脱!”自分迷子”を叶える

自分の答えを手に入れ、自分らしく生きる私になる

無料メール講座はこちらから

 

 

 

ライフコーチの石原瑶子です。

 

今日は、成長を止める危険な言葉シリーズです。

 

と書いていますので、

よかったらこちらも参考にしてください。

 

 

さて、今日紹介する

あなたの成長を止める危険な言葉は

 

「そんなつもりじゃなかったんだけど怒」

 

 

これは、自分の伝えた意図と

相手の受け取った意図が違った時に

よく出る言葉ですよね。

 

 

 

 

これは使うことが悪い言葉というより、

 

 

「そんなつもりじゃなかった」

 

と言った後に続く言葉や行動を観察することで

 

成長を止める言葉になる

もしくはそうでないか

別れる言葉だと思っています。

 

 

 

そんなつもりじゃなかった

怒ったり、すねたりしている人

 

そんなつもりじゃなかった

という言葉の後に


(だから私は悪くない!

なぜそう受け取ったの?)

 

無意識や心の中で

相手のせいにしている場合が

ほとんどではないでしょうか?

 

 

そんなつもりないのに、
なんでそう受け取るわけ?
って

相手を責める言葉で直接表現するのも同じ。

 

 

だけどここで考えてみて欲しいのが

「そんなつもりじゃなかった!!怒」と

怒ってみたり、

「伝わらなかったこと」に拗ねて

相手のせいにしてみても。

 

 

何も変わらないし、

何も学べないと思うんですね。

 

 

 

だからぜひ、

じぶんダイブ!

(自分と会話)をして

ご自身を観察をして欲しいんですね。

 

 

「そんなつもりじゃなかった」と

なぜ言いたくなったんだろう?

自分自身に聞いてあげる。

 

 

 

そうすると、

  • 大好きな人に伝わらなかったのが悲しいとか
  • 自分の伝え方が至らなかったのかと感じて悲しい、悔しい
  • 相手の受け取り方に嫌な部分があって傷ついた
とか、色々出てくると思います。
 
 
そうやって自分と対話し、
向き合っていくと
 
自分が何に反応するのか?
 
自分の嫌なことや
大切にしたいことも明確になって
自分を知っていくことができます。
 
 
これだけで、成長につながる。
 
 
そして、自分のことがわかったら、
それを踏まえて、
 
 
次からもっと伝わるように学んで
伝え方を工夫することもできるし、
 
自分と向き合った上で
自分にとってこれはエネルギーを
かけるのが勿体無いと思ったのであれば
 
とりあえずこの場は穏便に済ませ、
次からは伝えない選択を
選ぶこともできるかもしれないし、
 
相手と腹を割ってじっくり話す時間を
作ってみるなんてこともありかもしれない。
 
 
人のせいにせず、自分に潜ると、
選べる自分になるわけで。
また成長することができます。
 
 
なので、
もし「そんなつもりじゃなかった」と
言いたくなった時には、
 
 
自分と向き合うチャンスと捉えて、
 
 
「なんで言いたくなったかな?」
「(人のせいにして)成長を止める言葉として使っていないかな?」
 
と自分に聞いてみて欲しいなと思います。
 
 
 
今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました!
 

 

ライフコーチ 石原瑶子

 

 

 

下矢印SNSやウェブサイトも

よければ、

覗いてみてください

 

 

 

脱!”自分迷子”を叶える

自分の答えを手に入れ、自分らしく生きる私になる

無料メール講座はこちらから

 

こんにちは。

ライフコーチの石原瑶子です。

今日はメールレターで

反響が大きかった記事を

そのままアップしたいと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

こんにちは。
ライフコーチの石原です。


クライアントさんが、
 

<<セッションの際にメルマガ参考になります。
ブログも見てます。ありがとう>>

 

なんて言ってくれるものだから
突き動かされて書いています。


今日は人のせいにした時点で
終わりという話
をします。


自分で自分の人生を作ろうと思った時、
人のせい、環境のせいにするのは、
やめるべきです。



「べき」というのは、
普段使わないのですが、
ここではあえて使おうと思います。


人のせい、環境のせいにするのは
とっても簡単です。


自分の人生が上手くいかない理由を
自分以外の何かのせいにすればいいから。


これは、自分のせいにして
自分を責めろ

と言っているのではありません。


人のせいや何かのせいにせず、
自分も責任を負う。


つまり、
自分にも責任があるとしたら、
自分はどう関わるか
【自分が】選ぶということです。


もっと掘り下げると、
その事象に対して自分がどう関わるかを
選ぶことで、
人生を【自分が】決めていくということが
できるようになるんですね。



例えば
これは言われて嫌だな
と思うことがあったとします。



そのときに、
あなたが相手に
それを伝えないという選択をした
とします。

(言えない環境だった、
言える状況じゃなかったというのは
環境や人のせいにする言い訳)



そしたら、また次会ったときに
同じことを言われたとしますよね。


そのときに、自分の責任で


人生を生きていない人は、
「あいつのせいで嫌な気持ちになった」とか
「あんなこと言うなんて信じられない」とか
「デリカシーがない人だ,ありえない」とか

相手を責める言葉を言います。


自分の人生を生きている人は、
ここで考えます。

 


あのとき言わない選択をした

自分がいたよな。

 


言わない選択をすると言うことは、
相手はもう一度同じことを
言ってくる可能性はある。


その上で自分が言わない選択をしたよな。


言わない選択をした自分も
今回の件を引き起こしているな


じゃあ、どうする???


って自分に聞くことができるんですね。



そして、言うエネルギーを
使いたくない相手であれば
お付き合いをやめる
という選択をするかもしれないし、


これからも付き合って行きたいのであれば
伝える選択をするかもしれないし、
伝えるとしても方法もどうするか?
自分で決めていくことができるんですね。


こうやって一つ一つ自分の人生を
自分で選んでいくわけです。


人のせい、環境のせいにしない
というのは慣れない人にとっては
ラクではないかもしれない。



でも、自分で決められる人生というのは
とてもとても楽しいです。





わたしは、
自分はできるとこまでやったけど
どうしようもないことに関しては
今回は星のせいにしようなんて
星のせいにすることもあります。


矛盾しているようだけど、
この件は星のせいにすると
【自分が決めて】そうします。



絶対に自分の人生は自分で決めるし創る。
だから決して人のせいや環境のせいにはしない。




コーチングを学んでから
そう決めています。

そうやって決めて行動し始めて、
ちょっとずつ人生は変わりました。


怖いな〜と思うこともありつつも
自分で好きに人生を決めていけるし、
理想の人生に近づいて、


「ぴったりの人を見つけたね」
と言ってもらえるパートナーとも出会い、
経済的にも豊かになったし、
自分の自由な時間もすごくすごく増えました。


人生を真剣に生きる
クライアント皆の姿を見せてもらえる
コーチングという仕事はとてつもなく楽しい



でも、私もまだまだで、
気をぬくと、
「あ、人のせいにしようとしてたわ」
って気づくこともあります。



だけど、自分で気づいて

修正できるところまで
3年くらいトレーニングしてなりました。


これは私は遅い方だと思うし、
自分にコミットしてどれだけ丁寧に
向き合ってきたかで

この期間は決まると思います。


でも、力まずににね^^
焦るのは逆に遠回りになると
個人的には思っています。


さて、
このレターを読んでくださっている
あなたは自分を取り戻したいとか
人生をもっと良くしたいとか、
理想を叶えたいとか。



いろんな理由があって、
このレターを読んでくれていると思います。


読む時間を費やすのだから
ぜひ何か得てほしいと思いますし、

なるほどと思ったら是非、
実践してください!!!!!

心からそう思います^^


今日は一つ、
人のせいにしていないか
環境のせいにしていないか


自分に問いかけてみて
話しかけてもらえるといいなと思います。


熱く語りましたが、
今日はここまで^^
またメールします。


最後まで読んでくださったこと、
心より感謝します。


ライフコーチ 石原瑶子
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

最近はブログより、

メールレターメインで配信しています。

 

もしよければ、

レターの方に登録をおねがいします。

 

 

 

 

 

下矢印SNSやウェブサイトも

よければ、

覗いてみてください

 

 

 

 

 

 

 

 

脱!”自分迷子”を叶える

自分の答えを手に入れ、自分らしく生きる私になる

無料メール講座はこちらから

 

 

”自分迷子”の方専属

ライフコーチの石原瑶子です。

 

 

今日は、

自分迷子の人が

よく使う言葉について書きたいと思います。

 

成長を止める危険な言葉として、

シリーズ化しているので、

もよろしければ読んでください。

 

 

さて今日取り上げるのは

「ちゃんと」

 

という言葉。

 

 

「ちゃんと」の方は、

  • ちゃんとやれるようにします
  • ちゃんと考えます
  • ちゃんと話します
などなど、文頭につきます。
 
 
自分のことが良くわからない、
自分に自信が持てない人が
本当に良く使うんですね。
 
 
「ちゃんと」を使うのが
悪いわけではありませんが、
どういう意味で使っているのか?
がとても大切だと思うのです。
 
 
 
どういうことかというと、
 
自分迷子の人が使う「ちゃんと」
というのは、
誰かの評価を得るための
「ちゃんと」の場合が多いのです。
 
 
例えば、過去私がよくやっていたのですが、
自分が決めた目標があったとします。
 
それを上司に話す場面で
「ちゃんと取り組みます」って
よく言っていたんですね。
 
 
今振り返ると、
この時の気持ちって、
「何でもできる人と思われたい」
「さすがと思われたい」
「すごいと思われたい」
思っていました。
 
 
 
つまり、
「上司から評価してほしい」とか、
 
「こういう人と思われたい
(自分が描いている、
他人の評価を得るための自分)」

 

を守るために

「ちゃんと」取り組みますって言っていました。

 

 

自分迷子の人が使う「ちゃんと」というのは、

 

 

自分が満足するように「ちゃんとやろう」と

自分の満足度を高める

(自分軸で判断する意識)でなく、

 

 

「ちゃんと」他人が満足するようにやろう

という他人軸の意識なんですね。

 

 

つまり、

他人の評価を目的とした時に

使っている言葉なんです。

 

 

 

違うという人も

もちろんいるかもしれません。

 

 

ですが、自分迷子

自信がないという人は

大多数がそうだと思います。

 

 

ならば、

この言葉について向き合うことも

自分迷子を脱するきっかけにできるということ。

 

 

今日からあなたがやれることは、

「ちゃんと」という言葉を

使った時に自分と向き合うこと。

(自分に潜る、じぶんダイブ!)

 

 

今なんで

「ちゃんと」って言いたくなったかな?

 

っていちいち聞いてあげればいいのです。

 

 

そうすると、

まずは今の自分というのを、

明らかに見ることができるようになります。

 

 

小さなことだなと思うかも

しれませんがこの積み重ねが、

自分を取り戻すことに繋がります。

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。

 

 

 

ライフコーチ 石原瑶子

 

 

 

下矢印SNSやウェブサイトも

よければ、

覗いてみてください

 

 

 

 

 

 

 

脱!”自分迷子”を叶える

自分の答えを手に入れ、自分らしく生きる私になる

無料メール講座はこちらから

 

 

ライフコーチの石原瑶子です。

 

今日は、願いの実現を早める方法

について書きたいと思います。

 

 

それは、

「言葉にしまくること!!!!」

 

 

簡単です^^

言霊なんてこともよく言われます。

 

言葉にはミエナイチカラが

やっぱりあると思う。

 

 

なぜ、今日このネタを

書こうと思ったかと言いますと、

おそらく願いがまた叶うから。

 

 

今日叶いそうな願いは、

「家族全員で旅行に行くこと」

 

 

簡単に叶うと思われるかも

しれないのですが、

 

 

うちの場合、

  • みんな仕事の関係
  • 弟の学校の関係
  • 両親の離婚の関係
  • 父の体調
  • 住んでいる県が離れていること
  • それぞれの気持ち

 

などから、

予定を合わせることが

なかなか難しかったりしました。

 

 

だけど、今回はそれが叶いそう。

 

 

私は、ここ数年で、

「家族で旅行に行きたい」という

思いをことあるごとに伝えてきました。

 

 

おばあちゃんとは

よく電話するのですが、

 

 

「旅行に行きたいね〜

どこにいく???」と話したり、

 

先日父と話した時も、

「みんなと旅行に行きたいって

話してたんよね」と伝えたり。

 

(そうすると実は

父もそう思っていたとわかった)

 

 

旅行に行きたい!!!

家族で

 

ってたくさんたくさん言葉にしてきました。

 

 

 

想いに気づいたら、

それを実現できるように自分も行動。

 

 

言葉にするのも行動です^^

 

 

自信がない人や自分迷子の人は

想いに気づいたすぐの時、

どれくらい自分の想いが強いのか?

半信半疑だったりもする。

 

 

 

だから、大きなアクション(行動)を

とるほどまでは動きたくないし、

大きなアクションになると、

リスクも伴うので、

やりたくない人もいると思います。

(例:旅館を予約など、行けなかった時にお金がかかるというリスクもあるから)

 

 

でも、言葉にすることなら

とても簡単にできる!!!

 

 

独り言でもいいから笑

友人とのたわいない会話の中でいいから。

 

 

自分の思いを言葉にする。

 

それって3次元に思いを現すことになる。

 

 

だから願いが

叶いやすくなるのではなかろうかと。

 

 

そうやって、アクションを続けると、

自分の想いの強さもわかると思うし、

 

自然とミエナイチカラのパワーを

借りられるような気がします。

 

 

やってみると、

あなたも実感すると思います^^

 

よかったら、

ぜひ試してみてください。

 

言葉にすることに

抵抗がある願いに関しては、

自分と向き合うこと

(じぶんダイブ!)も大切です!!

 

 

そんな時にコーチは

あなたに寄り添い、

じぶんダイブ!のお手伝いを

することができます。

 

 

いつも最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございます^^

 

 

それではまた。

 

 

ライフコーチ 石原瑶子

 

 

 

下矢印SNSやウェブサイトも

よければ、

覗いてみてください

 

 

 

 

 

 

 

 

脱!”自分迷子”を叶える

自分の答えを手に入れ、自分らしく生きる私になる

無料メール講座はこちらから

 

 

こんにちは!

 

 

"自分迷子"の方専属

ライフコーチ 石原瑶子です。

 

暑い日が続きますが、

いかがお過ごしですか?

 

私は、夏バテしないように

夏野菜を食べるようにしたら、

ナスにはまってナスばかり食べています笑

 

 

さて、今日は完璧な自分になるには?

というテーマで話したいと思います。

 

 

あなたにとって、

完璧な自分ってどんな自分ですか?

 

 

私は、

過去に完璧な自分になろうと

必死に努力をしてきました。

 

 

足りないところは、埋めるべきだし、

努力してできるようにすべき。

 

そして、

できるようになったとしても

偉そうにしてはいけない。

 

 

だって、

自分よりもできる人は

いくらでもいるから。

 

もっともっと完璧な自分にならなくては!!

 

 

でも、できない自分。

ダメだ、ダメだ、ダメだ。

 

 

どんどん自信がなくなりました。

 

 

完璧な自分にはもう、

なれないのかもしれない

そう思って落ち込んでは、

また少しいいことがあったら上がり、

また落ち込み・・・

 

 

そんなことを繰り返していました。

 

 

もし、過去の私と同じだと思った

という人がいれば朗報。


今すぐ、超簡単に

完璧な自分になれる方法があるんです。

 



 

それは、

完璧な自分=ただ存在する自分

と定義を変えること。

 

 

 



完璧な自分になりたくて

なれなくて自信を失い、

自分を見失っていく人って

 

 

完璧な自分の定義が

一般的に良いと思われるであろう自分

であることがとても多いです。

 

 

私もそうだったのですが、

普通はこの方が好かれるはず」とか

一般的には人が好むはず」とか

みんな(誰か)の好みに合わせることが

完璧だと決めているんですね。

 

 

 

私もそうだったのですが、

コーチングを通して

自分と向き合っていく中で、

目の前にある事実を見ていくと、

 

「完璧でなくてまだダメなはずの私」を

それも含めて瑶子だから。

 

 

「できないことばかりの私」を

どんな瑶子もいいから。

 

 

「コーチとして完璧ではない私」を

瑶子コーチだから。

 

って言ってくれる人たちがいたんですね。

 

 

その人たちがおかしいのか?

 

って考えてみたんだけど

あれ?そうでもないな〜って。

 

 

そう言ってくれる人たちは、

心からそう思って言ってくれていると

なんとなく感じたんですね。

 

 

わからないけれど、

頭ではこのままの私では

このままでいいということに

して過ごしてみることに。

 

 

そうやって、

何ヶ月か過ごしていき、

このままじゃダメだという

不安が出た時ごとに

 

 

子供をあやすように

 

「大丈夫よ〜、

そのままで完璧らしいし。

な〜んもしなくても、息しとけば完璧よ〜」

 

って自分に話しかけて行きました。

 

 

そうすると、ふと気づいたんですね。



自分という形を壊して、

世間一般の”理想の形(完璧な形)”に

全員がなったらどうする????

 

 

全員が同じ形だったら、
一つ一つの価値って

限りなく低くないですか?

 

 

だってみんな同じなんだもん。

 

 

あ、私が私のまま

かけた状態でいることが完璧って

本当なんじゃない????って。



これが、

完璧な自分=ただ存在している自分

ということが腑に落ちた瞬間でした。


 

 

そして、完璧な自分とは

ただ存在する自分という定義が

自分のものになりました。

 

 

ここで、よく、

じゃあこのままでいいのか?

成長しなくていいことになるのでは?

という人がいます。

 

 

だけど、私はそれは違うと思っていて

もうそのままで完璧なら、

今時点で安心して存在していられる。

 

安心して存在した上で、

 

もっと良くなりたい!!!!

 

もっとより良く生きたい!!!!

 

本能的に思うと思うのです。

 

 

だから、今のまま完璧な上で

その完璧な存在のあなたの形で

成長すればいいんですよ。

 

あなたのまま、なりたい自分、

遂げたい自分に成長していく。

 

 

ダメだから変わるんじゃなくて、

もう完璧だから、もっとより良く生きたい。

 

 

そう思えた時に、

自分自身を生かして

いけるのではないでしょうか?

 

 

誰かのお役に立てるのではないでしょうか?

 

 

そのためには、

まずは自分を知ることは必須。

自分という形を知ろうよ。

もっと自分向きに内側に潜ろうよ。

 

だから私は、

じぶんダイブ!って伝えているんですね。

 

 

さて、あなたも、もしよかったら

自分は完璧らしいぞ????

ということで、過ごしてみてください。

 

 

あなたは何を感じるでしょうか^^

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

 

ライフコーチ 石原瑶子

 

 

 

下矢印SNSやウェブサイトも

よければ、

覗いてみてください

 

 

 

 

 

脱!”自分迷子”を叶える

自分の答えを手に入れ、自分らしく生きる私になる

無料メール講座はこちらから

 

 

こんにちは!

 

 

"自分迷子"の方専属

ライフコーチ 石原瑶子です。

 

 

今日は”うまくいくしかない”考え方

について話そうと思います。

 

 

上手くいくしかない考え方とは、

「自分の人生は全てうまくいっている」と知ること

 

 

人生には、やはり波があるもの。

 

 

表面的にみると、

失敗とみえるような出来事が起こることも

願っていることが叶わないことも

思ったように物事が

進まなかったりすることもある。

 

 

恋愛で

付き合いたいと願った人に振られたり、

復縁を望んでいるのに

相手からは拒否され、うまくいかなかったり。

 

 

お金を稼ぎたいと思って

投資したけど、

高い勉強代になって終わったり。

 

 

仕事を頑張っているのに、

認められないことが多くて

悔しい思いをしたり。

 

 

生きていたら、

良いことばかりじゃなくて

辛いなと思う出来事もあると思います。

 

 

 

だけど、実は表面的には

うまくいっていないように見える出来事も

「うまくいっている出来事」なんですよね。

 

 

どういうことかというと、

まずはあなたが、面白いな

と思うドラマを思い出してください。

 

 

ドラマの脚本にも波ってありますよね。

 

 

最後のハッピーエンドに向けて

主人公にとって不都合なことや、

うまくいかないように見える出来事って

必ず起きていると思うんです。

 

 

 

だけど、最終的にはうまくいくじゃないですか。

 

 

 

人生はあなたが創るドラマ。

 

 

そう思ったら、

今起きている

うまくいかないように見える出来事も

ドラマのハッピーエンドに向けた、

上手くいっているできごとでしかない。

 

 

あなたの人生は

いつもうまくいっているんですよ^^

 

 

絶対そうなっています。

 

 

私も、過去に悩んでいて

自分のことがわからなかったとき。

 

 

お金はないし、

稼ごうと思ってやったことは

全部失敗するし、

 

 

看護師の仕事はうまくいかないし、

 

そんなときに

好きになった相手からは振られるし、

復縁したかと思えば

捨てられたこともあるし(笑)

 

 

あのときどうしようもない。

 

 

なんでこんな人生なんだと

嘆いていたことも、

今の私に繋がっていて、

あの辛い経験があったからこそ

 

今コーチとして選んでもらえたり、

私のことを丸ごと愛してくれる彼と

経験がシェアできて、一緒に楽しめたり!

 

 

 

全部全部

うまくいっているんだなと心から

思うことができるんですよね。

 

 

 

そして、

全てがうまくいっていることを知れば、

安心してうまくいっていない(ように見える)

出来事も楽しめると思うんですよ。

 

 

あなたも是非知っておいてください。

 

 

「全てはうまくいっている」

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

 

ライフコーチ 石原瑶子

 

 

 

下矢印SNSやウェブサイトも

よければ、

覗いてみてください

 

 

 

 

 

脱!”自分迷子”を叶える

自分の答えを手に入れ、自分らしく生きる私になる

無料メール講座はこちらから

 

 

こんにちは!

 


”自分迷子”の方専属

ライフコーチ 石原瑶子です。

 

 

今日は、

”自分にしかできないこと”ってなんだろう?

というテーマで書きたいと思います。

 

 

自分迷子だったとき、

私は、「自分にしかできないこと」を

いつも探していました。

 

 


SNSで活躍している人や

絵やダンスなど

友人で何か秀でた才能を持っている人。

 

 

私は、それに比べて、

ある程度のことがある程度できるけど、

それだけ。

 

 

これといって、

熱中できることもなければ、

優れているところもない。

 

 

だから、自分にしかできないことや

使命を見つけなくてはと思っていました。

 

でも、見つからなかったんですね。

 

 

 

今は見つかりました。

 

 

それは何かというと

「全て」です。

 

 

 

私がやることなすこと、

全てが私にしかできないことだと

今は思っています。

 

 

  • 私が感じることも
  • 私が誰かに笑顔を向けることも
  • 私がコーチすることも
  • 私が発信することも
  • 私が彼と関わることも
  • 私が食事することも
  • 私が悩むことも
 
 
全部全部、”私にしか”できないことである。

 

 

だから、”自分にしかできないこと”は

自分の外に探さなくなりました。

 

 

探さなくても全部が

私にしかできないことだから^^

 

 

だから、安心して

『自分がやりたいこと』

やったらいいやんって

自分に言ってあげられるようになりました。

 

 

自分自身に

そうやって自分がやりたいことを

やらせてあげていくと、

 

私にしかできない、

お気に入りの私の人生が

できていることに気づくで^^

 

 

あなたがやることなすこと

全てが “あなたにしか”

できないことである。

 

 

よかったら、この考えを

採用してみてくださいね~!

 

 

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

 

 

ライフコーチ 石原瑶子

 

 

 

 

下矢印SNSやウェブサイトも

よければ、

覗いてみてください

 

 

 

 


 

 

脱!”自分迷子”を叶える

自分の答えを手に入れ、自分らしく生きる私になる

無料メール講座はこちらから

 

 

こんにちは!

 

 

"自分迷子"の方専属

ライフコーチ 石原瑶子です。

 

 

今日は

「変われる人」「変われない人」の違い

について話します。

 

 

コーチをしていると、

 

「で、あなたはどうしたいの?」

 

と質問をすることがあります。

 

 

 

私の元に来てくれるクライアントは、

「自分のことがわからない」

「自分がどうしたいかわからない」

 

 

そんな状態で、

来てくださっているので

「で、あなたはどうしたいの?」

って聞くと

 

コーチングを始めた段階では、

  • ムッとする
  • 黙る
  • わからないと言う

の3パターンが多いかなと思います。

 

 

 

ここで、

「あなたはどうしたい?」の問いに対し、

 

あなた自身が

どんな反応を示したとしてもいい。

 

 

どんな反応を示していても

変われるか変われないかには

関係がありません。

 

 

 

ただこの後どうするかが

変化を決める分かれ道

と私は思うのです。

 

 

この後の行動とは?

 

 

 

変わることができる人は、

なぜ今私は怒りを感じたのだろう?

何で今私は黙りたくなったんだろう?

なぜわからないって答えたんだろう?
(わからないと答えた時の感情など)

 

自分に問うことができるのです。

 

 

変わることができない人は、

 

何でこの人こんな質問するんだよ

わからないんだよ

 

わからないから

コーチつけてるんだけど

コーチング意味ある?

 

って他責の態度になるわけです。

 

 

 

自分に問うのは内側に向かう矢印。

(自分に潜る)

 

他責にするのは、自分の外に向かう矢印。

(外に答えを求める)

 

 

 

他責をした瞬間、

自分の人生の舵を

取ることはできなくなります。

(他責は全て相手次第になってしまうから)

 

 

だから、

もうそこからの成長は

望めないので変われない。

 

 

矢印を内、外

どちらに向けるか?

が変われる人と変われない人の違い

 

 

だと私は思います。

 

 

 

 

まぁ、私も矢印が

に向く瞬間もまだあります。

 

 

だけど、

じぶんダイブ!して、

矢印を内側に向ける練習をしていけば

自分を客観視できるようになるので、

修正が効くんですね。

 

 

 

コーチングは

内側に向く練習をする環境でもあります。

 

 

練習をする環境を

作りたいという方は

まずはコーチをつける選択も

検討してみてください。

 

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

 

ライフコーチ 石原瑶子

 

 

 

下矢印SNSやウェブサイトも

よければ、

覗いてみてください

 

 

 

 

 

 

脱!”自分迷子”を叶える

自分の答えを手に入れ、自分らしく生きる私になる

無料メール講座はこちらから

 

 

こんにちは!

ライフコーチの石原瑶子です。

 

 

今日は、”愛想笑い”について

話したいと思います。

 

 

私は過去に、

自分の気持ちや思い(自分軸)ではなく、

他人にどう思われるか?

他人の評価(他人軸)で生きていました。

 

 

そのとき、

よく無意識で

”愛想笑い”をしていたんですね。

 

 

 

コーチングを受け始めて、

じぶんダイブ!して

自分と向き合っていく中で

わかって行ったのですが、

 

 

なぜ”愛想笑い”をしていたかというと、

笑って誤魔化したかったから。

 

 

笑って誤魔化したかったものは、
そのシーンによって様々でしたが、

 

  • 「感情」
  • 「自分の気持ち」
  • 「相手から嫌われるかもしれないと思っている自分自身」
  • 「できない自分への想い」
  • 「自分の中の認めたくないもの」

 

などなど

 

 

とにかく、

笑って誤魔化して、

その場をやり過ごし、

感じないように、

考えないようにするために。

 

 

 

 

愛想笑いをいつもしていました。

 

 

 

 

笑顔がいいねと

褒められたこともあるけれど、

自分的には愛想笑いで、

モヤモヤしたものを抱えていたので、

 

褒められても受け取れなかった。

 

 

 

そして、愛想笑いって苦しいです。

 

 

もやもやしている時に

笑顔にチェンジするって、

すごくエネルギーがいるから

とっても疲れる。

 


わたしは自分と向き合っていく中で

 

 

「自分を誤魔化すことに

エネルギーは使わない!!!!」

 

 

そう決めました。

 

 

 

自分を誤魔化さなくなると、

少しずつですが、

見失った自分を取り戻せます。

 

 

 

これを読んでくれているあなたが、

 

「自分のことがわからない」

「自分の気持ちがわからない」

 

「どうしたいのかわからない」

「自分のことに自信が持てない」

「変わりたいけど変われない」

 

 

 

そんな風に思っていたとしたら、
ご自身の”笑い”にも注目してほしいと思います。

 

 

自分はどんな時に、笑っているのかな?

そして、その時の気持ちはどんな?

 

 

自分に話しかけてあげてください。

 

 

あなたの中のリトルあなたが、
答えてくれるようになります。

 

 

”愛想笑い”

あなたはやっていませんか?

 

 

今日も最後までお読みいただき

ありがとうございました^^

 

ライフコーチ 石原瑶子

 

 

 

下矢印SNSやウェブサイトも

よければ、

覗いてみてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脱!”自分迷子”を叶える

自分の答えを手に入れ、自分らしく生きる私になる

無料メール講座はこちらから

 

 

こんにちは

ライフコーチの石原瑶子です。

 

 

 

今日は、昨日に引き続き

あなたの成長を止める危険な言葉

を紹介したいと思います。

 

 

 

自分がどうしたいかわからない

”自分迷子”の人は良く言います^^

 

 

 

「私こういう性格なんです」

 


 

 

 

 

私も、過去に

「だってこういう性格なんやもん!」

とよく言っていました。

 

 

 

言うこと自体が

悪いことではないのですが、

 

「私、こういう性格なんです」

って言うとき、

 

 

 

その時の

あなたの心の状態、感じていること

注目してほしいんですね。

 

 

例えば、昔わたしが、

友人と恋愛ネタで

話していたときのこと。

 

 

当時、恋愛をすると

どの恋愛でも

毎回、雑に扱われる…

 

 

相手が遅刻してくるとか、

ドタキャンとか、

連絡してこないとかね。

 

 

 

私は、友人に対して、

自虐的にこのネタを話していました。

 

 

そしたら友人から一言。

 

 

「ようこさ、それいつもじゃない?

相手に言いたいこと言った方がよくない?」

 

 

 

 

そこで私が言ったのが、

 

 

「私言いたいこと言えないんよね~~~

そういう”性格”やけん」

 

 

 

さて、こう答えた時の私の心は

どんな状態でしょうか?

 
 
雑に扱われたくないと思いながら、
相手に雑に扱われている。
 
そして、嫌だと伝えないことで、
付き合っている状態を保っている自分。
 
 
そんな自分「見たくない」
向き合うことから「逃げたい」の
”逃げ”の一心だったんですね。
 
 
 
性格というものは、
変わりにくい、変わらないもの
と多くの人が思っています。
 
 
 
つまり、
変わらないもの
(性格)のせいにしてしまえば、
そこで話題を強制終了することができる。
 
 
性格のせいにして、
『自分自身』には
目を向けずに済むんです。
 
 
 
逆に“性格”のせいせず、
自分自身と向き合うことができれば
必ず成長していくことができます。
 
 
 
まずは、
「性格」という言葉で
片付けるのを辞めてみよう!!!
 
 
今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました!
 

 

ライフコーチ 石原瑶子

 

 

 

下矢印SNSやウェブサイトも

よければ、

覗いてみてください