FREEBIRDS ~自由な鳥たち~

FREEBIRDS ~自由な鳥たち~

FMS(線維筋痛症)、SPIDDM (緩徐進行1型糖尿病)
と闘いながら アロマライフを続けています。

Auroma.com

香川県高松市 Rosemary-Marineblue


テーマ:

梅雨明け頃から、毎朝3時に起きて1時間半ほどかけて血糖や強いクスリの副作用(フラツキ・吐き気)などの調整を行ってから45分前後をかけて水やりを続けています。(台風12号の時だけ1日休みました^^;)

 

 

しかし、どんなに頑張っても連日の猛暑によって日向においていたら枯れそうになるものが続出したので、今回50%遮光シートを導入しました。(両端は簡易ビニールハウスの骨組みを利用しています)

 

 

 

遮光シートで日陰を与えることによって明るさは70~80%確保されて、土の表面温度が約10℃下がってほぼ気温並みにKeepされているようです。(遮光率50%の場合です。これ以上の遮光はハーブには不向きと思われます。)

 

 

緑のカーテンも沢山の実をつけて頑張っていますが... 強烈な西日には苦戦しています。 太陽が真上に来た時にはハーブたちを守りきれない場合もあるので多年草(木)のパッションフルーツを横這いに矯正して各5本程度の垂直芽を伸ばそうとしています。うまくいけば2本で10本植えた分の役目を果たしてくれると思います。

 

 

 

ハーブティーは全部、フレッシュでいただいています^^  今季はレモングラスがお気に入りです。レモンよりレモンらしい甘い香りがしてクセもなくてとても飲みやすいティーです。

 

 

スイカやトマトも美味しく実りました。

 

 

この暑さでも圧倒的に元気なのが砂漠由来のアロエベラたちです。外の2鉢、窓際の3鉢みな元気です。 砂漠のスコールをイメージして1週間くらい放置して一気に水をやるとここぞとばかりに水分を蓄積して太っています。外で育った方が味もワイルドです。

 

 

 

 

ホーリーバジルとホワイトセージを今後のメインに加えようと思っています。 バジルの方は適応性が高くどんな条件でもそれなりに育っていますが... カリフォルニア生まれのセージは意外と直射日光に弱く、湿気も嫌うようで... 今のところ半日陰(木陰)が一番良い感じです。冬場の耐寒が-5℃と決して強くはないので冬の置き場を考え中です。 どの種も鉢植えでは大きくはなりませんが、移動させれることと根や土の状態が把握しやすく、根のオペや土変えなどで多くを助けてやれました。

 

 

 

涼しいところへ勝手に移動しているのもおります^^;

 


テーマ:

7月に入って中国地区で開催されたセミナーの帰りに中四国最大のラベンダー園 「黒瀬農園 香山ラベンダーの丘」へ寄ってみました。実は、我が家のハーブの大半がここの出身です。
 

 

当日の世羅高原は遥か遠くが望めるほど素晴らしい天気でした。

 

 

 

 

 

これほどにも美しい山陽道が翌日には平成最大の豪雨災害に遭おうとは誰が想像した事でしょう... 日々のニュースでその実態が明らかになるにつれて言葉を失ってしまいます。被災された方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。 

 

 

 

 

 

香山ラベンダーの丘(黒瀬農園)のスタッフの方々やご家族の方々の無事を確認させて頂いたうえで、この素晴らしいハーブたちの記憶を載せさせていただいております。

 

 

 

 

苗の育て方や棟の作り方、土質など多くの事を学ばせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

       

 

食道や売店のスタッフさんはとても親切でした。店舗以外でもすれ違った際には丁寧に挨拶をして下さいました。

 

 

 

 

 

強い日差しのときは日傘ベンチがとても涼しくて快適です。

 

 

 

生まれて初めてハンモックに揺られました。地上10㎝のゆりかごは小舟に揺られているようでとても気持ちがよかったです。

 

※何よりも蚊も('ω')|||||)/も1匹もいなかったことには感動しましたビックリマーク

 

 

 

ハーブの苗は種類が充実していて、元気な苗が150円均一と、とても安く販売されています。

 

 

苗のネット直販もされています。

(現在は中国各地の道路の復旧中で発送はできません)

 

ダウン

 

黒瀬農園 香山ラベンダーの丘
http://www.mcat.ne.jp/~kurose/

 

 

 

         


テーマ:

4月に種をまいたゴーヤは3mを超えるほどに伸びてハーブたちを西陽から守ってくれるまでになりました。

 

 

よく見たら方々に実がぶら下がっていました。大きいもので20センチ位になっています。

 

 

 

更に高くまで蔭の密度を高めて玄関まで涼しくしようと、パッションフルーツをセットしています。

 

 

こちらは多年草(木)なので冬場はどうなるのかな?(ゴーヤも沖縄では多年です。)

 

 

 

 

もう一カ所、犬隠し用に5月に入ってから2本のゴーヤを植えています。こちらは摘芯だけで幅を持たせました。(葉っぱの向こうに▼・ェ・▼が座っています。これならグーグルで中まで覗かれる心配はなくなりました。)

 

 

こちらにも実がぶら下がっています。緑の方は20センチUPと今、一番大きい実です。もう食べれるのかな? 

 

千切るタイミングが分からない....ガーン

 

 

 

 

 

 

一方では夏場のビニールハウス(骨組み)を利用して黒玉スイカを育てています。

 

第20節に着果した黒玉スイカを大きく育てています。 時間差で別の株からもう一個を選別して着果させる予定です。

 

昔から一番なりは捨てろと言われていますが、養分が一気に成長が旺盛な先端まで行ってから戻ってくるようなイメージかな? ここに甘いのが溜まりますように...

 

・着果
1株からの着果は、2個に制限したほうが、
甘くて良いスイカに育ちます。

 

13~23節くらいの3番花に着果するのが良いとされています。
これより手前に着果するとスイカが小さく歪むことがあります。

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス