トミー・ラソーダさん | Equine Therapy PARTNERS

Equine Therapy PARTNERS

エクウィンセラピー パートナーズ

長年ドジャースで監督をなさっていたトミー・ラソーダさんが、1月7日にお亡くなりになりました。

野球に関する情報を通して知っているだけでしたが、とても魅力的で尊敬する方でした。

 

もう10年以上前ですが、勤務先でメンター講習会が開かれました。

その中で、ほめることについて取り上げられたのですが、

ラソーダさんは人をほめるのがとても上手な方だったようです。

 

                   トミー・ラソーダ氏 (ウィキペディアから転載)

 

ラソーダさんは、

  ・ ほめるとは、その人が聞きたいと思う言葉を見つける行為

  ・ 監督はどうしてもその人を平面で捉える、

  ・ そうではなく、立体的(多角的)に捉え、奥行きをもって育てることが大事

 

と述べ、

   It is not important to talk. Most important thing is 

  to observe to use your eyes not mouth.

 

と仰っていたそうです。

 

当時、学生を相手に仕事をしていた私にとって、とても心に残る言葉でした。

94歳。ご冥福を心からお祈り致します。