日本のコーチング概念を破壊する!アメリカ式コーチング養成講座

日本のコーチング概念を破壊する!アメリカ式コーチング養成講座

このブログはテキサス大学でのコーチングの勉強メモ「バイリンガルコーチの日記」としてスタートしました。
現在、プロのエグゼクティブコーチとICFのアセッサーとして、コーチの方々へアメリカ仕込みのコーチングの情報をお届けしています!

こんにちは。

コーチまさえです。

 

 

ICFの倫理規定を学ぶ「倫理規定ゼミ」

私が主催するゼミ形式のICF倫理規定講座ですが、

最近は知り合いのICF認定コーチの資格更新時の

駆け込み寺と化しており依頼ベースで開催しておりました。(倫理規定3単位取得のため)

 

 

 

 

ですがですが、

ICF倫理規定を学ぶ場が必要だなあと感じているこのごろ。

それもケーススタディがあると理解が進むと感じています。

 

 

結論から言いますと、

「倫理規定ゼミ」を秋から再開する予定です。

 

 

 

その予定の意志を強くしたのが、

先日ICFジャパン主催のCode&CC研究会コミュニティ

マンスリー研究会でのできごとです。

 

 

  Code&CC研究会とはICFジャパンが昨年行った

  ICF倫理規定とコア・コンピテンシーを学ぶ研究会です。

  第1期は日本で認定されているスクールの代表の方々が参加されました。

 

 

 

先日行ったICFジャパン・コーチングコンバージで私が担当した

「コーチングの真髄を知る!<ICFバリュー/コア・コンピテンシー/倫理規定>」

で、お話させていただいた「平等(Equality)」と「公平(Equity)」について

もっと説明してほしいという声があったのですね。

 

 

 

カンタンに説明すると、

平等とは、等しく万人に提供される

公平とは、万人の個々の状況に合わせて提供される

というもの。

 

 

ゴルフのハンデがないのが平等で、ハンデがあるのが公平でしょうか。

 

 

例えば、ICFにおける平等と公平としては、

以前は資格筆記試験は英語のみでしたが、日本語で受験できるようになりました。

 

”平等”に英語で試験を受けることができていましたが、

英語を母国語としない日本人には受験が困難でした。

 

ですが、英語でも日本語でも受験できるようになり、

英語を母国語とする人も、日本語を母国語とする人も

”公平”に試験を受けることができるようになりました。

 

 

ICF自体も公平な組織になるために進化しています。

 

 

 

コーチとしてどのようなコーチングマインドセットで

平等と公平について考えていったらよいのでしょうか。

 

どのようなときに「平等」にして

どのようなときに「公平」にしたらよいのでしょうか。

 

 

いろんなケースがあり、いろんな考え方があると思います。

倫理というのは、その時の状況と関係性などにより

取るべき行動が変わってきます。

 

 

 

だからこそ、コーチ同士で話し合い、考えあう場として

「倫理規定ゼミ」が必要だなぁと感じています。

それも、インタラクティブなゼミ形式でね。

 

 

「倫理規定ゼミ」

倫理規定についてさらなる学びを深めたい方

年末にICFの資格更新をする方(CC3単位倫理規定)

を対象に秋ごろから再開します。

 

 

「コア・コンピテンシーゼミ」

も再開を検討します。

 

 

今日はお知らせまで。

 

 

Happy Coaching!

 

荒木まさえ

 

 

 

日本のコーチング概念を破壊する
型にはまらない!世界で希少価値が高い!
アメリカ式コーチングとは!?

分かりやすいアメリカ式コーチング6日間
【無料メール講座】

型にはまらない
あなたらしいコーチングスタイルを確立する

クライアントに感謝され

何度もリピートされるようになりますよ!

 

1日目 日本のコーチング概念を破壊する
型にはまらないコーチング
とは?

2日目 日本のコーチ9割がやりがちな○○とは!?
3日目 アメリカの99.8%のコーチが意識する
専門性の守り方

4日目 日本のコーチが提供している
     勿体ない○○セッションとは!?

5日目 日本のコーチは○○を変えるだけで
     リピート率アップする
6日目 日本のコーチが
     誰でも敏腕コーチになれる秘訣

 

 

今すぐ!無料登録する!
コチラをクリック!

                
 

 

 

Happy Coaching晴れ

今日もすてきな日でありますようにラブラブ
 

 

 

こんにちは。

コーチまさえです。

 

 

 

ICFジャパン開催で3日間にわたって行われた(6/18-19)

 

「コーチング・コンバージ Coaching Transformation Japan 2022」

 

が無事終了しました!

 

ご参加いただきました皆さま、ありがとうございます!

 

 

 

参加者が250名で、

9種11プログラムが延べ参加者942名という

多くの方々に参加していただいて本当に喜びでいっぱいです!

 

 

 

ICFは世界最大のコーチングの団体ですが、ボランティア集団の集まりです。

もちろんICFジャパンの理事も運営委員もボランティアです。(事務局以外)

 

ICFジャパンFacebookより(運営スタッフ一部です)

 

そんなボランティア集団が、3日間の大きなイベントを成功させることができたのは、

ICFジャパンの中にあるコーチングカルチャーではないかと思っています。

 

 

 

この3日間、下記プログラム内容からもわかるように

さまざまな角度からコーチングについて知ることができたと思います。

 

 

ICFイベントLPより

 

 

私は、「「コーチングの真髄を知る!<ICFバリュー/コア・コンピテンシー/倫理規定>」

「Let's Meet Up! 」そして「Coaching in English Group」を担当させていただきました。

 

 

「コーチングの真髄を知る!」では、

ICFのバリュー、コア・コンピテンシー、倫理規定など、

プロフェッショナルコーチとして欠かせないこと、

そしてICFのメンバーであることの価値などをお伝えしました。

 

 

 

共にICFのバリュー、コア・コンピテンシー、倫理規定を

翻訳した田中智子さんと会話しながら説明しました。

難しくとらえがちなことも、身近に感じていただけていたらうれしいです。

 

 

 

あと、「コーチングプラクティス for ALL」もスタッフとして参加しましたが、

コーチングプラクティスは本当にコーチの筋肉を鍛えるにはすばらしいプログラムだと思います。

ICFジャパンでコーチングプラクティスを企画し、実施したとき、

創設者として込めた願いが叶っていて、本当にうれしい限りです。

 

 

 

 

オープニングでICFグローバルのCEOやChairから

コーチングの知名度などについての調査を、

グローバルの視点で説明があったのもとてもよかったですね。

 

 

 

 

「コーチングの科学」では実践者であり研究者でもある

佐藤典子さんがゲストスピーカーとして語ってくださいました。

日本にも佐藤さんのような研究者が増えていって、

コーチングの効果を定量的なデータをどんどん蓄積していったら素晴らしいことです。

 

 

「みんなでコーチングの効果を考えよう」では、

コーチングの効果を5人のコーチが語った録画が

本当に素晴らしかったです。

一人一人のコーチングストーリーは日本のコーチングの資産となると実感しました。

これは引き続き行っていきたいですね!

 

 

 

また、「コーチングの事例」を企業の人事部(HR)担当者をパネリストにお招きして、

企業におけるコーチングの導入と実践をお話いただいたことは

取っても興味深く、他の企業のコーチング導入に役立てていただけることかと思っています。

事例に対してのリクエストが、その後多くやってきました。

ICFジャパンで答えていきたいことの一つになりました。

 

 

 

参加された方には「見逃し配信」がありますので、

配信日を楽しみに待っていてくださいね。

 

 

 

私はLAから参加で、残念ながら飲み会は参加できませんでしたが、

飲み会も盛り上がったと聞いています。

コーチ同士が気楽に語らい、横のつながりができる場が

広まるといいですね。

 

 

 

3日間、主催側だけでなく、参加者の皆さまと一緒に

ステキなイベントをつくっていったという一体感を感じています。

イベントが成功裏に終わったのも、皆さまのおかげです。

 

 

ICFジャパンとしては壮大なオンラインイベントでした。

力を合わせれば大きなことを成し遂げられることの証明だと思います。

 

 

 

まだまだ日本のコーチング業界には課題がありますが、

ICFバリューの一つである「コラボレーション(協働)」

コーチングの質を高め、日本に普及していきたいです!

 

 

 

Happy Coaching!

 

荒木まさえ

 

#icfjcc2022

 

 

日本のコーチング概念を破壊する
型にはまらない!世界で希少価値が高い!
アメリカ式コーチングとは!?

分かりやすいアメリカ式コーチング6日間
【無料メール講座】

型にはまらない
あなたらしいコーチングスタイルを確立する

クライアントに感謝され

何度もリピートされるようになりますよ!

 

1日目 日本のコーチング概念を破壊する
型にはまらないコーチング
とは?

2日目 日本のコーチ9割がやりがちな○○とは!?
3日目 アメリカの99.8%のコーチが意識する
専門性の守り方

4日目 日本のコーチが提供している
     勿体ない○○セッションとは!?

5日目 日本のコーチは○○を変えるだけで
     リピート率アップする
6日目 日本のコーチが
     誰でも敏腕コーチになれる秘訣

 

 

今すぐ!無料登録する!
コチラをクリック!

                
 

 

 

Happy Coaching晴れ

今日もすてきな日でありますようにラブラブ
 

 

 

こんにちは。

コーチまさえです。

 

 

 

すでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、

ICFジャパンが6月17日~19日の3日間、オンラインで

 

「コーチング・コンバージ Coaching Transformation Japan 2022」

を開催します。

 

 

 

 

コンバージは、ICFジャパンの一番大きなイベントで、

コーチングの最新動向を共有し、学びと成長、コーチ同志の繋がりの場など

コーチングをしている人、受けている人、

そして、コーチングに興味のある人に大きなメリットのあるイベントです。

 

 

なんと、早割は5月31日までですので、

お得にチケットを購入したい方はお早目に購入してくださいね。

 

コーチングコンバージ詳細はコチラ

 

 

私は担当理事として、

ICFのコア・バリュー、倫理規定、

コア・コンピテンシーについての分科会をします。

 

題して、

「コーチングの真髄を知る!
<ICFバリュー/コア・コンピテンシー/倫理規定>」

 

 

「どんな内容にしようかな~」

と現在スライドづくりに精を出しております。

 

 

そんな中、コア・コンピテンシーについて

私が昨年書いた記事が見つかりました。

 

 

事例を入れてカンタンに説明しているので、

コア・コンピテンシーってなんだろう

という方にお役に立つと思います。

 

 

 

 

 

 

今回のコンバージでは、

ICFグローバルの方々のお話を聞くこともでき、

大変参考になりますよ!

 

 

また、見逃し配信もありますので、

当日参加できない方もお得です。

 

 

「オンライン飲み会」もあり、

私も楽しみにしています。

 
 
ご一緒に楽しみましょう!
 
 

Happy Coaching!

 

荒木まさえ

 

 

 

 

日本のコーチング概念を破壊する
型にはまらない!世界で希少価値が高い!
アメリカ式コーチングとは!?

分かりやすいアメリカ式コーチング6日間
【無料メール講座】

型にはまらない
あなたらしいコーチングスタイルを確立する

クライアントに感謝され

何度もリピートされるようになりますよ!

 

1日目 日本のコーチング概念を破壊する
型にはまらないコーチング
とは?

2日目 日本のコーチ9割がやりがちな○○とは!?
3日目 アメリカの99.8%のコーチが意識する
専門性の守り方

4日目 日本のコーチが提供している
     勿体ない○○セッションとは!?

5日目 日本のコーチは○○を変えるだけで
     リピート率アップする
6日目 日本のコーチが
     誰でも敏腕コーチになれる秘訣

 

 

今すぐ!無料登録する!
コチラをクリック!

                
 

 

 

Happy Coaching晴れ

今日もすてきな日でありますようにラブラブ