この言葉に守られる【第四四番】もえ出ずる 若葉の色ぞ 美しき 花さき 実る 末も見えつつ | 編集者 福田清峰の I Love You

編集者 福田清峰の I Love You

「5年愛される本づくり、そして10年愛される本づくりへ」をモットーに書籍を編んでいます。
ゴルフとバードウォッチングにハイキング、山登り好きです。
そして写真、ライブに演劇、バレエ、映画鑑賞と美術館めぐりが大好きな編集者&カメラマンです。


テーマ:

今月も、引いたおみくじに記(しる)された行くべき道を真摯に受け入れたいと思います。

 

 

一日参りには、老若男女、多くの人々が訪れる東京大神宮。

「何事もない日常」と「この先の成功」の願いを込めて足を踏み入れ、「神拝詞(となえことば・しんぱいし)」に願いを託します。

-----

祓え給い

 清め給え

神ながら

 守り給い

  幸え給え

 

はらえたまい

 きよめたまえ

かむながら

 まもりたまい

  さきわえたまえ

----

 

 

参拝した神社:東京大神宮(東京・飯田橋)
番号:第四十九番(第49番)
運勢:末吉

 

今回もおみくじに書かれている言葉に感動しました。

 

 

-----

もえ出ずる

若葉の色ぞ

 美しき

花さき

 実る

末も見え

  つつ

-----

 

この言葉の意味を理解するための解釈ポイントです。

「花さき」=花咲き。

「末」=未来。

 

この言葉の意味はこんな感じでしょうか。

 

美しく若葉が萌え、そして花が咲き、いずれ実が実る。

物事は順番に流れていく物だからあわてずに一歩一歩しっかり生きていきなさい。

 

 

この言葉を、このおみくじでは、具体的にこんなふうに解釈して、自分の人生をしっかり生きていきなさいと教えてくれています。

 

 

-----

次第次第に運がひらけて盛になります

あまりに一足とびにとんで事をしようとするとあやまります

時を見て心ながくのぞみを達しなさい

-----

 

 

願望 にわかに事をなさんとすれば災あり

待人 おそけれど来る

失物 出る 低い所

旅行 よろし さわりなし

商売 次第に上がりて利

学問 早目に目標を立て全力を尽くせ           
相場 上がる気配あり

争事 勝つとも損あり

恋愛 誠意を示すことが大切

転居 十分ならず

出産 さわりなし 安産

病気 弱気にならねば治る
縁談 叶うともおそし さわげば破れる
 

「学問」が「早目に目標を立て全力を尽くせ」となっています。
かなり具体的な指示なので、合格祈願、学業成就を願った人は、とにかく実行しましょう。

「恋愛」は、とにかく誠意を示すことです。

 

気を引き締め直し、起こることはすべて、神様が望んだこと。

そう信じて、駒を前に進めます。

 

 

     AD

 

 

編集者 福田清峰さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス