動物の病気は動物からのギフト | 人間より動物好きの獣医 シワ神シワ男

人間より動物好きの獣医 シワ神シワ男

埼玉県新座市のふじわら動物病院、院長藤原です。
ペットが幸せになるためには、飼主さんが幸せになる必要があると思っていて、
まずは飼主さんが幸せになることでペットも幸せになるような診療を心がけています。
サ論代理店

おはようございます。

人間より動物好きの獣医

シワ神シワ男です。

 

 

横尾美香さんとのコラボセミナーで

美香さんが

 


病気は動物からのギフト

動物は誰よりも飼主さんのことを想ってる
どんな時でも飼主さんの笑顔がみたいと

想ってる

 

 

と話をされてた。

 

これは、体験されたことがないと

わからないかもしれない。

 

 

普通考えても病気が動物からの

ギフトなんて考えられないよね。

 

 

病気は悪いもの

病気は治すもの

病気は克服するもの

 

 

と思ってる側からすると

病気がギフトというのは

なかなか考えられない。

 

 

でも美香さんは実体験から

そう想われてる。

 

 

 

 

前に飼われていたダックスが

生後1歳半で水頭症により

寝たきりになってしまう。

 

 

それから6年間、寝たきりの子の

介護をされたそうだ。

 

 

6年間寝たきりの子の介護を

するというのは想像以上のものが

あると思うんだ。

 

 

そんなの獣医のオレだってやったこと

がない。

 

 

 

 

そんな体験をされた美香さんだからこその

言葉だと思ったね。

 

 

辛いことや悲しいこと、不安

恐怖、悲しい、寂しいなど

負の感情というものを

 

 

その6年の間にこれでもかと

体験されたんじゃないかと思う。

 

 

美香さんがその後得たものと

言うのがその子からもらった

たくさんのギフトだったんだろう。

 

 

その実際の体験から

動物の病気はギフトに

なったんだろうね。

 

 

動物の病気から得るもの

それは同じ病気を持った仲間かも

しれないし、

 

 

自分が「この子を治してあげたい」と

何か行動に出るものだったりする

かもしれない。

 

 

何かしら動物からのギフトがある。

確かにそうだね。

 

 

病気は悪いものだからマイナスに

なり、損することを考えてしまうけど

そこから得るものだってあるね。

 

 

実際に今、動物の病気で苦しんでる

人がその病気はギフトなんだと

考えることはできないだろう。

 

 

だけど、今はそう考えられなくても

時間が経ったときに

 

 

「そういえば、これがギフトなのかも」

と思える時がくるかもしれない。

 

 

そう考えられたら動物に感謝する

ことができると話してた。

 

 

そう考えられたら自分の心の余裕が

できたかもしれないね。

 

 

そう考えられたら心が癒えたのかも

しれないね。

 

 

そう考えられるようになると

いいね。

 

 

そう考えられたらホント素晴らしいこと

だよね。

 

 

 

 

~セミナーに関する参考記事~

 

 

~人気記事ランクイン記事~

 

 

●自分が所属しているペットの健康を守る会の有志の先生方と本を書きました。

現在、猫の飼い方の本はAmazomでは購入できないようなので、

私にご連絡いただければ、若干在庫がありますので、販売することができます。
LINE@、コメント欄にご連絡ください。

 

 

レ点毎日更新していきますので、是非フォローをお願いします

 

LINE@やってます。

ブログでは言えないような

ことも発信してま~す。

友達登録をお願いします。

  友だち追加数