皆さま、こんばんは~音譜

 

 

輪郭を整えたり顎を作ったりするには、どうしてもそれなりの注入量が必要で、

 

ボリュームロスやたるみが大きいのに、ヒアルロン酸1本だけ・・・とか入れても

 

「・・・・真顔はてなマーク

 

どこが変わったん???

 

フィラー(ヒアルロン酸)注入なんて、全然良くないやん真顔・・・

 

ってなってしまいますあせる

 

 

が、少ない注入量で満足度が大きい部位もあって、それは

 

目元のベビーコラーゲンキラキラ

 

 

両側でベビーコラーゲン0.5㏄注入した直後です。

 

ななめから下矢印

 

 

とにかく目元というのは、一番目がいくところだし、

 

目元に影があると、それだけで顔が暗く、老けて疲れた感じになってしまいますえーん汗

 

 

これをヒアルロン酸でやっちゃうと、数か月もしないうちにチンダル現象で青グマになってしまったり、笑った時に、眼輪筋内のヒアルロン酸がボコッと浮き出てソーセージみたいになってしまうので、

 

 

目元の注入は、絶対にベビーコラーゲンがおススメですチョキ

 

 

目元への注入は、見た目が改善するだけでなく、将来的に眼窩脂肪が逸脱してバギーアイ下矢印

 

バギーアイといえば、三国廉太郎やないかいパー。これはこれで味があってよかったけれども・・・

 

になってしまうのを、予防してくれる効果もあるんですぜぃニヤリグッド!

 

あるいはバギーアイがすでに進行していても、ベビーコラーゲンを目元に注入することで、

 

逸脱した眼窩脂肪を押し戻してくれる効果がありますビックリマーク

 

もちろん効果には限界がありますが、

 

元々目の下の皮膚って、め~っちゃ薄いから、

 

 

こんな少量のベビーコラーゲンごときでもそこそこ補強になるわけですウインクグッド!

 

 

ただし、ベビーコラーゲンにも欠点はあります。

 

 

それは、持続が短い・・・・・汗

 

 

特に最初は、「お、いい感じチュードキドキ」と思っていても、

 

1か月もすると「もう減ってきた~~~~びっくり​​​もやもや」ってなります。

 

が、繰り返しの注入で、だんだんご自分のコラーゲンが増えてきて効果が定着してきます。

 

 

しばらくの間は、美容院にカラーリングに行くぐらいのペースで注入にお越しいただきますが、だんだんと注入量も減り、間隔も空いてきます。

 

 

ご希望の場合は、ベビーコラーゲンにポリカプロラクトン(エランセと同じ成分)を混合したものも同じ料金で注入可能です。

 

 

ポリカプロラクトン混合の場合、最初の数回はベビコラ単独より減るのが少し早く感じますが、コラーゲン誘導作用はより強くなるので、効果が定着してくると、より長く持続するようになります上差しキラキラ

 

 

線2線2線2線2線2線2線2線2線2線2線2線2線2線2線2線2線2線2

今回の施術で使用したフィラー製剤は

ベビーコラーゲン 0.5ml 60,000円

別途注入手技料2,500円 麻酔クリーム代1,000円、カニューレ針代 1,000円が必要です。(税別)

この方はお写真を使用させていただくモニター様でしたので、治療費はモニター価格でおこなっております。

 

フィラー注入には内出血・紅斑・アレルギー・血流障害による皮膚障害などのリスクがあります。内出血はベテランの術者がおこなっても、100%避けることはできません。最も注意すべきはフィラーによる血管塞栓(特に動脈塞栓)ですが、塞栓は解剖学の熟知と手技の熟練によって回避することができます。

 

いわクリ日記もよろしくお願いしますピンク音符

 

皆さま、こんばんは音譜

 

長くなりましたが、シリーズの最終章です。

 

最後に、オトガイ筋を緊張させたときのビフォーアフターの違いを見てみましょうニコニコ上差し

 

 

・・・違いは一目瞭然ですねニヤリ~。

 

 

Beforeではオトガイ筋を緊張させると、顔が横に広がり、顎の形も崩れ、輪郭が総崩れ・・・・ガーンですが、

 

Afterでは、さほど輪郭が崩れずに保たれています。

 

下制筋群の力が抑えられているため、間接的に広頚筋にも力が入りにくくなって、首の筋浮きもあまり出ていません。

 

 

恐ろしいことを言っちゃいマショウカ・・・

 

 

加齢で委縮が進行し、表情筋のバランスが崩れると、

 

ブサイクな表情をすると、よりブサイクになるんです~~~~笑い泣き笑い泣き笑い泣きあせる

 

 

 

そして、これでほんまに最後の写真下矢印

 

 

上顔面には今回注入していないのですが、

 

明らかに、Afterの方が目の開きが良くなっている目ビックリマーク

 

 

わざと目を開けてる?

 

 

いえいえ、今回はプロの撮影が入ったので、実際はかなりの枚数を撮影しているのですが、どの写真、どのアングルで見ても明らかに目がパッチリ目しちゃってるんですよ。

 

(なんなら眉間の緊張も取れてるかな。特に斜めの写真。)

 

 

なんでか・・・・って、考えたんですが

 

今回、注入した部位で

 

※注入層は眼輪筋の下です

 

 

この2か所の注入が、眼輪筋の下に入っていて、垂れ下がった眼輪筋をふっくら持ち上げる???

 

そうすると、眼輪筋の余分な緊張が取れて、目が開けやすくなるのではないか???(自信がないからグレイ・・・)

 

う~ぬ、ちゃんと説明できないのですが、結局は足りなくなったボリュームを適正に回復してやれば、どの表情筋もより正常な機能に近づくのではないかなと思うんです真顔!!(これですべての説明がつくわい(笑))

 

ボトックスの巨匠、まる子先生の意見を聞いてみたいところ(笑)。

 

では、さいならバイバイ

 

皆さま、こんばんは~音譜

 

前回記事の続きです下差し

ジュビダームビスタボラックスで美しいフェイスラインを造る!~表情筋の調律効果その2~④

 

前回は、ヒアルロン酸で口角を引き下げる右下矢印筋肉の力を弱める話について書きましたが、

 

今回は口角を引き上げる方の筋肉の話デスパー

 

口角を上に引き上げる右上矢印筋肉の代表は・・・

 

大頬骨筋(だいきょうこつきん)デス下矢印

 

大頬骨筋は頬骨から起始して、口角の皮膚に停止しているので、大頬骨筋が収縮すると口角が皮膚ごと持ち上がるわけです右上矢印

 

ところが、筋肉の下にある骨(頬骨)や脂肪(SOOF)が委縮して、頬部の膨らみ(凸部)が失われてくると、大頬骨筋の機械的優位性が低下し、収縮力が低下しますダウン

 

また皮膚がたるむとそれに伴って口角も下がり、大頬骨筋の起始である頬骨と停止である口角の距離が長くなってしまいます。

 

大頬骨筋の筋繊維が引き延ばされると、安静時の適度な緊張と収縮力が弱まります。

 

下矢印下矢印下矢印

 

その結果として・・・さらに口角が下がります~右下矢印右下矢印右下矢印物理が苦手だから、いまいちうまく説明できへんのやけどあせる

 

 

つまり、大頬骨筋の収縮力を回復して、口角を上げる右上矢印右上矢印右上矢印には、失われた膨らみをヒアルロン酸で作ってやればよいパー・・・わけで。

 

 

この症例では、

 

黄色で囲った、頬骨の骨上や、内側SOOF内(内側SOOFは大頬骨筋の下からは少しずれているけれど、内側SOOF内にヒアルロン酸を注入して頬の凸をふっくらさせることで間接的に大頬骨筋下の膨らみ(凸)も増す)にヒアルロン酸を注入して頬をふっくらさせることで、

 

大頬骨筋の機械的な優位性が増し、筋肉の収縮性が回復することによって下制筋とのバランスが整い、口角が上がる右上矢印右上矢印右上矢印

 

 

まあこんな感じか(笑)。

 

分かったような、分からんような、でしょニヤニヤ。ここまではなんとなく流し読みしてくださいバイバイ

 

個別に表情筋ひとつひとつについて考えていくと、なんかドツボにハマっていきそうなんですが、要~するにこういうことなんですわ。

 

 

加齢で骨格や深部脂肪が委縮変形してゆくと、骨に起始を持ち、停止を皮膚に持つ表情筋の収縮力に変化が起こる。

 

結果、あちこちで表情筋のバランスが崩れ(下制筋優位になる)、表情にも変化がおよび、より加齢変化も加速する。

 

ヒアルロン酸で骨格や深部脂肪の委縮変形を元に回復させると、自然に表情筋の収縮力やバランスも回復する。

 

 

ここで、もうひとつ写真をお見せしますね。

 

 

思い切り笑顔爆  笑を作ったとき。

 

 

Afterの方が、より口角が上がっていますね右上矢印右上矢印右上矢印

 

大頬骨筋の機能が改善していることがよく分かります。

 

逆にBeforeでは、口角を横に引っぱる笑筋が優位になってしまっていて、口が横に広がるだけでなく、顔の幅も横に広がっています汗

 

Afterでは、口角が上がっているだけでなく、思い切り笑っても顔幅が横に広がることなく、シャープな輪郭が維持できでいますグッ

 

 

今回はボトックスを使っていませんが・・・、実際にはボトックスも併用して表情筋の調整を行います。

 

 

このシリーズはあと1回で終わる予定です(笑)。