動物にとっての幸せと人の幸せとはちょっと違う | 人間より動物好きの獣医 シワ神シワ男

人間より動物好きの獣医 シワ神シワ男

埼玉県新座市のふじわら動物病院、院長藤原です。
ペットが幸せになるためには、飼主さんが幸せになる必要があると思っていて、
まずは飼主さんが幸せになることでペットも幸せになるような診療を心がけています。
サ論代理店

今回も考えさせられたわー。

 

 

 

 

 

いつもながら動物と話してる

だけあってストレートにくる

美香さんの話

 

 

 

 

動物は

建前とか

世間的とか

社交辞令とか

忖度とか

普通はとか

一般的にはとかないから

 

 

 

 

ストレートにくるね。

 

 

 

 

 

 

幸せか幸せじゃないかなんて、後(あと)。

充実していたか充実していなかったのほうが優先なの。

幸せか?なんてそのあとに自然についてくるもの。

 

 

って美香さんがブログで書いてた。

 

 

 

 

飼主さんって

この子が幸せだったかどうか

この子がうちに来て幸せだったかどうか

この子がこの治療で幸せだったかどうか

この子が私で幸せだったかどうか

 

 

 

 

とか気になる人が多いと思うし

オレも「この子は幸せだったんでしょうか」

と聞かれることが多い。

 

 

 

 

動物はそれよりも

充実していたかどうかの方が

優先なんだね。

 

 

 

 

なかなか考えさせられるし

深い。

 

 

 

 

 

充実と幸せなんとなく

同じような感じもするけど

若干違うね。

 

 

 

 

 

調べてみると

充実とは内容が満ち満ちていて豊かなこと。

力が豊かにそなわってしっかりしていること。

 

 

 

 

幸せとは人それぞれに異なった望ましいこと

満ち足りていること。

不平や不満がなく、たのしいこと

 

 

 

 

こうみると充実の方が

「生」に直結してて

生きてる感があるなと思うんだ。

 

 

 

 

人にとっては充実も幸せも

似たようなことになるけど

 

 

 

 

 

 

動物にとっては幸せよりも

充実の方が大事なんだね。

 

 

 

 

今をどう生きるのか

今何がしたいのか

今どうするか

と生きてる動物らしいなって思うね。

 

 

 

 

美香さんが最後に

動物達は「幸せ」であるかなんて気にしていません。

私達の願う「幸せ」と動物の感じる「幸せ」」異なります。

私達の願う「幸せ」を動物達に押し付ける事はしたくないな。

 

って書いてた。

 

 

 

 

確かに人の幸せと動物の幸せは違う

人から考える幸せを

動物に押し付けてしまいがちになるけど

 

 

 

 

動物の気持ちや動物の想いを

人がもう少し理解して

 

 

 

 

人と動物がお互い尊重しあえると

いいなって思うね。

 

 

 

 

 

今日もありがとう
人間より動物好き獣医

シワ神シワ男

 

 

 

 

横尾美香さん名言集

弱いから病気になるんじゃない

飼ってる動物にどんな波動を送るのか

人と飼われてる動物の特別な関係

動物は長生きしたいのか?

動物が旅立つ時のあるある

依存するなら自分自身

獣医として痛感させられる話

 

 

 

 

 

●自分が所属しているペットの健康を守る会の有志の先生方と本を書きました。

現在、猫の飼い方の本はAmazomでは購入できないようなので、

私にご連絡いただければ、若干在庫がありますので、販売することができます。
LINE@、コメント欄にご連絡ください。

 

 

レ点毎日更新していきますので、是非フォローをお願いします

 

LINE@やってます。

ブログでは言えないような

ことも発信してま~す。

友達登録をお願いします。

  友だち追加数