Equine Therapy PARTNERS

Equine Therapy PARTNERS

エクウィンセラピー パートナーズ

 7月30日(火)、ディープインパクトが亡くなりました。

ちょうどこの日、いつもボランティアで行っている乗馬クラブで、10歳のディープの産駒のセラピーを

していました。ふと、この子のお父さんはディープインパクトだな・・・なんて思いながら関わっていた

ので、家に帰ってディープが亡くなったと聞いて、とても驚きました。

 

 今から4年前、北大で動物関係の国際学会が開かれ、それに参加するため札幌にいました。

学会が終わり知人に馬関係の施設を案内してもらっていたのですが、その一つに社台スタリオン

ステーションがありました。

 訪問の目的は獣医さんにご挨拶することでしたが、たまたまお留守でした。もうすぐ戻られると

いうことだったので、待たせてもらうことにしました。その時たまたま事務所(?)にいらした職員さんが、

「良かったら見学しますか? ディープインパクトもいますよ。」と言ってくださいました。

 私たちは「いいんですか?」と言いながら、ディープや他の種牡馬たちの馬房のすぐそばまで

行きました。私は競馬にはそれほど興味はなくて写真を撮るつもりはなかったのですが、

知人から「宮島さん、ディープインパクトですよ!」と言われ、撮ってもらったのがこの写真です。

 

                                                2015年9月

 

 それからもしばらく待っていましたが、獣医さんはまだ戻っていらっしゃいませんでした。すると、

「今からディープの種付けがあるので見学しますか?」と言われ、思いもしない機会に恵まれました。

初めて見る種付けでした。この日もう1頭、エピファネイアの初めての種付けもありました。

 種付けを見て思ったのは、本番(!)の前に代理をさせられる当て馬(?)が不憫に思えたこと、

母馬の側で職員に押さえつけられながら怯えたように鳴いている子馬の姿、そして、頸を湾曲させて

種付けをする種牡馬の姿勢のすごさでした。

 「きっと頸にテンションやストレスが溜まるだろうな。」それ以来、種付けをする馬に、もし機会があったらセラピーをしてあげたいな、という思いを抱いていました。

 

 頸椎骨折で安楽死になったと言うことですが、年間相当数の種付けをしていたら、頸椎に負担は

かかるだろうな、と思いました。

 いつも見ている10歳の産駒が、お父さんの分まで長生きしてくれることを願いながら、

ディープインパクトの冥福をお祈り致します。

 ジム・マスターソンはマスターソンメソッドの目的を、「パフォーマンス、ウェルビーイング、馬との関係、およびコミュニケーションを発展させること」であるとし、それは獣医学の代わりになるものではないと

述べています。

 ここではマスターソンメソッド認定プログラムについて簡単にご紹介したいと思います。このプログラムは全体を3段階に分けて組み立てられています。すべての人がMMCPを目指しているとは限りません

ので、第1段階だけで終える人、第2段階に入っていても事情があって途中で辞める人もいます。

 現段階では日本に在住しているとセミナーのたびに海外に行かなければいけないので、継続が難しいと言う問題もあります。その意味でも、日本でセミナーが開かれるようになって欲しいと思っています。

 

<マスターソンメソッド認定プラクティショナー(MMCP)プログラム>

・ MMCPになるには以下に説明されているホースマンシップの経験と教育の前提条件を満たし、

 コースのトレーニング要件を完了し、教えを受けたすべてのテクニックに習熟していることを

 証明する必要がある。

・ 認定プログラム完了期間: 9 ~ 18ヶ月。

 

第1段階:必須コース(Prerequisite Courses

1. 2日間セミナー(Beyond Horse Massage 2-Day Seminar-Workshop)

  - このセミナーはMMの基本原理とテクニックについて学ぶ基礎ワークショップで、週末に行われる。

  - ここでは実践的な指導を通してリリースの感触、馬を読みとることを学び、それらが機能するため

   の方法に馬が参加している必要がある。

  - このワークショップで最も価値があるのは、ボディワークの結果、馬との関係性やコミュニ

   ケーションを改善させることである。

2. ホームスタディコース(Beyond Horse Massage Home Study Course)

  - 2日間のセミナー中にジム・マスターソンが教えたテクニックのガイド学習と体系的実践を提供

   するオンラインコース

3. 5日間セミナー(Advanced 5-Day Course)

  - このコースで教えられる高度なテクニックは、馬の動きやパフォーマンスのポジティブな変化を

   もたらすことであなたの成功体験を増大するであろう。

  - また、身体に代償的あるいは二次的問題を引き起こす可能性のある一次的問題を示す

   パターンを特定するのに役立つ評価方法を学ぶ。

 

第2段階:認定プログラムの開始(Starting the Certification Program

・解剖コース(Anatomy Course)

  - 解剖学の要件を満たす。

  - 第2コーチングコースに参加する前、そして登録から6ヶ月以内にこのコースを修了する。

  - フィールドワークコースの受講を申請するには、解剖学の熟達度を評価するための

   フィールドワークエントランスクイズを受ける。

・フィールドワークコース(Field Work Course)

  - 3つのブロックで、各々5頭×2回=10例のケーススタディを完了する。

    (ケーススタディは、各ブロックすべて異なる馬で行う必要がある。)

  - 各ブロック終了時にMMコーチとコーチングコースに参加し、習熟した実技を実践する。

  - 各ブロックの焦点:  

     ブロック1: 技術の習熟度、   ブロック2: 解剖、   ブロック3: すべて

  - ブロック3のコーチングコースは、認定修了コースに参加する少なくとも3週間前には修了する。

 

第3段階:修了コース(Completion Course

・認定修了コース(Certification Completion Course―2-Day-Course)

  - 認定プログラムで学んだテクニックを復習、実践、洗練し、ジム・マスターソンのテストを受ける。

  - ジム・マスターソから、次のレベルの評価とボディワークテクニックを教えられる。

  - 上記修了後、マスターソンメソッド認定プラクティショナー(MMCP)のタイトルを獲得できる。

 

※ 詳細につきましては、マスターソンメソッドのウェブサイト(英語)をご覧下さい。

  また、質問等がございましたらこのウェブサイトを通してお知らせ下さい。できる限りお答え致します。

 

 

 

  前回のブログで少し触れましたが、マスターソンメソッド認定プラクティショナー(以下MMCP)は、

世界のあちこちで活躍しています。日本でもマスターソンメソッドがもっと広まって欲しいと思いますが、彼の本『Beyond Horse Massage』は日本語に翻訳されていませんし、日本ではセミナーも開かれて

いません。

 近い将来それらが実現することを願い、今回はマスターソンメソッドについて、2回に分けてご紹介

したいと思います。なお、この内容は、ジム・マスターソンのパンフレットやウェブサイト(以下)を参考に

しています。併せてご覧いただければと思います。https://mastersonmethod.com/

 

<ジム・マスターソン(Jim Masterson)>

 ジム・マスターソン(Jim Masterson)はアメリカの馬マッサージセラピスト(Equine Massage Therapist)

です。過去5年間のアメリカエンデュランスチーム、FEIワールドカップ、パンアメリカンワールドゲーム

大会などで活躍するとともに、アメリカをはじめヨーロッパ、オーストラリア、南アフリカなど、世界各国で、セラピストや馬のオーナーにユニークなボディワークを教えています。

                  イギリスのあるポロクラブでのボディワークの様子

 

<マスターソンメソッド(Masterson Method® 以下MM)>

 1997年、馬のマッサージに興味をもつようになった彼は、緊張(tension)をリリースするのに馬の

身体に触れることで、馬がある種の神経学的反応を示すことに気がつきました。この反応を用い、

馬の身体のどこに緊張が溜まっているか、それをリリースするためにどれだけの圧力が必要か、

そしていつそれがリリースされるかを把握する。馬が参加するシステムを開発しました。

 MMは馬の筋肉や結合組織の深くに溜まっている緊張や痛みをリリースすることを可能にする、

馬のマッサージとボディワークの統合された多様な様式です。リラックスした状態で軽いタッチや

穏やかな動きを使い、馬の反応(視覚的で触知可能な反応は馬の身体が感じている事をあなたに

伝えています)の範囲を観察することで、馬とのコミュニケーションや関係を高められるだけでなく、

馬の健康やパフォーマンスを向上させることができるようになるでしょう。

・ あなたと馬との関係やコミュニケーションを改善する

・ あなたの馬をもっとリラックスに快適にする。

・ あなたの馬の能力を最大限に引き出すことを妨げている限界と制限を克服するのを可能にする。

長い間更新をせず、大変失礼しました。

 

ついに、マスターソンメソッド認定プラクティショナー(Mastersono Method® Certified Practitioner:

MMCP)を取得することができました。コースを始めて足かけ3年、いや~~~、長かったです!!!

 

                          左はJim Masterson

 

とりあえず日本人第1号です。でも、間もなく第2号が生まれると思います。

ただ、世界にはMMCPだけでなく、馬に関する実にさまざまな資格を持っている人が

たくさんいると言うことを、今回改めて感じました。

 

私はほんのスタートラインに立っただけだな、と感じています。

とにかく、これからも多くの経験を積み重ね、自分のスキルを確かなものにすると共に、

少しでも日本のお馬たちや馬に関わっている方々に貢献できればと思っています。

 

マスターソンメソッドの詳細についてはまた日を改めて書くことにして、本日はとりあえず、

取得したというご報告まで。

今日はクリスマスイヴですね。

ずいぶん前ですが、コペンハーゲンの友人の家ででクリスマスイヴを過ごしました。

食事の前にクリスマスソングを歌いながらツリーの周りを何度も回り、それからお祝いしたことが

とても新鮮に思えました。

デンマークの人々はそれほど信仰心が強いとは思いませんでしたが、家庭でのお祝いの仕方は

質素ですが、とてもいい雰囲気でした。

質素と言えば、メインストリートのイルミネーションも、思った以上に「質素」でした。

今や日本のクリスマスイルミネーションは、宗教色を抜きに、とても華やかできれいですね。

 

今年はカナダの郵便局がストをしているそうで、友人がクリスマスカードの代わりに

とてもかわいい写真を送ってくれました。ミニチュアホース達がとってもキュートです!