現ナマの威力 | 頭の中の秘密基地

頭の中の秘密基地

不思議なめぐり合わせですが、ようこそいらっしゃいました。結構ホンネで語っています。60歳を過ぎた人生のバックパッカーのブログです。
一日に数本書いていますので、遡って読んで下さいね。

・・・・・・・っということで、去年の10月1日から消費税率が2%引き上げられ10%となりました。

消費税の1%引き上げによる税収増加は約2兆円に相当するそうです。

2%の引き上げで4兆円の税収増となったわけです。

一方、特別定額給付金。

事業費総額は12兆8802億円で、約1458億円のコストをかけて全国民に配布するというもの。

実を言うと、老人ホームに入所中の母と姉にはまだ振り込まれていません。

県外に住むぼくが手続きをしたため、遅れているのです。

もし、ぼくがいなければ母と姉は特別定額給付金の恩恵(?)を間違いなく受けられずに(知らずに)終わっていたことでしょう。

このように、給付金を受け取れずに終わる身寄りのない高齢者は、全国に沢山いることでしょう。

財務省は一般会計予算に回す税収と、国債発行で得る(金を刷る)予算では性質が全く異なると主張したことでしょう。

しかし、公平に行き渡るという意味では消費税減額のほうが、フェアでしょう。

景気に及ぼす効果も断然大きいでしょう。

10万円が株というギャンブルに回るよりずっとイイでしょう。

・・・っと思うのですが。

現ナマのほうが嬉しい?

(ーー;)