ふぃぎゅあいてむのブログ

ふぃぎゅあいてむのブログ

フィギュアやお人形を効果的に演出するためのミニチュア小道具を集める日々。


テーマ:

久々にポケモンのガチャガチャをやりました。

『ポケモングッズコレクション おやくだちスペシャル3』

いわゆるポケモン版デスクトップフィギュアです。

タカラトミーアーツさんの200円ガチャガチャで全5種類。

ラインナップは

 

 ・ピカチュウ

 ・イーブイ(スイレンの個体)

 ・ギャラドス

 ・コダック

 ・イワーク

 

現行最新シリーズであるピカブイがモチーフでしょうか。

すべて赤緑の第1世代ポケモンですし。

 

 

まず出てきたのはコダック。

 

ちょこんと座ったポーズで、メモなどの紙を挟めます。

 

それはさておき、フィギュアとしてはなかなかいい出来。

艶消し塗装なのでおもちゃ感のある安っぽさがありません。

 

 

そしてこの顔である。

 

瞳のプリントがずれているのがポイント。

狂気じみた感じがすごくいいです。

 

子どものときは気にならなかったけど、

今見ると、コダックってこの感情を読み取れない感が魅力ですよね。

 

 

 

もう一体、ギャラドス。

いかつい系が好きな人には嬉しいです。

 

こちらはペンスタンドだそうで、

水エフェクトの部分に横倒しで置けます。

スタンドとして使う人はどのくらいいるのか…

普通にフィギュアですねこれは。

 

 

 

 

 

エフェクトの効果が効いています。

他のラインナップとは明らかに別格な感じ。

 

 

 

 

 

 

 

どの角度から見てもいい感じです。

 

これと、関節可動するイワークはアタリ枠ですね。

イワークも欲しかった……

 

 

エフェクトと本体は別パーツで、開封したら組み立てます。

本体だけでもこのように自立するので、

ウォーターラインフィギュアとして遊べそう。

 

 

どこかで見たことがあると思ったら、バンダイさんの食玩でした。

ちょうど1年前くらいに発売された『必殺!キメワザポケモーション!』

既視感の正体はこれか。

シチュエーションはもちろん、大きさ的にもそっくりです。

本体がクリア成型ではない、ヒレの有無など細かい違いがありますが、

そんなのどうでもいいくらい似てます。

 

 

なお、ポケモーションで放っている技は「りゅうのまい」

でも、最初期のアニメを見ていた懐古ファンにとっては

断然「りゅうのいかり」に見えます。

複数体いるとなおさら。

5体くらい揃えて円陣を組ませたくなります。

 

 

ということで、『ポケモングッズコレクション おやくだちスペシャル3』の紹介でした。

今なら300円にされてもおかしくないクオリティなだけに、

これで200円は嬉しい限り。

この辺りの値段設定も赤緑世代への配慮?違うか。

 

今度、このフィギュアでいろいろ遊んでみたいと思います。


テーマ:

『伝説の宝箱Ⅳ ~黄金の国編~』で遊んでみました。

 

まずは忍者がドロン!

こちらはエポックさんのガチャガチャ『机上忍者』です。

完全に……ハマっています。

世界観がかみ合いすぎです。

宝箱の中から箱より遥かに小さな人間が出てくるという違和感が

一切ありません。

 

箱を開けたら東洋風の竜が登場。

 

 

 

狐の面。

 

なんか特殊な効力を持つアイテムなのか。

 

 

 

ダブルこけし。

何気に同じタカラトミーさんのガチャガチャ。

 

ぶっちゃけ、和風なものならば何でも似合うかも。

 

 

 

 

みんな大好き、寿司!

リーメントさんのぷちサンプルシリーズです。

 

普通にこういうお節兼海鮮丼的なものに見えるから不思議。

 

 

中身の巻物の使い道を考えた結果。

 

やるな東洋風宝箱……遊びまくれます。

去年末に紹介したクマムシフィギュアで遊んでみた編です。

 

街を暴走するクマムシ。

絶対ウチのアリ軍団より強いだろこれ(確信

 

 

 

ご自由にどうぞ。

 

これほどご自由にお持ち帰りする気にならないものも少ない。

 

何気に、今まで紹介した画像よりも

クマムシが背景に溶け込まずしっかり姿を確認できるほど鮮明なのがキモい。

 

 

宝箱を開けたら…

 

完全に外れ。

 

 

ジュラシックパークにて。

 

T-rexより怖い件。

 

 

 

 

ハイウェイを闊歩する巨大クマムシ。

 

 

 

ちゃんと道路内に収まっているのが何気にかわいい?

 

まあ、収まらなかったら転落するだけですが。

 

 

 

東京駅舎を襲撃。

 

どこのシン・ゴジラだ。

クマムシの色が色なので、ヤシオリ作戦が成功した瞬間に見えなくもない。

 

今年はどんなフィギュアやミニチュアと出会えるか、楽しみですね。


テーマ:

タカラトミーアーツさんのガチャガチャ「伝説の宝箱」シリーズに

まさかの第4弾が登場。

それも、『伝説の宝箱Ⅳ ~黄金の国編~』

これまでのドラクエFF的なイメージから一転、

東洋風の世界観に一新しました。

これにはやられた!という感じ。

 

1回200円で全6種です。

 

 

宝箱の形状は全種共通。

金の部分がシールになっています。

シールなのに凹凸がしっかり再現されていてすごい。

各所の○は点字みたいになっています。

剥がれやすいのが玉に瑕。

 

 

蓋には家紋のような模様。

こちらも立体的な仕上がり。

陰陽や阿吽を三つ巴みたいにするセンスが素敵ですね。

 

 

 

横から。

きらびやかでカッコいい。

 

 

気になる中身は、扇と巻物。

2回やって出てきたものを1つの宝箱に押し込んでいるだけです。

ラインナップは

 扇系「飾り扇」が朱と金の2種、

 巻物系「秘伝乃書」「黄金国伝承」の2種、

 小判系「黄金の宝」「輝く黄金の宝」の2種で、全6種。

 

輝く黄金の宝はLEDで光るそうです。

 

 

 

大きさはこのくらい。

ガチャぶんの1シリーズだけあって、

12分の1スケールフィギュアと絡ませやすいサイズです。

 

宝箱としてだけでなく、玉手箱的な扱い方もできるかな?

 

 

従来の西洋風宝箱より小型。

でも、雰囲気がいいので存在感は負けていません。

 

 

巻物がなげえの。

なお、展開できる巻物は1つだけで、

宝箱に入っている束は完全にフェイクです。

全部一体化しております。

でも、こっちのほうが遊びやすくて使い勝手もよさそう。

 

全ての巻物をシャンパンタワーみたいに綺麗に積み上げるのは

想像しただけで面倒です。

 

次回以降、黄金の国の宝箱で遊んでみたいと思います。

タカラトミーアーツさんの200円ガチャガチャ

『不思議生物大百科 極小の共存者 微生物』より、

シークレットのクマムシです。

 

片付けていたら、保存状態が良い姿で発見。

普通、こういったクリア素材のものは

経年劣化による見た目の変化が著しいはずですが…

厳しい環境をものともしないとは、

フィギュアとはいえさすがクマムシ。

 

見ての通り、全身がクリア素材成形。

内臓など有色部分は塗装により再現されています。

一般的にはクリア素材は部分的に使ったり

グラデーション塗装をかけたりする使い方ですが、

このクマムシはほぼクリアの中に色を描き込むという

逆転の発想で創られています。

コペルニクスかい。

 

 

…なのはいいのですが、肝心の見栄えとしては、

クマムシ?といった具合。

 

そもそも、クマムシってこんなに透明なの?

一般的なイメージでは黒か茶色系で、

少なくとも無色ではないと思う。

 

解説書にその辺の説明があれば完璧なんだけど。

それとも、ほかの微生物に合わせて透明仕様にしただけ?

 

 

 

 

まあ、普通に得体の知れない生物のフィギュアとして

充分に楽しめますけれどね。

 

 

 

こんな風に。

なんつーか、パラサイトイヴみたいな……

 

ロイコクロリディウムというカタツムリの寄生虫に見えなくもない。

このサイズで存在していたらこの地球上は地獄に違いない。

 

海洋堂さんのクマムシフィギュアと。

こちらは300円ガチャガチャ。

 

……だいぶ違うのですが。

まず、色が全然違う。

そして角(?)の有無。

種類によってはこういった差が出るのかな?

 

次回は、クマムシフィギュアでいろいろ遊んでみたいと思います。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス