さぁ自己対話♡[真理×感情×欲望]自分絶対主義で生け♡

さぁ自己対話♡[真理×感情×欲望]自分絶対主義で生け♡

ひとの事は興味ありません♡
あたしのために動いてまーす♡

HSP&10年越しの知識ジプシー&キョーレツ自己否定難民を越え、
可愛い暴君に♡

あなたも自己責任で!

Presented by 不二子


自己責任出来ないかたお断り♡








わたしのプライベートは、よほどの人物でなければ自身のテリトリーには入れない(乙女座あるある)ので、基本的には恋人以外の誰かと「行動を共にしたい」と思う事はない。






だから、プライベートでは、“店員さん”とのコミュニケーションが主だ。






わたしはよく、道ゆく人や店員さんから、個人的に「ありがとう」と言われる。







美容師さんやエステのセラピストさん達に、「天才!スゴイ!!感激した!!」ってお伝えするのが好きだ。

好き、というか、昔から、そういうの、口を突いて出てくるの。

本心から感動しているから。






頭では、「プロに向かってそんな言い方、失礼では・・」とハラハラしちゃうんだけれど、っどうしても、思わず、言っちゃう。

“言っちゃう”のだけれど、わたしはそういう振る舞いを、したくてしているし、そうであることを自覚している。






大体そういう時に、お相手は表情を緩ませてくださるけれども。

もしも、お相手に「失礼なッ」と怒られたとしたら、その時はその時で「ごめんなさい」と心から謝って、「そっかぁ」と思う。

この方には失礼な表現になっちゃったんだなぁって。

「何でそんな返答するのよッ」とは思わない。

わたし個人が、やりたくて感動をお伝えしただけだから。






鋪道を自転車で通っている最中、鋪道をお掃除してくれている方が前に居たら、自転車を降りてゆっくり歩き、「綺麗にして下さってありがとうございます。作業のお邪魔をして申し訳ありません。」って声をかける。

1割ぐらいで、あからさまに迷惑そうな顔をされるけれども、その時も、「あ、申し訳なかった」と思うけれど、わたし個人がしたくてそう振る舞っただけだから、感情として悲しさはあるけれど、お相手を責める気持ちは浮かばない。







大体の方は、嬉しそうにして下さったり、照れてくださったり、初々しい働き始めの方などは100度?!な角度でお辞儀をして下さったりして、

その様子に、わたしはまた感激する。

「ありがたい。素敵。」と感じさせていただいて、それをお伝えしたいままお伝えさせていただいただけなのに、そんな反応を返してくださるの?!と思う。







お相手が、喜んでくださる。

というのは、副産物でしかない。

その上で、「わたしは、感じた感動を伝えたい」とやりたくなったことをやらせて頂いているだけに過ぎない。

そして、そういう自分は、わたしの在りたい自分像の一部だ。

だから、お相手の意向にそぐわなかった際には、寂しいし、申し訳なさを感じるけれども、【お相手によって】わたしが不快になることはない。






わたしが何かのアニメ作品に出演するならば、恐らく少年ジャンプ系とかの、敵キャラになる事でしょう。

恐らく、大きい図体の、恨みみたいなものに浸かり過ぎてしまって、殆どの言語を失い、同じ単語を繰り返し呟いているような・・・









その時に、呟いているセリフは、






「浅ぇぇぇ・・・・浅ぇぇよぉぉぉ・・・・」

だと思う。









わたしは、30歳を過ぎても一向に「大人」にはなれず、『皆の感覚、わたしと同じはずだよね?』という前提で生きてきていた。









それが、今年に入ると加速度的にどんどんと感覚が変わっていき、変わり始めると更に感覚の変化に拍車が変わり・・という数ヶ月を過ごしていたお陰で、視野がとても狭く・ものすごく主観的であるわたしなりに、『俯瞰』という事をでき始めた。








今年、時期を同じくして、例えば昨今の情勢など…様々なジャンルのテーマにおいて、様々な方から意見を求めていただける機会があった。








いっそ、超主観的なわたしのままならば、特に気に留まらなかったのだろうけれど。

俯瞰の視点が生まれ始めていたことで、わたしと・誰か、との「違い」について、第三者的な視点から気付く事になってしまった。







大体の場合、わたしの心の中の第一声は「え?何の話?」だった。

わたしという人間は、考え過ぎなぐらいに思考する人間であると、他人からも思われていると思っていたのだけれど、

「そんな浅い階層のお話を、わたしに尋ねているのかい????!!」

と感じたんだ。







わたしを思い浮かべて下さった事は素直に嬉しく思う。

そして、別に、対応も可能。

けれども我ながら、「こんな深く思考するタイプの、シビアなわたしじゃなく、もっとポップで優しそうな方に尋ねば良かったのに??」と思ったんだ。







わたしは、自分の直感力が「人より優れている」とは思っていない。

けれども、自分の直感力は、わたし自身にとっては十分信頼のおけるものだと自負している。






だから。

クチコミで何かを判断や購入することはない。

「この人が、本当に信頼できるかどうか検証しなくっちゃ」と調べ回る事もない。

まずは、観察からしてみなくっちゃと思うこともない。






だいたいのものを、わたしはいつも「一目」で決めている。

ブログ、本、恋人、友人、お洋服、アクセ、お部屋・・・だいたいのもの。







そりゃぁ、時には「失敗だったか」と感じた事もあったけれども、でもその上で、結局は、その流れで良かった。






そんなわたしからすれば、例えば“昨今の情勢と自分との関わり合い”などの、センシティブな事を、わたしという第三者に平気で尋ねる神経自体が解らなかった。

その人にとって、「自分の感覚」とはどういう扱いになっているんだろう?






尋ねて頂いた際には、快く何でもお答えはします。

けれども、『それほどに“自分の感覚”が錆びさせてしまっている事に危機感を感じていない』神経が、わたしには解らないの。






わたしに尋ねて下さったという事は、わたしを含むスピ心理啓発系の発信に触れているんでしょう?

それにも関わらず

『それほどに“自分の感覚”が錆びさせてしまっている事に危機感を感じていない』神経が、わたしには解らない。







わたしは、「自分軸で生きていきたいぞ」と食らいつき続け、そちらに行くと決めている人間だから、

「自分軸で生きていこうと思わない」様な方なのであれば、それこそやれ情勢だのに振り回されて今後生きづらいのだろうなぁって思う。

わたしが決めることではないので、わたしはそこに口出ししない。






「他人とのどうのこうの・・・」などとお話されても・・・。

え?!日頃しつこいほどにスピ心理啓発についての発信をし、自分軸・自己対話の変態と化しているわたしにするお話か?!?!

もっと、違う階層の「彼を思い通りに操っちゃう♡」みたいな類の方に仰ったら?!?!

と心底驚くことも。






そんな中、自分の才能に気づくことができた。

わたしは自分のこの性質を、多少「自慢♡」くらいで、そんな大した特長だとは思ってはいなかったけれど、わたしは比較的速いタイミングで、何かや誰かの本質的な部分に気づいているんだなって。







なぜこれに気づいたかって、

『多くの人は、そっっっの程度しか観えておらず、聴けていないのね?!?!?!?!

・・・浅い!!!!!』

と強く気付き、俯瞰の視点が生まれ始めているおかげで、「わたし(の観えている世界)ととても違っている!」と驚いたから。







必要な時に、自分に必要なものを自分が接しに行く


という意味での、

皆さんの、世界や他人や物事を観る目はどうなってんの?!?!?!






って、愕然としたの。(まだお節介だったし)






スピ心理啓発界隈の発信に、日頃触れているんでしょう?






さすがに、それらの発信の核は、波動でも龍でも霊でも運命でもなく

『自分の世界は自分自身が創っているんだ』という事だというのには気付けているのだよね???







それなのに、

そんなにも、

あなたが、あなたの感覚を探り・見・信じる

事を、疎かにして生きているの?!?!

と心底ビックリした。

目が、西川きよしさんになりそうだった。






何やってんだよ?!?!?!と、正直、憤りすら感じた。

ビジネスどころか、発信なんかしている場合じゃないじゃん!そんな時間があるなら、とっとと自分とデートしてこいよ!話を聞いてやれよ!!?とどこにぶつければいいのか解らないエネルギーを、1人で持て余していた。






わたしだって、「自分の世界は自分が創っている」事を体で理解でき始めたのはつい最近。

それまでは、信じたくても信じられないまま何年も過ごしていた。






それでも、どう考えても、わたしが触れていた情報の核はソコだったから、信じられなくてもムカついても何でも、

絶対に、「そうだとしたら」って自分の内側を見続けてきた。






わたしが未熟だったから、外の人や世界への八つ当たりもたくさんしてきてしまった。

それでも、事後には必ず、「自分の内側の、コノ部分が反応・作用したんだな」って、自分軸に戻すことを(戻せるまで)やってきた。






だからだと思う。

わたしと接した方々は、「不二子は解っているもんね。その事はわかるよ。」って言ってきてくれていた。






今。

わたしも、解るよ。

出来ているか・出来ていないかはどうでもいいの。

そんな簡単に出来る様になれるものじゃないから。

「自分軸で生きていきたいぞ」と、そちらに行くと決めている前提で、物事や世界を捉えるつもりで、普段から生きているのかって事。






わたしの言葉や、サービスは、そういう方に向けて発信している。

そういう方であれば、わたしはお付き合いしたいし、お求めいただける限り力をご利用頂きたいと思っている。






でも、

違うじゃん。






ほんと、ビックリしちゃったんだよ。

「口先だけ」もいいとこだよね。

逆の意味で尊敬しちゃうよ。

わたしは普段ゲラだけれども、失笑しちゃう。







「自分軸で生きていきたいぞ」と、そちらに行くと決めている前提で、物事や世界を捉えるつもりで、普段から生きていくつもりではないのだったら、

そういう世界にいらっしゃった方がいいって。

あなた自身と、世界の、両方のために。






1人だけバドミントンラケットで、テニスのダブルスの試合に参加しているような状態だよ。

今のあなた。

それで、「テニスがうまくなりたいんです!!」といっていても、素振りとか試合運びとか、まぁ教えられるけれども、

そもそもラケットが違っているよ?!という話で。

まずはご自分で、テニスラケットを持っていただかないと。

それか、いっそ、バドミントンの会場に行かれたら。







最近に近い時期に、それ以前の自分の感覚を思い返してみれば、わたしの違和感はココに集約されるのだけれど。






「〜に行きたい」と言うならば、願うならば、何故、そちらに行こうとしないのか???

なぜ、現時点の自分にとって必要そうな行動や物事を見極めようとせず、食らいつこうとしないのか???






その、神経がわっからないの。

言葉と、エネルギーの相違が、気持ち悪いの。

言葉とエネルギーに相違が生じている時、両者の間に何があるかって、「甘え」ね。






わたしは、「自分軸で生きていきたいぞ」と、そちらに行くと決めている前提で、物事や世界を捉えるつもりで、普段から生きている。





だから、わたしと同じような事を掲げているような人が、

【ヒトのフリを見た時に、我がフリを見ない】神経が、心底理解出来ない。

まさか、「やっている」って思っているのかな?

あの、そうしているなら、そういう言葉があなたの口から出てくる筈がないんだよ。

ナメないでもらえる?

全て透けて視えてんのよ。







違和感を感じるような人と「友達」していたり、何をしているの?????

話し合うか、距離を置くか、解決策は明白なのに、そうしないようなあなたなのでしょう。

あなたは現在、その程度の甲斐性の人間って事だよ。






そんなご自分が快くないなら、ご自分の行きたい方に向かった方がいいだろうし、

そんなご自分で居たいのなら、相応しい世界に出没したほうがいい。






幸せや成功は、どんな性質の誰でも、ちゃんと掴める。

だから、別に自分軸なんかしなくて、自己対話なんかしなくても、幸せでは居られるし、成功だってしたければ出来る。

だから、単純にご自身のしたいようになさればいい。



 



そんなあなたのままでも、合う人が訪れ、商品を購入してもらえたりするのでしょうし、大丈夫。

そうやって、ぬくぬくと「ねぇ、あの他人って嫌ぁね〜」って合う人同士、お得意の“ベチョベチョ”なさっていれば。

そういう世界にいらっしゃったら宜しいでしょう。






ただ、スピ心理啓発業界に居るのは、そぐわないと思う。

わたし(やスピ心理啓発界隈)のサービスをお受けになっても、響かないとおもう。






そうやって、自分自身に見当違いな事をしているから、見当違いな人に、見当違いな振る舞いをするのよ。






そういう人はやはり、料金のお支払いもしない。

あなたという作品として、よく仕上がっているよね。

あなたはあなたでお好きに生きれば良いけれど、わたし個人は、全く素敵だと思わない。






わたしは、義務教育期間、毎年ずーーーっと、あることないこと噂されていた。

わたしが、誰かを故意に傷つけたからとか、実際に援助交際をしていたとか、何か身に覚えがあれば納得出来たけれど、どうしてそうされるのか、全く理解も納得もできないままだった。







わたし個人は、誰かに何かを思い、それが攻撃したい気持ちだとしたら、必ず本人に直接やるって決めている。

わたし自身の責任において、そう決めているし、そうしてきた。

更に、遅くとも最後には、絶対に自己対話で自分の内側から答えを見つけるところまでやるって決めているし、そうしてきた。







そんなわたしは、誰かについてのネガティブな話題を、別の誰かに話すというのは、

とても愚かで卑怯な行為だと思っている。

あなたの生きる人生はお好きになさればいいけれど、わたし個人は、そういう人間、嫌い。





「自分は悪くないの」「自分は被害者なの」「不二子は自分の味方だよね?」「あいつおかしいでしょ」って甘えたい気持ちを、

「普通、こういう時にはこうするもんじゃない?」と正当かのような口当たりのいいチョコレートに包んで投げつけてきて。







その“ベチョベチョ”をわたしに投げてくんのやめてよ。

そういう事を平気で出来る神経、そんなご自分に気づけていない度量、どうなってんの?






自分の口からご本人に伝えなさいよ。






自己対話にもっていく過程で、必要性があるためにその話題が出たのなら、そうは思わないけれど。

そう出来る方はやはり、きちんと料金を支払ってくれて、お話なさる。







向上したいと言う割に、浅い部分しか捉えられていなかったり。

アタマがヨワかったり。

見る目がおかしかったり。

そんなにベチョベチョなのに気づいておらず、「自分は素敵だ」としか捉えられていなかったり。

昔、誰かからそうされた事は嫌だったはずなのに、それをご自分もまた他者にしたり。

口先だけで、生き方の純度が鈍かったり。







愚かしい。

「人間」というものは本当に愚かしく、気持ち悪い。

嫌いなんかじゃない。

人間」にカナリ強い嫌悪感をもっていた。







自分が、その「人間」である事も解っている。

途中から、「自己否定」とか「自分責め」とかって、シックリ来ないなぁと感じ始めていたのだけれど。

わたしは、「わたし」の事は好きで気に入っているけれども、根本の「人間」というものを、1人の例外なく嫌悪していたからなんだなぁと思った。






わたしは、当時の環境も相まって、1桁の年齢の時から、常に「改善」を余儀なくされた(と思っていた)。

何か、滞り・問題・理想への憧れなどが起こった時、『まずは、自分の改善を』(と思っていた)というのが当たり前な状態で生きてきていた。

だから、いつも生き辛く、いつ世界がなくなっても良かったし、いつも悲しかった。






だから、滞り・問題・理想への憧れなどを前にして、自分を改善する姿勢のないような人(世界の、殆ど全員がそう!ここまで書いてきたように「本当に」という基準でよ)と会うと、腹が立って腹が立って腹が立ってしょうがなかった。






あんた、どれだけ温室で育ってこれたの?

あたしの前から消えて。





って伝えるのを、必死で抑えていた。

もちろん、そんな時も自己対話していたわよ。






そんなわたしだから余計に、「あんたらには、気合いも気概も努力も姿勢も、何もかも全っ然足りていない!!目障り!!」と、人間に嫌悪していた。







「(と思っていた)」と()書きしたように、詰まるところは、わたしが勝手にそう思ってしまっただけなので、誰かのせいでそうなった訳ではない。








本質的なところで言えば、正直、わたしの感性は変わらないだろう。







「浅い」「お馬鹿」に腹が立っているのではない。

学生さんの、中身がないような会話が聞こえてくると微笑ましく思う。

【自分が自分を観る視点】が、著しく疎かになっている状態で、平気で居られる様子に、腹が立っている。

純粋なエネルギーが好きだから、口先だけで実態が伴っていない状態にも気にかかる。

実績や・出来ている・出来ていないでなんか判断していない、【身口意揃って、やる気なのかどうか】の1点だけを観ている。






そういう感性をもつわたしだという事は、今後も変わらないだろう。

けれども、その“顕れ”は変えていこうと思う。

わたしの、あなたがたの、そういう部分を「かわいい。いとおしい」と捉えていこうと思うんだ。







人類は、例外なく全員が、愚かしいから。






秋分の日にかかっちゃったのは残念だけれど、感覚が変わり切る前のわたしの、書いておきたいと思っていた事は、ようやく書けた。

お片付け、終了。






わたしは昔から、日頃よく知らない方に声を掛けられる。






近頃では、ほぼ毎日通っている喫茶店の主(超常連さん)の伊藤さんに、とうとう話しかけられてしまい、ご挨拶をする仲になってしまった。






わたしは、8〜9割は自分1人で内側にこもる時間というのが必要な人間で、だから日頃1人で過ごす様にしている。

それなので、以前から伊藤さん(会話が聞こえてきて、お名前を知ることになってしまった)に気になられているのには気付いては居たけれど、声をかけられない様にしていた。

が、先日、とうとう捕まってしまった。笑






今のわたしは。

まるで外国の方のような、知り合いではない方だろうがお構いなく、声をかけたり・関係しようとするような、振る舞いを、発揮していこうかなって、思っている。






わたしは、「自分軸で生きていきたいぞ」と決めている。

あなたは、どうなさるんですか?






わたしと同様の事を掲げるなら、なんでもかんでも、とにかく、イチイチ、我がフリをご覧に。

他人や世界の事をとやかく言う時間が惜しいですよ。






わたしに、ピンときていらっしゃるなら、あなたの我がフリを直視する際にお申し込み下さい。



以下、全てLINEへ



ピンクハート取り急ぎ、ご提供メニューを簡易にお知らせピンクハート


ドキドキお茶会(10/16)  ¥10,000

「解っているけど動けない!」人同士で集まろう。



ドキドキ模擬顧客   ¥12,000

普段から「接客態度」にうるさく、また・劇団女優で無形商品大好き♡なわたしが、あなたのサービスのモニターになります。

「こういうお客様を想定」とご指示頂く事も可能です。


ドキドキ【ちゃこぴさん監修】感情解放セッション   ¥15,000

感情エネルギーがものすげぇわたしが、あなたの解放にお付き合い。


ドキドキ【ちゃこぴさん監修】龍頭図鑑定  ¥8,000

スピ色強めの星読み。龍頭図という盤面の、太陽星座・月星座より、シタゴコロ?!とも言うべきあなたの魂の望みを読み解きます。


ドキドキ不二子の体験&知識ぜんぶ持ってけ♡セッション「あなたを真理で読み解く」   ¥13,000

ご相談内容、何でもOK。


ドキドキ他にもあるけど、物理的な設定が追いついていません。「自分を生きる」前提であれば、何でも対応可能!ご相談頂いたら、メニューのご提案をさせて頂きます。


アップ現在PCの不機嫌が続いているため、全ての窓口はコチラより→  

 

 

 

image