EMs' Blog

EMs' Blog

日々の戯言
since 2013

NEW !
テーマ:

3月2日(金曜日)

 

旅に来ると夕日と朝日を見たくなる。

 

人生初のインド。

ガンガー沿いのホテルからは、この絶景の朝を迎えることができた。

 

本当に素晴らしい景色。

写真じゃ伝わらないくらいに綺麗だった。

朝からたくさんの人が船に乗ったり、沐浴したり。

宿の屋上に登り、しばし息をのんだ。

至福のとき。感謝。

 

 

さて、今回のインド旅の目的は、ずばり、これ!

ホーリー祭!!

 

ホーリー祭(Holi)とは、インドやネパールのヒンドゥー教の春祭り。

春の訪れを祝い、誰彼無く色粉を塗りあったり色水を掛け合ったりして祝う。(by Wikipedia)

 

イメージ画像


来る前から経験談のブログを読み漁り。

それはもう、期待に胸膨らませておりました。

かなり危険度の高い祭り(らしい)ので、元気なうちに行こうぜ!

と、40過ぎた女2人連れでインドに来ちゃったわけ。爆

 

特に女子は体に触られる痴漢行為は元より、レイプされる危険性もあるとか。

不安もちょびっとあったけど。

それはもう、40過ぎですから!!

大丈夫でしょうよ!

 

結果、大丈夫でしたしねー。

まぁ、乳は何回か揉まれたというか鷲掴みされたけど。

満員電車の痴漢に比べりゃかわいいものです。

ただし、私たちはあくまでもガンガー沿いの大通りのみを歩いたので(インド人の言いつけ守って)。

細い路地や知らない建物には行きませんでした。

 

さて、ホーリー。

宿を出たその瞬間から始まりました!

宿前の路地にて既にご近所さんたちが祭りの真っ最中。

3歩、歩けはこの状態。ww

しかも、みんな良い人で。

粉をつけるときも、丁寧にゆっくりとつけてくれました。

 

 

前日に買った水鉄砲が役に立たず。

ペットボトルのがいいぜ!とお手製の水鉄砲を作ってくれた。

そして、

「絶対川沿い以外歩くな」

と、またしても言いつけられました。ww

 

インド人の女性は町中を歩いておらず。(やはり危険なのでしょう)

女の子たちは屋上から参戦。

色水入りの水風船を投げまくってきます。

なかなかの攻撃力。(笑)

 

いざ、ガンガーへ!

出会う人、出会う人、皆が

「Happy Holi」と挨拶してくれ、手を振ったり、粉付けたり。

そして、そのうち法則が分かって来た。

 

明らかな観光客は安全。

年配のインド人も安全。

2, 3人のインド人もやや安全。

5人以上のインド人グループはやや危険。

若い(10代くらいの)団体は更に危険。

 

何が危険か?

それは粉や水のかけ方。

口や目に入れることも厭わない。

そして、痴漢行為の横行。

集団で1人を囲み、ぐっしゃぐしゃにされることも。

 

ね?明らかに顔と胸の色が濃いでしょ?ww

 

 

まぁ、すぐに解放してくれるので、マシな方なのでしょう。

ちなみに、金や銀の顔塗りしてる団体はけっこう危険です。

(この人たちは2人だけだったので、大丈夫だったけど)

 

そして、ちょっとした安全圏を発見。

それは、観光客(特に西洋人)の団体に紛れること。

こちらの人数が多いと、インド人も挑戦しようとは思わないらしい。(笑)

しばらく、安全ゾーンにて休憩。

 

ただし、ここも時にはこうなる。

10人以上の若いインド人軍団の襲来。ww

観光客も混じって、なかなかの盛り上がりっぷり。

 

めちゃんこ楽しかった!

この後ろにいる奴らが、比較的危険な調子乗りグループ。(笑)

 

ホーリー祭は、午前中で終わります。

午前中についた色を落として、新しい綺麗な服に着替え、お参りに行くのが習わしだとか。

ただ、もちろん、継続して飲んだくれてる人たちもおります。

 

私たちも、午前中だけで十分に(汚れ、いや)楽しんだので、宿に戻って休憩することに。

シャワー待ちの間、自分の汚れっぷりを楽しむ。ww

こんなカラフルになること、これからの人生に果たしてあるだろうか??

 

ビールも旨い~~~♪

 

せっかくなので、ビフォア・アフター☆

  

見事やわー。

服の中も色まみれ。

何故なら、何回か胸に手を突っ込まれたから。爆

 

シャワーを1時間くらい浴びて。

洗っても、洗っても、どこかから色が出てくる。。。。。

全部綺麗に、とはいかなかったけど、ほぼ落ちました。

 

シャワーの後は、宿にてランチ。

(ホーリー祭の日は、町のお店はほぼ閉まってます。)

本日のダール。ひよこ豆!

宿のご飯が美味しくて、当たりだった!!

 

ランチの後は、夕涼みを兼ねて散歩。

宿前の公園(?)は、ご近所さんの憩いの場になってた。

何やら、ゲームに夢中。

 

ガンガー沿いでは、既に日常が始まってた。

 

習わしの通り、綺麗な服に着替えている一家に遭遇。

きっとお参りに行くところ。

お父さんのピンクが可愛いわー。

 

日が沈むころ。

ガンガーは美しさを増す。

 

そして、この夜ももちろんプージャが行われ。

人々は祈りをささげていた。

 

クレイジーなお祭りの後の日常。

インド2日目、大満喫でした。

 

ホーリー祭、超おすすめです!!

(但し、安全には十分に注意しましょう。)

 

 

 

そして、この夜も流れる爆音。。。。。

2日目にしてもう慣れたけれども。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス