『英語職人』時吉秀弥の英文法 最終回答!

『英語職人』時吉秀弥の英文法 最終回答!

本当にわかる英語とは?!英語、英文法、その他の外国語の学習、言語学などについていろいろ語ります。

動画の中で「itなどの抽象化された軽い情報は・・」などと話したくだりに対して、視聴者の方から

「抽象的なものが果たして軽いと言えるのだろうか?」というご質問をいただきました。その返信が我ながらなかなか良いものだと思いましたので😅、ここにもシェアさせていただきます。

 

以下、「言語とはそれ自体が、情報の抽象化の産物だ」というお話です。

 

「言葉」とはそもそも情報を抽象化することで生まれる産物です。情報を言葉にして抽象化し、軽くすることで、他の動物に比べて、人は情報のやりとりを容易にしました。

例えば「キャベツ」という単語ひとつとってみても抽象的です。なぜなら、現実にはこの世に完全に同一なキャベツは存在しないからです。本来、あなたの見たキャベツを本当の意味で具体的に説明するなら、そのキャベツの色、シミの位置、重さ、どこで買ったのか、どれくらいの鮮度なのか、などなど全て説明しなければいけません。大変です。しかし、それを「キャベツと呼ばれる類のもの」とグループ化された単語、つまり「キャベツ」という言葉で表すことで、相手には「どんなキャベツか知らないけど、取りあえず、キャベツと呼ばれる野菜のうちの一つ」という意味が伝わります。これが「抽象化」の効果であり、「抽象化=情報を軽くする」ことの意味です。もうひとつ例をあげれば「昨日学校へ行った」と言うとき、どこの学校なのか、小学校なのか、中学校なのか、高校なのか、大学なのか専門学校なのか、校舎という建物に行ったのか、授業を受けに行ったのか、は話されていません。そんなことをいちいち話していたら面倒臭いですし、聞いている人も面倒くさがります。「面倒くさいから『学校』って言っておけば良いじゃん」という意味での「学校」という単語も、高度に抽象化された情報です。このように、我われは普段気づかないだけで、言葉を使うという行為自体が情報を抽象化し、情報を運んだり、伝えやすくしているわけです。それがさらに高度になった場合、文法の中で「より抽象的な表現=軽くて扱いやすい情報」として英語の語順などに影響を与えているのです。

 

 

【重版決定!】
新刊「英文法の鬼1000問👹」、18日の全国発売を待たず、早くも重版決定いたしました。ありがとうございます!有名書店での先行販売の売れ行きも好調のようです。これも読者の皆様の熱いご支持と書店様の熱い意気込みのお陰です!本当に感謝‼️



本日より都内及び首都圏有名書店にて「英文法の鬼1000問👹」続々と先行販売開始です!書店様の意気込みが嬉しくて泣けてきます!


紀伊國屋書店新宿店様 ありがとうございます!



ブックファースト新宿店様 ありがとうございます!



三省堂書店有楽町店様 ありがとうございます!



有隣堂アトレ川崎店様 ありがとうございます!


必ずや皆様のお役に立てるであろう一冊に仕上がっています。是非とも1000問、解き切ってみてください?!あなたの英語の力は激変します。