアイディア!

キャリアコンサルタントの藤沢ゆんです。

◆楽しく幸せに生きるための3つのアイディア ◆
・自分らしく生きる
・楽しさや喜びを感じる
・成長できる

自分らしさも大切にしながら仕事で楽しさと成長する喜びも感じたい!
そんなキャリアデザインを提案します!


テーマ:
:::::::::::::::::::::
39歳、自分をあきらめない!
感じる力を拓き、ワタシを究めていく生き方
:::::::::::::::::::::
 
藤沢ゆんです
 
 
優等生、
会社をやめられるか?シリーズ!
いつのまにかシリーズに。
「優等生」ってわたしよ!私!(笑)
 
 
 
 
会社辞めていいよ、って
 
自分で許可すればいいだけなんだけど、
自分への許可が
実は一番厳しかったとは!
 
と自分で驚いているところ。
 
 
 
もちろん、母にどう説明しよう、
何て言われるか…
という不安もあるけど、
うちの母ゾウはうるさい(笑)
 
 
一番ダメ出ししているのは
やっぱり自分だわ。
 
 
 
歯をくいしばってでも
会社に行きなさい!
 
這ってでも行きなさい!
 
とずっと自分に言ってきてたことに
気づいたもの。。。
 
 
 
いつかは辞めてもいいけど、
すぐには無理よ、とか。
 
 
結婚してからなら辞めていいわよ、とか。
週末起業である程度稼げるようになったらね、とか。
 
 
条件付きじゃないと
許可できなかった。
 
 
 ⬇️参考
 
 
 
どれもなかなか実現できないから、
まだまだ辞められないじゃん、と
 
ずっと自分を縛ってきた。
 
 
 
自分で自分に、
「会社員で我慢しなさい」
「安定してるんだから」と
言い聞かせてきたのよね。
 
 
ずっと、
自分で自分に
我慢させてたんだよねえーん
 
 
 
 
やっと気付いた!
 
心底、腑に落ちた!
 
 
 
そしてそれをやめてあげられるのも
自分。
 
 
 
 
自由に生きてきた人からすると、
こういう感覚理解できないんだろうなー。
 
 
私は昔よく、
セミナーとかグループセッションとかで会った人に
 
 
「よくそんなに辛い思いしてて辞めないねー、
 
私だったら我慢できないから
絶対に辞めちゃうー!」
 
とか
 
「辞めればいいだけじゃない?」
 
とか
言われてきたのだけど
 
 
簡単に「辞める」決断にいけないから
こんなに辛い思いしとるんじゃー!!
 
 
とか思ってたわ。
 
 
 
 
「嫌なら辞めればいい」という考え方は
とても合理的だし、
直感に従ったやり方だし
 
なんかそっちのほうがいいような、とか
思ってたのだけど
 
 
 
私はたぶん
「時間をかけて頑張る」
という経験もしたかったのよね。
 
 
それと同時に、
世間的な信頼を得たいといか、
安定を得ていたい、という考えもあった。
 
 
 
頑張って得たメリットを
なかなか手放せない、というのもある。
 
 
既得権益で悪さしちゃう
政治家とか偉い人たちとかも、
 
そこまでの地位に行く(もしくはしがみつく)のに、ものすごい我慢や苦労をしてきたと
思ってるから、
 
利益を得るのは当たり前、と
思ってるのでは、と想像できる、
 
 
 
私もやっぱり、
学生時代、勉強頑張ってきたし、就職氷河期でも
とにかく頑張って就職したのだから
 
大手企業の会社員としての
利益を得ていたい、という思いが
 
ずっと手放せなかった。
 
 
お金の安定と
上場企業の総合職という安心に
 
メリットを感じていたのだもの。
 
 
 
これを得るための義務を果たしていれば、
 
その他の余力で好きなことしていいよ、と
してきたのだけど、
 
 
やりたいことやるための
義務に使うエネルギーが大きくなってしまって、
 
 
本当にやりたいことに
向けるエネルギーが
 
枯渇してしまった。
 
 
 
本当にやりたいことが年齢を重ねるにつれ
どんどん増えてきてしまった
というのもあるかな。
 
 
これが、苦しさの原因。
 
 
 
なんだか
本末転倒だよねーー。
 
{02284F17-4672-462D-95A1-3C1685102196}
 
♡師匠、栫井利依せんせいと♡
懐かしい写真!
3年くらい前かしら!♡
 
 
 
 
 

☆ご提供中のメニュー☆【東京】

藤沢ゆんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス