東京 護身術、中国伝統武術 掌友会のブログ (東京)

東京 護身術、中国伝統武術 掌友会のブログ (東京)

護身術やボディワークそして
ちゅうごくけんぽう(中国拳法)を
練習する管理人の様々な出来事を
書いていきます。
古武術 護身術 武道 武術 健康
強健 


テーマ:
先日の稽古で戴氏心意拳のミット打ちの際に
脚を前側に地面につくタイミングと、手を出すタイミングがズレていて打撃が弱まっている方が数人おられました。


これは六合のタイミングにズレがるが故におこります。

ここでは六合の説明はしませんが。
簡単に申しますと足を下ろすタイミングと手を出すタイミングと行こうとするタイミングがズレズレになっていくとうまく良いパンチが出ません。

手がついてから足が前に行こうとすると相手を押してしまいます(プッシュ)

かといって、足が着ききってから手が出ると突きの威力が落ちてしまいます。

今回もこのような状況に陥っている方が数人おられたので、少しだけ六合の理屈を説明して、、、
タイミングを実地で説明してもう一度頑張ってもらいました。(結局実地で説明した方が理解が早かったのですが、理論を少し入れただけで深みが増したような気がしました。)
戴氏心意拳の技の多くは拳が出たタイミングと腰が返るタイミングが、同時でありもちろんそこで雷声が出ても拳もひねるのです。

太極拳にももちろん六合はありますし、少林拳にも六合はあるでしょう。合わせようと思うとなかなか難しくて合わないのですが意外と技がうまく決まった時なんかは自然と使っているもので、稽古で意識せずに使えるようにすることが大切ですね。

その辺りは“心意“ですね。

心意拳は掌友会においでよ。





テーマ:
中国伝統武術 掌友会 木曜日夜稽古会

いつもよりは人も少なかったような気がするが先日の小淵沢合宿の話で盛り上がった。次の合宿の場所はどこにするとかそういう話をして、先週終わったばかりだろうと言うツッコミ待ちとかしてみた。


もちろん東京の人達だからと思っていたら意外とAさんが突っ込んでくれたりとかちょっと嬉しかった。

家の会は基礎練習をしながらでも結構しゃべる、楽しい中で稽古してさらに楽しく練習のことを考えることが出来るように基本的に楽しみながらやる。

今日は基礎練習が終わって人数が揃った頃、私が昔どんな練習をしてきたのかと言う話になってきた。その流れでどんな散打をしてきたのかという話になり、では実際にやってみようと言うことになって昔々やっていた少し厳しい散打をやった。

その散打では最初は足を止めて顔面グーパンチなし肘打ちも無しで、基本的にライトコンタクトと同じように顔面も平手で叩き合うそんな散打をやった。この散打ができてくると足を動かしたり蹴りありの散打になってくる。

今日のメンバーはこれが気に入ったようだ。Tさんも必要性に気がついたようでやりたいと言ってきた。ただこれは叩き合えばいいというものでもないので、人が少ない時にちょっとずつやっていきたいですね。

これをやっていると私の場合は素人さんのパンチは当たらなくなりました。中国武術の場合はスウェーなどはほとんど使わず、相手に打たせなかったり手で避けたり、崩すことで打たせなかったりします、それをやるための精神状態を作るための稽古だと思ってもらっても良いかと思います。叩くことが目的ではなく触れているところからの感覚が重要で推手と目的が似ていますが、打撃になれると言うことと打撃に対する度胸をつける練習かなと…

この散打の後、摩勁膜勁をやりました。
結局ここに来るんですね。こういう地道な稽古が
散打のような難しい練習に響いてきますよね。


木曜夜18時から21時半位まで東京都北区で戴氏心意拳や八卦掌の稽古をしています。





テーマ:
掌友会の八卦掌の要求

要求とは練功を行っている際の身体の位置や意識の持ち方をいい、こと八卦掌では流派の違いが大きい。
この記事を見て他の八卦掌流派の方が何か参考になるとはとても思えないが自分の会員さんのために少し書いてみようかなと思う。

うちの八卦掌で練功の際に常に行っている要求がいくつかある。この練功が今後の核となる。

気沈丹田
気持ちを丹田まで沈めます。丹田を意識するという感じでもいいと思います。

虚霊頂勁
顎を引いて首を上の方に引きます。
太極拳の要求の名前と同じですね。

含胸亀背
胸を引っ込めて背中を亀の背中のようにします。
太極拳の要求にも同じような名前のものがありますがこちらの方がより強引に胸を引っ込めるといった感じです。

担腰
腰をしっかり入れます。おしりが出るの逆を行くところでしょうか、走圏の際にもこの八卦掌は1度もお尻が出ることなく歩くことになっています。

 この4つを守ればとりあえず大丈夫でしょうか。

まだ要求はたくさんあるのですが、流派によって違うのと、あまり多く出すものではないのでとりあえずはこの四つにしておきましょう。その他の要求の漢字なども指導者の方に尋ねましょう。







テーマ:
2018/10/06、10/7
中国伝統武術 掌友会と太極拳推手倶楽部の合同で小淵沢にて合宿を行いました。


台風接近に伴い決行が非常に心配されたのですが
、明けてみれば何事もなく台風は日本海側を行ってくれました。

6日
合宿所は剣道場で、風通しがよく清潔な板の間の道場って感じの場所でした。




今回は初めてだったので一泊にさせてもらいました。
土曜日は何事も無く避けてくれたのに中央線の事故で1時間遅れ、初日は少しくじかれましたが。
太極拳推手倶楽部、掌友会ともに無事に稽古開始!

稽古内容は、、、
少し新しいことをしましたが、基本的には同じなのであまり書きませんが、中国武術における力のあり方と力の出し方作り方これに重点を置いて稽古を進めていきました。

そして…
合宿の醍醐味と言えばやはり稽古の後の食事ではないでしょうか。今回の合宿場の小淵沢食べるものが美味しく合宿所の方でも地元の食べ物を使っていただき…

そしてバーベキュー‼️

地元の肉🍖🥩と地元の野菜🥦そして地元の米で作ったおにぎり🍙も最高です。(私は8個も食べました)ついでに山梨の焼酎(私は飲みませんが)大変おいしかったそうです。



皆さんそれぞれの武術談義で花を咲かせ疲れたのか12時前には宴会&夜稽古もほぼ終了していました。





次の日は力稽古と散打、推手など対練中心で稽古を行い。楽しい時間はあっという間に過ぎると言いますがまさにその通りで、午後3時半に合宿稽古を終了いたしました。

道場に雑巾をかけて終了‼️

いやはやまったく楽しい二日間でした。

お世話してくれたOさんありがとうございました!合宿所の皆様大変お世話になりました。
お昼ご飯のカレーについてきた地元のキノコ汁が最強においしかったとか良い思い出でいっぱいです。

もちろん今回は合宿なので観光と言うものはなかったのですがOさんのせめてもの取り計らいでうなぎを食べに行くことになりまして山梨県で有名な井筒屋さんに鰻を食べに行きました。

またここのうな重は超うまいったら😋
遠いし高いのでなかなか食べられませんが堪能いたしました。
↑ここのうなぎはマジで美味しい。

合宿またやるよ!

↑楽しく強くなりたい人はここをクリック。




テーマ:

先日の日曜日の稽古の様子。


探掌交換掌法の稽古。


簡単に言うとずっとこの稽古を繰り返すこと。


新しい練習方法もやりますし新しい型もやりますが、大体こんな感じで頭に刻み込むために反復練習します。

コツは無駄に力を入れないことかな。


戴氏心意拳では、脳や内面に焼き付けるように練習することを“心意“といいます。


しかしこれは八卦掌の練習です。

八卦掌は別だん心意と言う言葉は使いませんが

どこの流派でも普通にやっていることです。

力稽古はそれはそれであるので、この稽古は力を入れないでやり方を覚えましょう。


掌友会 八卦掌










Ameba人気のブログ

Amebaトピックス