「凡事徹底」が広報PRのコツ。 | 南青山のPR会社 フロントステージ社長のブログ

南青山のPR会社 フロントステージ社長のブログ

貴社のPRマネージャーとして、企業やサービス、人を"表舞台"へ

私の好きな言葉のひとつに、「凡事徹底」があります。

 
 
 
もうかなり前、20代前半の頃に読んだ本の中で、
大和ハウスの樋口会長が、座右の銘として挙げていた言葉だった気がします。
 
 
「凡事徹底」とは、その字の通り、当たり前のことを、徹底的にやること。
 
 
 
 
広報だったら、
 
 
・毎日、読むメディアを決めて、そのメディアを徹底的に知る
・業界を決めて、そこのメディアアプローチを徹底的に行う
・サービスを会社の誰よりも徹底的に知る
・サービスを会社の誰よりも徹底的に使う
 
 
という感じでしょうか。
 
 
 
 
「サービスを使う」
「サービスを知る」
「メディアに目を通す」
「メディアアプローチを行う」
 
と、一つ一つを見ると、すごく当たり前のことですよね!
 
当たり前のことを、しっかり、コツコツをやる。
それがとーっても大事な気がします。
 
 
 
 
そういえば、広報に関わる著書も多数出されていて、
日経MJや広報会議に連載を持っている
戦略PRコンサルタントの野呂エイシロウさんのメルマガでも、
先日、そのような内容のことが書かれていました。
 
 
 
 
私は、広報は、特殊なことをやる必要なないと思っています。
突飛なアイデアも時には必要ですが、
それよりも、毎日、地道に「凡事徹底」することが大事!
 
「徹底的にやる」って本気でやるとすごいエネルギー使うので、
私自身にも、ぶれないように、言い聞かせています!
 
 
 
 
あと、自分のやり方にあった「凡事徹底」をするのもポイントかも!
 
 
 
私は、この記事でも書いたように、
地味な作業をコツコツすることが苦ではないんです。
 
(「存在がある人」とは②)

https://ameblo.jp/emisenda/entry-12461906427.html

 

 

だから、地味なことを徹底的にするのは、私の性格には合っている。

 

 
 
 
ある広報さんは、
「アイデアや企画を考えるのが苦手なんです」
と言っていた。
 
 
でも、その広報さんは、「お金」のスペシャリストなんです。
 
 
だから、「お金」を軸に、季節やイベントなどと組み合わせて
ネタを考えることをおすすめしました。
(このネタを考えるにはコツがあるのですがまた今度!)
 
 
そしたら、どんどんアイデアが出てくるんですよねー!!
 
 
 
私も気がつかないような。
 
 
 
 
 
あなたは何が得意ですか??
 
 
それを元に「凡事徹底」、一緒に頑張りましょう^^
 
 
 
 
千田 絵美
 
 
 

---

 

■フロントステージでは、広報・PRを募集しています!

詳しくはこちらから

事業拡大中!広報PRコンサルタント募集!営業経験ある方大歓迎

 

 

■経営幹部も募集中

詳しくはこちらから

スタートアップPRフロントステージの経営幹部候補募集!

 

 

フロントステージWEBサイト

 

 

■過去インタビュー記事(一部)

・シティリビング

30・40代の女性社長に聞く 強くしなやかに働くためのヒント

 

 

・プレジデントウーマン

不安定なほうが人生は好転する "人生は会社頼み"をやめた女性3人の幸せ