以前ご紹介した「フィラー注入が適応にならない場合 」の経過#1の続きです。

 

今回の施術は・・・

 

ご本人がほうれい線、マリオネットライン、そしてたるみが気になる・・・ということと、ご予算の関係から、

 

スレッド(PLAコグ×片側2本ずつ)赤い矢印と、青で示した部分にはヒアルロン酸製剤ジュビダームボリフトXCを1本(1㏄)注入させていただきましたニヤリ!!結果がこちら↓

 

 

ヒアルロン酸は針で浅いところに注入しているため、少し内出血が起こっています(#´`#)鋭針を使用し口元に注入する場合、どうしても内出血を100%避けるのは困難ですあせる

 

前回の施術直後と同じぐらいの状態に戻っているかと思いますニコニコビックリマーク

 

横顔を見てみると・・・

 

 

顎下のたるみがかなりスッキリウインク!!

 

ほうれい線やマリオネットラインはあまり平らにし過ぎない方が自然ですニヤリキラキラグッ

 

線2線2線2線2線2線2線2線2線2線2線2線2線2線2線2線2線2線2

今回(2回目)の施術で使用したフィラー製剤は

ジュビダームボリフトXC 1本  80,000円

PLA‐Zコグ 1本当たり 20,000円×4本=80,000円

別途注入手技料2,500円 麻酔クリーム代1,000円、カニューレ麻酔代 2,000円が必要です。(税別)

この方はお写真を使用させていただくモニター様でしたので、治療費はモニター価格でおこなっております。

 

フィラー注入には内出血・紅斑・アレルギー・血流障害による皮膚障害などのリスクがあります。内出血はベテランの術者がおこなっても、100%避けることはできません。最も注意すべきはフィラーによる血管塞栓(特に動脈塞栓)ですが、塞栓は解剖学の熟知と手技の熟練によって回避することができます。

 

スレッドリフトの効果は永久ではなく、糸が溶けるにつれ効果が減弱してゆきます。糸が溶けるにつれ糸周辺のコラーゲンが増加し、徐々にタイトニング効果が得られるようになりますが、1回程度の施術では効果を実感しにくいことがあります。施術に伴って起こりうる副作用として、感染・糸の露出・内出血・1週間程度持続する疼痛・皮膚の凸凹・引きつれ・糸刺入部の色素沈着・左右非対称などがあります。いずれも適切な処置により、対処可能です。

 

 

半年前にこちらでご紹介させていただきました、モニター様症例の経過をご紹介させていただきます照れ音符

 

まずはこちらの記事をお読みくださいませ下矢印下矢印下矢印お願い

 

フィラー注入が適応にならない場合

 

フィラー注入が適応にならない場合②

 

・・・あれから半年が経過し、先日メンテナンスにご来院いただきました。

 

スレッド(糸)10本入れて、半年後、いったいどうなっているのか!?

(施術直後の写真を出しているクリニックはたくさんありますが、なかなか長期経過を見る機会はないですよね汗

 

こちらが半年経過したお写真です下矢印下矢印下矢印

 

 

・・・パッと見た感じ、かなり元に戻ってしまっている・・・・滝汗・・・。

 

まあスレッド(糸)は半年経過するとこんな感じですあせる。直後はぐい~~~アップアップアップって上がりますが、糸の端っこがどこかに固定されているわけではなく、トゲトゲの返しで組織に引っかかっているだけなので。さらに、溶ける糸なので、糸の強度も徐々に弱まり、返しも外れていきますから・・・あせる

 

・・・・でも、もう一度お写真をじっくり見ていただくと・・・・

 

施術前よりは、半年後の方がなんとな~く若々しくなっているのがお分かり頂けますかニヤリ?施術前と6か月後を比較すると、なんとなくお顔がシュッと引き締まった感じキラキラ

 

これがスレッドの真骨頂と言いますか、糸が溶けるにつれ糸周辺のコラーゲンが増加し、徐々にタイトニング効果が得られるようになるのです。

 

1回・1回は劇的な変化ではないのですが、定期的に繰り返してゆくと徐々にお顔がタイトニングしてゆきます照れ音符

 

そして今回のメンテナンスは、スレッドの追加と少しだけフィラーを使いました。それは次回にご紹介ニヤリグッ(続きます。)

 

スレッドリフトの効果は永久ではなく、糸が溶けるにつれ効果が減弱してゆきます。糸が溶けるにつれ糸周辺のコラーゲンが増加し、徐々にタイトニング効果が得られるようになりますが、1回程度の施術では効果を実感しにくいことがあります。施術に伴って起こりうる副作用として、感染・糸の露出・内出血・1週間程度持続する疼痛・皮膚の凸凹・引きつれ・糸刺入部の色素沈着・左右非対称などがあります。いずれも適切な処置により、対処可能です。