こんばんは。

ふじわら動物病院、藤原です。

 

 

前回の続きの第四段階の話をするね。

 

 

前回まではこちら

どのようにして病気になるのだろうか 細胞の衰弱化編

どのようにして病気になるのか2 毒血症編

どのようにして病気になるのか3 刺激編

 

 

第四段階:炎症

 

 

体の中に溜まり過ぎた毒素を

一掃するために、体が大掃除を

始めるんだ。

 

 

体が自ら浄化と治癒を行う

ようになる。

 

 

これが熱、痛み、不快、苦痛などの

症状として現れてくるんだ。

 

 

体が溜め込んでいる毒素を

排泄しようと一部に集める為、

毒素により絶えず「刺激」を受けて、

「炎症」として症状を出してくる。

 

 

頭痛がする、関節が痛い、腰が痛い

などの症状が慢性的に起こるように

なるんだ。

 

 

この時も痛み止めや消炎剤を使って、

症状を抑え込むように治療

しちゃうんだよねー。

 

 

毒素がどんどん溜まっていって、

次のステージへと進行していくんだ。

 

 

これが第四段階なんだ。

 

 

このような状況で、病気の症状が

どんどん出てくるようになっていくの。

 

 

毒素が体の中から排泄ができないと

どんどん溜まっていって、滞ることで

体は知らせてくれるんだ。

 

 

体が耐えられなくなっていくので、

体が教えてくれているんだけど、

それでも毒素を取り込んで

いっちゃうんだよね。

 

 

デトックスが大事になっているけど

デトックスは、意味があるんだよねー。

 

皆さんもデトックス(毒出し)を

していきましょう。

 

 

関連記事

どのようにして病気になるのだろうか 細胞の衰弱化編

どのようにして病気になるのか2 毒血症編

どのようにして病気になるのか3 刺激編

 

記事を読んで「いいね~」と思ったら
お友達にリブログ、シェアしてもらえるとうれしいです。

 

LINE@やってます。

獣医のこばなしを

発信してま~す。

友達登録をお願いします。

  友だち追加数

 

フォローしてくれたら

うれしいです。

フォローしてね…