レーシングサービスファクター松下裕一ブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ランエボ6 旧型 アラゴスタ ショックOH

エンジンオーバーホール&チューンナップのランエボ6

 

試運転で気づいたショックのへたり、、、、

オーナーさんも気になっていたようで、今回ショックオーバーホールです。

アラゴスタの旧タイプが付いておりました。

ショック屋さんも旧型は最近のとは特性が違うからと、仕様変更でオーバーホールすることにいたしました。

 

ピロアッパーのピロもガタガタでしたので交換です。

 

 

 

 

レートも少し軟らかく変更です。

 

 

試運転しましたが、しっかり感がありシャープさが増しました。

以前のヘタっていてそして尚且つゴツゴツしている不安定さとは別物です。

 

R55ミニ クラッチ交換

R55ミニ クラブマン

クラッチが減ってきたという事で交換ですが

クラッチ交換はエンジンを降ろさないといけません。

 

 

前回りをごそっと外し

 

エンジン・ミッションを抜き出します。

 

エンジンとミッションを切り離し

クラッチ交換

 

 

クラッチカバー

クラッチディスク

レリーズベアリングの交換。

 

 

ミッションも掃除して組み付けです。

 

 

 

ずっと放置だったという事ですが、

磨いてコーティングも行い綺麗になりました(^^)

ファクター走行会に向けて、2.2リッターS2000集合

ファクター走行会に向けて、

たまたま3台のS2000が店で遭遇(^^)

 

この3台とも2.2リッター改なんです。

1台は初めての体験という事で、無事に楽しんでもらえればと思います(^^)

 

で、その横で綺麗になったミニ。

野ざらし放置で苔などでかなり汚れておりましたが

磨きとコーティングで全体的にフレッシュされました(^^)

ファクター街乗りR34GTR 2.8L 走行会に向けてLINK

こちらもファクター街乗りR34GTR

ファクター走行会に向けてセッティングの確認です!

 

RB26改の2.8リッター

LINK ECUで動かしていますが、あらたにセッティング確認です。

 

こちらは70歳オーバーの松下寛が乗ります(^^)

楽しんで乗ることが一番。

皆さん楽しんでください(^^)

アコードCL1 バックが入らない、ミッションOH!

こちらは、バックギアに入らなくなったというアコードCL1。

前々から5速ギアが渋かったということで、

症状からして5速シンクロが原因です。バックも入りにくくなります。

 

ということで、ミッションオーバーホールです。

 

 

 

 

 

 

オーナーさんが気にされていた3-4速シンクロも目視では問題ありませんでした。

 

シンクロ、山型のところが削れて丸くなって傷んでいます。

 

5速シンクロは交換。

5速ギアも傷んでいますのでオーナーさんと相談し交換。

 

バックシンクロは傷んでいますが手を入れれば再利用できそうなくらいですので、再利用します。

 

 

鉄粉が多く汚れていたので、

カウンターシャフトもバラシて洗浄して組み直します。

 

 

 

 

メインシャフトの5速シンクロ新品交換。

 

5速ギアも新品交換。

 

 

ミッション内部も洗浄しています。

 

 

今回レリーズベアリングもよくないので新品交換です。

 

 

組み付けて完成!

 

 

 

ファクター走行会、気兼ねなく走れますね(^^)/

楽しみましょう!

S2000 デフブロー ATSドライブピニオンカラー

すーさんのS2000

デフブローでお預かり。

 

走行するとゴロゴロ・ゴトゴトと振動も合わせて嫌な感じになっています。

 

 

デフを降ろして分解。

 

 

 

 

 

ドライブギアが破損、、、、、、

 

 

 

 

 

これの原因はギアの噛み合いの調整がうまくいってないからなのですが、

それを引き起こしたのはこのカラーが原因です。

 

純正のドライブピニオンカラー。

これは伸縮するようになっており、定期的に交換が必要なのですが、

なかなか交換する機会もなく、どんどんとひしゃげてしまい適正なプリロードを与えられなくなり、

リングギアとの噛み合い調整が適正にならず、歯が砕けてしまいました。


触っても分かりますし、見た目にも沿っているのが分かります。

オーナーさんもこれを変えていないことが気になっていました、、、、、

 

 

という事で、

これが必須パーツ。

ATSのドライブピニオンカラー。

 

これシムで調整を行います。へしゃげる心配もありません。

 

ドライブギアは在庫の中古品に交換。

 

リングギアも在庫中古品に交換。

 

LSDは問題ありません。

 

組んでいきます。

このデフを組む時の調整が大事になってきます。

 

 

オイル量が1リッターも入らないので、熱を持ちやすいので

本来は大容量カバーでオイル量を上げたいのですが、、、、、(^^;)

 

この調整でブローの確率はかなり下げることが出来ます。

あとはこまめなオイル交換と無理やりオイルを注ぎ込むことで対応ですね。

 

 

 

ファクター走行会に向けて修理完成。

楽しみですね(^^)

走行会に向けて、一コマ。S2000&アコード

ファクター走行会前にトラブルでご入庫の2台、

ファクター走行会には間に合わせたいという事でそろって取り掛かっております。

 

デフトラブルのS2000 AP1

 

 

ミッショントラブルのアコードCL1

 

お二人ともファクター走行会前で良かったと逆に気合を入れておられました(^^)

間に合いますのでご安心ください。

また紹介させていただきますね!

20万kmのS2000 エンジンOH 2.2L化 ハルテックで完成⑥

20万キロ超えのS2000 AP1。

エンジンオーバーホール&2.2リッター、CPピストン仕様。

 

今回のECUはハルテックを使用いたしました。

すいません、写真が撮れていませんでした、、、、

現車セッティングも完成です。

 

私も試運転しました。

2.2リッターハイコンプですので低回転からのトルクは2リッターとは比べ物になりません。 

それは普通の事ですが、

今回のエンジン、さらに6000回転からの軽さと伸びを感じます。

当たりのエンジンとでもいいましょうか(^^)

良いフィーリングでした。

 

 

完成し、オーナーさんも軽く試運転されましたが、

かなり興奮し感動されてました(^^)

「やって良かった」と何度もおっしゃってくださいまして、おすすめしたこちらも嬉しかったです。

驚き具合に私たちがとても感動しました(^^)

 

これからのS2000ライフ、

楽しんでくださいね!

 

あるある&店舗の様子!

ありがたいことで、忙しくさせていただいております。

という事で、なかなか紹介できていませんが店舗の様子1コマで紹介(^^)

 

いろんな車のいろんな作業がありますが、

普段なかなか入庫することのない車種のミニですが、続けて2台入庫です。

 

あるある話で、

同じ車種の作業が続いて入庫したり、

同じような作業が続けてご依頼があったりと、

こういうことがあるんです(^^)

 

渋いミニ 水トラブルで入庫。

 

そしてこちらのミニ。

メンテナンスですが、まずはクラッチ交換中。

エンジンを降ろしてのクラッチ交換になります。

 

 

 

そしてこちらのケンメリ

フロントまわりも綺麗になり製作した3リッターエンジンを搭載。

社長の最終仕上げです。

 

 

珍しいプリメーラのご入庫。大人し仕様です(^^)

 

 

 

ランエボ6のLINK ECUも進んでいます。

 

 

 

初来店のシビック。

エンジンブローでご入庫です。

 

他店で製作されたというB20Bエンジン。オイル管理のせいか、、、?

突き破っています、、、、

 

今回、エンジン載せ替えです。

ファクターで製作して距離はほとんど走っておらず、ずっと保管していたB18C改エンジン。

出番です。

これに載せ替えです(^^)

 

お預かりのお車も着々と進めておりますので、

楽しみにしていてくださいませ。

20万kmのS2000 エンジンOH 2.2L化 ORCクラッチ⑤

20万キロ超えのS2000。

F20Cエンジンオーバーホール&2.2リッター化の紹介です。

 

 

先日紹介したように、2.2リッターCPピストン仕様のエンジンも組みあがり続きの作業を紹介していきます。

 

 
 
 
 
今回クラッチも交換です。
扱いやすさ抜群で、おすすめさせていただいているORC
小倉クラッチのシングルメタルSEです。
レリーズベアリングも新品交換。
 
フライホイールもキットになっており交換になります。
パイロットベアリングも新品交換。
 
 
 
フロントメンバーにエンジンを載せます。
載せる前にパーツやエンジンルームも洗浄済み。
 
エンジンマウントも新品交換。
 
ミッションも合体。
 
 
エンジン始動です。
 
まずはアイドリングでならし。
エンジンはかなり静かです(^^)
 
 
そして次にECUセッティングです!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>