グリーフとは | 人間より動物好きの獣医 シワ神シワ男

人間より動物好きの獣医 シワ神シワ男

埼玉県新座市のふじわら動物病院、院長藤原です。
ペットが幸せになるためには、飼主さんが幸せになる必要があると思っていて、
まずは飼主さんが幸せになることでペットも幸せになるような診療を心がけています。
サ論代理店

グリーフというのは不安、心配、

困惑、悲しみ、ショック、嘆きなど

の気持ちを抱えていることなんだ

 

 

動物が病気になったり、

老いていったり、

亡くなったり、

したら

 

 

 

不安になったり

心配したり、

寂しくなったり

悲しくなったり

するよね。

 

 

そういう状態になることを

グリーフっていうんだ。

 

 

なんとなくわかったかな?

 

 

家は、仕事から疲れて帰ってきたり

イヤなことがあって帰ってきても、

 

 

安らげたり、安心したりできる場所

だったりするよね。

 

 

(そうじゃない人も多いかも

知れないけど)

 

 

そこに動物がいることでより一層

安らぎの場所になるよね。

 

 

うちの某○○も家に帰ったらまず

猫を抱っこしてる。

 

 

動物って安らぎの家をつくる存在で

家の一部になっているよね。

 

 

その家の安らぎをつくる存在を

動物病院は診てることになるね。

 

 

だからホームドクターって言うんだ。

 

 

家の安らぎをつくる存在を診る

ホームドクターは、

 

 

安心感や安全感を飼主さんに

提供することができて初めて

真のホームドクターになれるね。

 

 

動物病院に来院された時、

待合室では病気になった動物を

抱えてきてグリーフになってるよね。

 

 

「急いで診てもらいたいけど混んでるな」

「大丈夫かな、具合悪くなってないかな」

「治療しているけどよくならない」

「薬飲ませられなかったな」

「検査が悪かったらどうしよう」

などなど・・・。

 

 

まぁいろんなグリーフを抱えてるよね。

 

 

その不安や心配を少しでも和らげる

ことが分たちの使命だね。

 

 

声をかける、話を聞く、共感する、

受容することによりグリーフが

少しでも減るように

 

 

飼主さんが

安心したり、

心が安定したり、

気分が楽になったり、

笑顔になったり

 

 

できるようにしたいね。

 

 

そうすると1つの診察に時間が

かかって

 

 

「あそこは待ち時間が長い」

「超時間がかかる」

ってよく怒られるんだけどね。

 

 

 

 

●自分が所属しているペットの健康を守る会の有志の先生方と本を書きました。

現在、猫の飼い方の本はAmazomでは購入できないようなので、

私にご連絡いただければ、若干在庫がありますので、販売することができます。
LINE@、コメント欄にご連絡ください。

 

 

レ点毎日更新していきますので、是非フォローをお願いします

 

LINE@やってます。

ブログでは言えないような

ことも発信してま~す。

友達登録をお願いします。

  友だち追加数