fasciabody 〜筋膜コーディネーション

fasciabody 〜筋膜コーディネーション

筋膜を中心にボディワークについてあれこれ語っています

組み技、ワークなどで

相手をよくみて

相手を感じて

と言われることがあります。

 

何年か前に

両手を合わせて相手を動かしたり(一体化する)

肩に手を置いて相手を動かす/崩す

練習でそう言われて、

相手の目をじっと見てしまっていました。

 

じっとみるのはハードフォーカス

そこに意識と力が集中してしまうので

一体化できないし、動かせません。

 

こういうときの眼の使い方は

ソフトフォーカスの方がバランスが取れて良いです。

 

ソフトフォーカスで相手の目ではなく、全身をみる。

そうすると相手と一体化して相手を動かすことができました。

 

 

 

でも、本当はこれだけでは足りません。

 

相手の体だけでなく、相手の意識、空間ごとみる必要があります

 

 

先生の言う通りやっているつもりでもできない場合は

先生の手だけでなく、相手を含めた空間の状態を見てみましょう

 

相手と一体化しているある種の美しさが感じられると思います

 

(画像はネットより転載)

 

空間については、自分だけでなく相手も含めて作る必要があり、

その点は私もまだ修行中です。

 

ただ、何らかのテクニックだけでなく

(上の画像で言うと手の使い方だけでなく)

この空間の意識を持っているとみるポイントや

練習することが変わると思います。

 

 

自分の空間作りはこちらも参考にしていただけます。

 

 

 

 

 

 

======================

本ブログで紹介しているようなカラダの使い方や

講座に関する情報をメルマガでお届けします。

ご興味ある方はこちらから登録お願いします。

筋膜/感覚コーディネーターメルマガ登録

 

======================

コロナウィルス感染予防に

空間清浄器j.air。

無料貸し出しもしています。

 

 

 

整体の動画などを観ていると

緩める」という言葉をよく耳にします。

緩める方法を教えてくれるものが多いですね。

 

本当にたくさんの手技、テクニックがありますね。

 

凝り、硬い、動かしづらい、痛い、

が悩みの方が多いので「緩める」の需要があるのでしょう。

 

ところが、緩めてはいけない箇所がある

ということを聞いたことはありませんか?

 

体を支える箇所(筋肉含む)を緩めてしまうと

体を支えられなくなる、動かせなくなるということ。

 

ごもっともだと思います。

 

ただ、それは物理的に言えばバランスが崩れたからであり、

神経的に言えば弱化させてしまうからでしょう。

 

体は筋膜(ファシア)を中心に互いに引っ張り合う

張力構造(テンセグリティ構造)で成り立っています

 

 

1箇所だけ緩めるとバランスを崩してしまいます

他とバランスを合わせることが大事です。

 

もう一つの神経の弱化。

筋肉は指令を受けて動きますが、

この伝達のどこかが弱化すると動けなくなってしまいます

リラックスし過ぎるとパフォーマンスを出せなくなりますよね。

 

筋肉を緩めた後には活性化させてあげることが大事です。

 

目的の箇所を緩めることだけに着目してしまうと

ここを見落としてしまうのだと思います

 

私が展開しているAqua Touch内臓セラピーは

リラクゼーション効果が高いので、

終わった後にぼ〜とされる方も多いですが、

スッと活性化する(意識を戻す)テクニックで

ちょうど良く覚醒してお帰りいただきます。

 

感覚コーディネーター講座でお伝えしている

各種感覚に働きかけるテクニックも有効です。

 

 

 

あとは概念を変えることもおすすめします。

緩める」ではなく「潤す」。

 

私はAqua Touchという

筋膜(ファシア)をジュワッと潤すテクニック

を開発してから、

「緩める」から「潤す」に変わりました。

 

潤したからリリースする、結果

緩まったり活性化したりします。

 

人間の体の約60%は水分です。

潤すとは、本来の体の状態に戻すことなのです。

 

 

 

筋膜(ファシア)をジュワッと潤す

Aqua Touch内臓セラピー・セラピスト養成講座は

5/23(日)開催です。

 

AquaTouch内臓セラピーセラピスト養成講座(詳細) | airymotion

 

 

 

 

 

======================

本ブログで紹介しているようなカラダの使い方や

講座に関する情報をメルマガでお届けします。

ご興味ある方はこちらから登録お願いします。

筋膜/感覚コーディネーターメルマガ登録

 

======================

コロナウィルス感染予防に

空間清浄器j.air。

無料貸し出しもしています。

 

 

 

新体操の子供たちに教えている

Aqua Touch内臓セラピー・セラピスト養成講座の受講生から

Aqua Touch内臓セラピーをすると後屈が深まる、

というフィードバックをもらいました。

 

そうなんです。

 

体は張力バランスが大事なので

お腹が硬い、固めていると

お腹が伸びにくいのはもちろんですが

背中の筋肉もその分使わないと動けません。

 

まさに、アクセルを踏みながらブレーキをかけているようなもの。

 

 

Aqua Touch内臓セラピーで内臓、お腹周りを潤すと

低い張力でバランスを取れるようになるので

楽に後屈できるようになるのです。

 

 

ただ、腹直筋を使いがちな場合は、

内臓、お腹を潤してもやはり腹直筋を使ってしまいます。

 

そういう場合は、

コアの筋肉や靭帯に軽い刺激を与えて認識させてあげると

その筋肉が使えるようになります。

 

ここでは、背骨の前側、前縦靭帯から舌骨筋にかけて刺激を与えてあげると

背骨で体をコントロールできるようになって

さらに後屈が深まります。

 

 

 

では、どうやって前縦靭帯というお腹の奥の背骨の前側に

刺激を与えることができるでしょうか。

 

これは

Aqua Touch内臓セラピー・セラピスト養成講座でお伝えしている

表層から深層の筋膜を捉えるテクニックを使えば

ソフトタッチで簡単にアクセスできます。

 

 

Aqua Touch内臓セラピー・セラピスト養成講座は

その名の通り、内臓セラピーをお伝えしていますが、

Aqua Touchも筋膜を捉えるテクニックも

いろいろと応用が可能です。

 

 

 

 

 

 

============================

本ブログで紹介しているようなカラダの使い方や

講座に関する情報をメルマガでお届けします。

ご興味ある方はこちらから登録お願いします。

筋膜/感覚コーディネーターメルマガ登録

 

============================

まるで早朝の湖のほとりにいるような空気感。

【空間清浄器j.air】

無料貸し出しもしています。

 

詳細はこちらからご覧ください。