簒奪者の恐怖 | 頭の中の秘密基地

頭の中の秘密基地

不思議なめぐり合わせですが、ようこそいらっしゃいました。結構ホンネで語っています。60歳を過ぎた人生のバックパッカーのブログです。
一日に数本書いていますので、遡って読んで下さいね。

・・・・・・・っということで、中国の歴史を見ていくと、革命の歴史だなぁ~とつくづく思います。

殷、周、秦、漢、三国時代、晋、南北朝、隋、唐、五代・十国、宋、元、明、清、中華民国、中華人民共和国となるのですが、なかなか覚えられませんね。(^_^ゞ

国家滅亡の数となると、途中に春秋戦国時代があって容易に数えられません。

そこで、春秋戦国時代を除いて、ざっと数えてみると、ちょうど50回ありました。(暇だなぁ~)

滅亡する原因として挙げられるのは、戦いに負ける、外国に侵略される、簒奪される、分裂、併合、そして革命でしょう。

どれも「暴力」によって交代しています。

それ以外というと、「禅譲」でしょう。

以下が禅譲の数です。

前漢 - 新
後漢 - 魏 - 西晋
東晋 - 宋 (南朝) - 斉 (南朝) - 梁 (南朝) - 陳 (南朝)
東魏 - 北斉
西魏 - 北周 - 隋 - 唐 - 後梁
呉 (十国) - 南唐
後漢 (五代) - 後周 - 北宋

数えてみると15回。

15/50の確率です。

政権交代の70%が暴力によるものです。

これが多いか少ないかは、「万世一系」とする日本は何も言えません。^m^

・・・っで、香港問題。

理解できないのが中国の過剰な反応です。

155年間(1842-1997)待って戻ってきて、放っておけば(2047年まで)あと27年待てば完全に自分の物になるのにです。

たった27年が待てないのです。

それは【恐怖】によるものです。

革命と称する暴力によって政権を得た【簒奪者】にしか分からない恐怖なのです。