40代からの自己ベスト連発アスリート暮らし

40代からの自己ベスト連発アスリート暮らし

走ることが趣味でした。41歳のマラソンでサブ4達成以来、競技志向が上昇。今ではウルトラマラソン、ウルトラトレイル、アイアンマン挑戦が目標に。「過去の自分を超え」を課し、レースで次々と自己ベストを更新する姿を描きます。本気で取り組む事で得られる気づきも。

NEW !
テーマ:

こんばんは!

 

ランニング・モチベーターのしゅんじです。

 

今日はこんな時期ではありますが衣替え?をしました。

 

レースに出て手に入れた参加賞や完走して頂いた記念Tシャツが溜まってきていたため、その整理の意味合いを込めてです。

 

整理とは、これまで平台に積んでいたものをハンガーに掛けて取り出しやすくする事を指します。

 

以前は、記念Tシャツと言うからには、大事に取っておこうという思いを持っていました。

 

しかし、使わずに取っておいてもしょうがないと思い、普段の練習で使うように切り替えました。

 

それでも、2014年くらいから積極的にレースに出るようになると、普段使いしている枚数に比べて増える枚数の方が多くなりました。

 

需要を供給が上回り、ずっとストックされたままのTシャツが10枚を越えてしまうという事態です。

 

このまま使わずに眠らせておくのももったいないなぁと思い、どうせなら毎日のTシャツを変えていこうと考え、手持ちのものを全て順繰りに回すことにしたのでした。

 

これまで4枚で回していたものが、今数えたら15枚ありました。

 

11枚は眠っていたリソースです。

 

使ってなければ無いも同然で、ストックして置き場所を取るだけ無駄な存在となっていました。

 

そんなTシャツ達に光を当て、使うことによって手持ち資産の有効活用を狙ったのが今回の衣替え?です。

 

他にも、持っているけど使っていない、あるいは大切に取ってあるけど一生使わない無駄になっている資産があると思います。

 

断捨離するのも良いですが、個人的には使えるものは使ってお役立ち頂けると嬉しいなと思います。

 

他にも類似アイテムがないか探してみようと思います。

 

 

【今日の実績】

ラン:10.08Km

 

明日も楽しく走りましょう!


テーマ:

こんばんは!

 

ランニング・モチベーターのしゅんじです。

 

昨日のスポーツでのビッグニュースと言えば、サッカーワールドカップ日本代表まさかの快勝!…ではなく、F1世界選手権において、レッドブル・ホンダ誕生!2019年から2年契約で!だと思うのは自分だけでしょうか?

 

ホンダがPU(パワーユニット)サプライヤーとしてF1に復帰して、マクラーレンとの苦難の3年を過ごした後、今年からレッドブルの姉妹チームであるトロ・ロッソに供給を始めて、2戦目で早くも4位に入るなどまずまずの成果と進歩を見せ始めていたと思います。

 

前戦カナダで、ともにアップグレードPUを投入したルノーとホンダをレッドブルが比較・評価した上でのこの決断に、昨年一時供給先が見つからずに撤退の可能性もあっただけに感慨もひとしおです。

 

ただ、ホントの勝負はここからです。

 

勝てるシャシーを手に入れて来年勝利を掴めるか、レッドブルが今と同じくメルセデス、フェラーリと戦い続けられるか。

 

いずれにしても、ホンダはマクラーレンと袂を分かった後も、自分たちの力を信じて、自らが課した目標に向けてPUのアップグレードを続け、今年の成果に結びつけました。

 

その上で、レッドブルというトップチーム(今ではマクラーレンより上)との契約というチャンスが訪れた時に、PUが原因で勝てないという状況に陥るリスクを恐れずそれを掴んだ訳です。

 

状況が思い通りに行かなくとも決して腐らず努力を続けること、そして、適切なチャンスは恐れず果敢に掴みに行くことが重要であるとよく分かりました。

 

この考えを自らの行動指針にも反映して取り組んで行きます!

 

 

【今日の実績】

なし

 

明日も楽しく走りましょう!


テーマ:

こんばんは!

 

ランニング・モチベーターのしゅんじです。

 

関西で大きな地震がありました。

 

こんな大きな地震は阪神大震災以来でしょうか。

 

自分はかつて阪神大震災を経験し、自宅の被害はそれ程酷くなかったものの、最寄駅の倒壊や、近所で壁が崩れた家があったり、切れた電線が垂れ下がっていたり、大変でした。

 

その後、就職して勤め先が近いという理由で住んでいる茨城で東日本大震災を経験しました。

 

会社の壁が崩れ、機能は崩壊し、停電、断水に見舞われ、食べ物の供給も危ぶまれた状況を経験し、さらに大変な思いをしました。

 

そんな経験をすると、今回の地震は自分の地元関西(両親も兄弟も今回の地震にあっています)という事もあり、できることはしたいな、という思いに駆られました。

 

そして、こういう時に大事なのは助け合いの精神だな、と改めて思いました。

 

同じような思いを抱いた方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、思うんです。

 

人間、自分に余裕がないと、周りの他人に優しく接することなんてできないと。

 

自らが安定しているからこそ、初めて周りに心配りをする余裕ができる。

 

逆の場合は、自分がどうあるかに気力を使い過ぎると、周囲のことなど目に入りません。

(自分だけかも知れませんが…)

 

そう考えると、こういう時に困った人に手をさしのべるために、いかに自分が普段から満たされた生活(決して、贅沢という意味ではないですよ)を送れているかが重要になります。

 

世界を幸せにするために、まず自分が幸せになるという考え方も有りだと思います。

 

 

【今日の実績】

ラン:10.25Km

 

明日も楽しく走りましょう!


テーマ:

こんばんは!

 

ランニング・モチベーターのしゅんじです。

 

何度も書いていますが、今週末はスパトレイルに挑みます。

 

今日会社の人と週末のレースの話をしていて、自分が発したのは、「今度は短めの72Kmです」という言葉。

 

そして、返された言葉は、「フルマラソンより長いよ」。

 

自分では自然と出た言葉なんですが、後で冷静に考えると、ちょっと変な人かなと思いました。

 

確かに距離だけで言うと、フルマラソンより長いんですが、トレイルの世界では40Km位だと短いと思いますし(そんな事、一般の人は分からないと思いますが)、100マイルや100Kmをレースの中心に据えている自分としては70Km位は十分短い。

 

特に、169KmだったUTMF(ウルトラトレイル・マウントフジ)と比べると、ほぼほぼ100Km走った後の距離くらいな感覚ですからね。

(もちろん、スピードは全然違うと思いますが…)

 

それも、これも、自分が100Km以上のレースに当たり前のように挑戦してきたからだと思います。

 

そう言えば、70Kmくらいのレースなんて、2015年のハセツネ以来です。

 

このようにそれなりに高い負荷を与え続けると、いつしかそれが当たり前になって、通常なら困難に感じることも比較的容易に取り組めるようになるという事が分かります。

 

人によって普通の定義が違うってこういう事なんでしょうね。

 

 

【今日の実績】

ラン:10.05Km

 

明日も楽しく走りましょう!


テーマ:

こんばんは!

 

ランニング・モチベーターのしゅんじです。

 

今日は久々に地元のトレイルを走りに行ってきました。

 

来週のスパトレイルに向けた調整(というか、彩の国以来、山を走っていないので感覚慣らし)でした。

 

前に同じコースを走ったのはUTMF(ウルトラトレイル・マウントフジ)の前だったので、2ヶ月以上も前です。

 

ホームコースは、(地元の人しか絶対分かりませんが)助川山市民の森~高鈴山~日立高鈴GC    まで行って折り返すコースです。

 

時間にすると約3時間の行程です。

 

このコースで高鈴山に登る直前に舗装路の急斜面があるのですが、今日はそこで一つ思い出しました。

 

先週、ランニングセミナーで、やはり急斜の登りをトレーニングしたのですが、ドリル的に身体の動き、使い方を学びました。

 

残念ながら、マスターにはほど遠い状態だったのですが、生活圏内で思い出しながらトレーニングできる場所はそうそうありません。

 

そこで、この1Km弱はあろう急斜が格好の復習ポイントとなりました。

 

他にも、トレイルの登りでは、同じ動作を思い出しながら走ってみました。

 

まだまだ全然できてないとは思いますが、そんな中途半端な状態でも、効果として挙げられていた心拍数がいつもより低いのが自覚でき、多少の効果はありそうな気がしました。

 

こうなると反復してマスターしようというモチベーションも沸いてきます。

 

やはり、適切な学び、そして反復練習により技術を身につけるのが重要であると強く感じました。

 

まだまだ強くなりますよ!

 

 

【今日の実績】

トレイルラン:21.2Km

 

明日も楽しく走りましょう!


テーマ:

こんばんは!

 

ランニング・モチベーターのしゅんじです。

 

今日は大反省の一日です。

 

午前中は医者の予約が2件も入っていたり、雨が降っていたりで走りに行くことができませんでした。

 

もともと天気予報が午前中は雨、午後から曇りだったので、それ自体は特にダメージはありません。

 

問題は午後の過ごし方です。

 

予定では昼食後、買い物に行って、帰ってきたら走ろうと思っていました。

 

で、買い物行くまでは良かったんですが、問題はそこから。

 

ちょっと眠気を感じたため、昼寝してリフレッシュしてから、しっかり走ろうと思い、15分のタイマーをセットして昼寝に突入。(昼寝は15分くらいが良いと言いますよね。寝過ぎてはいけない。)

 

予定通り、15分後にアラームの音と共に目を覚ましましたが、身体がまだ睡眠を求めているようでどうにもスッキリしません。

 

仕方なく、もう少し寝続けることにしたのですが、今度は気力なくタイマーはセットせず。

 

すると、次に目覚めたのは約90分経過した後…

 

結局、今日は走る時間がなくなり、休養日となりました。

 

自分は密かに起きたことは全て自分を強化、改善するためのきっかけだと考えるようにしています。

 

なので、この出来事も単純に疲れがたまっていたのかなぁ、という事では終わらせることはできません。

 

ここ半年以上取り組んできた睡眠の質改善ですが、まだまだ足りてないと告げられたのだと思います。

 

実際、快眠度は上がってきていますが、睡眠時間はまだまだ足りていないと自覚しています。

 

今後は、やはりここにメスを入れないといけないと痛感しました。

 

何度もトライしては挫折してるんですけどね…

 

 

【今日の実績】

なし

 

明日も楽しく走りましょう!


テーマ:

こんばんは!

 

ランニング・モチベーターのしゅんじです。

 

基本的には雨の日は走らない通勤ラン、その理由は濡れたレインウェア等を会社で保管しておく適切な場所が見つからないから。

 

それでも雨の中を通勤ランで走る場合があります。

 

それは、行きは雨が降っていなくて、帰りに降っている場合です。

 

先述の通り、雨の日に走って会社に行かないのは濡れたウェアの取り扱いに困るからなので、帰りにだけ濡れるのであれば自宅で処理すれば良いので特に困らずに走れるという事になります。

 

今日も行きは曇りだったので迷わず走りましたが、帰りは残念ながら雨模様でした。

 

当然、帰りもめげずに雨に濡れながら走ったのですが、その中で、先日の歩きスマホに通じる危険な行為を思い出したのでシェアしておきます。

 

実は今日歩道を走っている時に自転車に轢かれそうになりました。

 

それも、正面から来ている自転車に。

 

でも、これは割と良くあることなんです。

 

ぶつかりに来る彼らは、当然前をちゃんと見てません。

 

こちらが「危ない!」と叫んで始めて存在に気が付くようです。

 

以前、ヘッドライトを付けて走っていた時もぶつかられそうになったので、明るさ自体はあまり関係ないようです。

 

そして、今日は雨だったためレインウェア、特にフードをかぶって走っている自転車がいまして、その彼がフードを深くかぶり過ぎて前が見えず、こちらに突っ込んできたのでした。

 

レインウェアも適切に着こなさないとホント危険です…

 

そんな彼らに気を付けないと、こちらも危険です…

 

 

【今日の実績】

ラン:10.26Km

 

明日も楽しく走りましょう!


テーマ:

こんばんは!

 

ランニング・モチベーターのしゅんじです。

 

今年の9月に勝手に走る気満々だったトルデジアンが見事落選してしまったので、その代替レースをどうしようかと思っていましたが、ようやく決めました!

 

今年はできるだけ長めのトレイルレースに多く出たいという思いがあります。

 

というのも、結局今年は落選しましたが、今年のメインレースをトルデジアンに設定しており、そこに向けて多数のロングトレイルを走り込むことで、330Kmに耐え得る身体作りをしたいと思ったからです。

 

UTMF(ウルトラトレイル・マウントフジ)からの、彩の国100Kmを中3週間でつないだのも、上記の思いがあったためです。

 

多少は高めの負荷を掛けないとな、と。

 

そして、結局外れてしまったとは言え、またも来年走る気満々のトルデジアンまでの体力作りのために長いレースは外せないな、となりました。

 

では、代替レースを何にしたかと言うと、何ももったいぶることはない、昨年も通った流れですが、7月にITAMURO 100Km、9月に山田昇メモリアルカップとしました。

 

前者は、昨年屈辱のゴール地点で制限時間24時間の中、25時間掛かって初の失格を喫した、ある意味思い入れの強い大会です。

 

後者は、信越五岳のエントリ開始を待ちきれずに、ついつい申し込んでしまったレース。

 

今思えば、信越の100マイルの方が良かったのかな、とも思いましたが、たまには2年同じレースに出てみて自身の進化を評価するのも良いかなという感じです。

 

自分の進化は如何程か、今から楽しみです!

 

 

【今日の実績】

ラン:14.87Km

 

明日も楽しく走りましょう!


テーマ:

こんばんは!

 

ランニング・モチベーターのしゅんじです。

 

人生を生きて行くにあたって(大袈裟ですか?)、やるべき事、やった方がいい事、やるべきでない事、やってはいけない事と、色々あるかと思います。

 

何か目標に向かって行動を起こす時、やるべきでない、あるいはやってはいけない事を、自身の行動から排除すべく努力するのは自明の事だと思います。

 

難しいのはやるべき、あるいはやった方がいい事にどれくらい取り組むかです。

 

なぜなら、時間が無限にあるなら、全てにトライすべきでしょうが、きっと皆さんも自分同様、時間に追われているのだとすると、そこには取捨選択が必要になるからです。

 

そこで参考になるのが二八の法則。

 

20:80の法則という方が分かりやすいでしょうか。

 

物事は全体の2割が成果の8割を生み出しているといったニュアンスの法則ですね。

 

店の売り上げの8割は上位2割の商品によるものとか、上位2割の部品の故障によって全体の8割の製品不良が発生しているとか、そんなイメージですね。

 

ランニングに関していえば、重要な上位2割の要素が、パフォーマンスの8割を生み出している、といった感じでしょうか。

 

要は、最近はランニングブームという事もあり、各種ギアやサポート製品など、凝り始めると、枝葉末節いろいろ凝る要素はあると思いますが、基本的な2割を押さる事でパフォーマンスの向上を効率的に達成できるという解釈ができます。

 

ということで、格好から入ってモチベーションを高めるのは有りだと思いますが、一番大切にすべきは効率的な練習をできるだけ多くこなすことですね。

 

当たり前ですが、それが最も重要だと思います。

 

 

【今日の実績】

ラン:14.87Km

 

明日も楽しく走りましょう!


テーマ:

こんばんは!

 

ランニング・モチベーターのしゅんじです。

 

最近、ストレスを感じる事が多いです!

 

相変わらず毎日のように通勤ランをしています。

 

通勤ランは清々しい朝の始まり、そして勤務後の疲れを癒やす疲労抜きに身体を動かすことでリフレッシュできる効果があります。

 

そんな通勤ランを脅かす(?)のが、歩きスマホ軍団です。

 

朝はみなさん慌ただしいためか、比較的遭遇する場面は少ないのですが、帰りの時間帯に良く出会ってしまいます。(最近、割と帰りが早くなったからかも知れません…)

 

彼ら彼女らは、全く前を見ずに人がいる方に突っ込んできて、こちらに避けさせるという荒技を使います。

 

歩きの速度ならまだしも、暗い中、自転車がこちらに気付かず突っ込んでくると自分が認識する時にはぶつかる直前だったりするのでかなり危険です。

 

しかも、そういう自転車は無灯火が多い印象です…

 

スマホを見たい気持ちは分かりますし、時間を有効活用したい気持ちも分かります。

 

ただ、この歩きスマホやチャリ走行スマホが果たして時間の有効活用か?

 

おそらく、普通に移動するよりも速度を落とさないと自分が色んな所にぶつかるでしょうし、実際、人には何度かぶつかっていると推測します。

 

それなら、スマホなんか見てるより、スピーディーに移動して、自宅でゆっくりスマホでも、大きなPCの画面ででもコンテンツを楽しんだ方が有効な気がします。

 

自分がいる茨城の田舎は、それでなくても歩行者の存在することを何故か一切考慮しないクルマが歩道に突っ込んでくることがよくあるます。

(これもこちらが避けないと危険です…)

 

せめて歩道利用者同士はそんなリスクを発生させないようにお互いにケアしたいものです。

 

 

【今日の実績】

ラン:14.89Km

 

明日も楽しく走りましょう!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。