アハルテケの子馬 | Equine Therapy PARTNERS

Equine Therapy PARTNERS

エクウィンセラピー パートナーズ

青森県八戸市にある牧場で、アハルテケの子馬が誕生したというニュースが載っていました。

(元の記事は東奥日報)

 

アハルテケ(Akhal-Teke)はトルクメニスタン原産で、馬の原種に最も近く、現存する最古の馬だと

言われています。長い耳、長い背中で、中には光沢のある金色の河原毛や月毛などのきれいな

被毛をしている馬もいます。

 

 

私が最初にアハルテケという馬を知ったのは、カナダでエンデュランスをしている友人の紹介で、

アハルテケの生産と育成をしている牧場でケーススタディをさせていただいたときでした。

アハルテケは持久力があるので、エンデュランスの馬として育てていると言うことでした。

ここにはスタリオンが2頭いましたが、その内の1頭をケーススタディで使わせていただきました。

かなり体高が高くいかつい感じで一時もじっとしていないため、オーナーさんに持ってもらって

おこなったのを思い出します。

 

牧場には生後半年の子馬たちが何頭かいましたが、とても人なつっこく、

柵の間からかわいい顔を出していました。

残念ながらこの牧場のホームページはすでに削除されていました。移転したのか閉鎖したのか

定かではありませんが、とてもいいところだったので残念です。

あのときの子馬たちはすでに8歳前後になっていると思いますが、元気に成長していたら、

カナダのエンデュランス大会で活躍しているかもしれません。