東京 護身術、中国伝統武術 掌友会のブログ (東京)

東京 護身術、中国伝統武術 掌友会のブログ (東京)

護身術やボディワークそして
ちゅうごくけんぽう(中国拳法)を
練習する管理人の様々な出来事を
書いていきます。
古武術 護身術 武道 武術 健康
強健 


テーマ:
合宿の準備が大体終わったよ。

10月の3連休に有名な観光地に行くので、全てにおいて予約が必要で電車から昼飯からもちろん合宿所の予約もして、合宿費の管理保険の手配…ちょっと疲れた。


合宿ではどんなカリキュラムで行こうかな、基本的には変わらないと思うけど合宿ならではのカリキュラムを少し考えてみようかな。

そう考えていると何だか楽しみだよ。

蕎麦もおいしいらしいし、星も綺麗なのかな今回は子ども教室は参加せず、大人だけで合宿をやる。初めての場所だしとりあえず一泊で行ってこようかと思っている。

さてどうなることやら。

太極拳推手倶楽部
中国伝統武術 掌友会







テーマ:

木曜夜の掌友会 稽古でした。


やっぱり最初は基本の丹田功、虎歩、五行拳にこだわり、対練である摩手の稽古に入っていた。


             ↑摩手練習、皆さんまだ目的意識がちょっと甘いかも。


これまで多くの方を見てきた中で、明らかにこの人は天才だと言う人は何人か知っている。そういう人に限って武術もできて、やる気があってナイスガイというケースが多い、いやほんとうらやましい。

後はその分野においてバカになれる人。寝ても覚めても、その事しか考えず。時間忘れてそのことばかりができる。時間を全てそんなことばかりしてるわけだからその分の時間がすべて練習の時間となる…もちろんそういう人は伸びる。


あーそんな人間になってみたいなー

今日の摩手は久しぶりだったからか、摩手の根本的なことを忘れている人もいた。 手を離してはいけない。硬くなってはいけない。などなど、、、









テーマ:
やっぱり基本力が大事ですね。。わかっちゃいるんだけど、体重の重い軽いも、もちろんあるかもしれないけど基本力があるかないかで大きく変わってくるような気がする。




この技を知ってるから強いとかそういうもんでもないし(中国武術はこういうのが多い)

流派は自分の居場所や好きなスタイルなだけでそれが強い弱いにそこまで大きく関わってくるということもそんなにないんじゃないかなと思う。それがあるとしたらそこの教師が問題である。

基本力ってなんだろうって考えたときに“力“と、まずは単純に考えて良いと思う。腕立て伏せが10回もできない人が100回軽くこなす人には簡単には勝てないと思うし、殴り合いで優位に立つ中にはもちろん体重もあるのだろう。


中国武術の中には力とはまた違う力の話があるが、初心者(ビギナー)はまず力のことを考えても良いと思っている。それが腕力なのか足力なのかそれは流派によって違うことなのだ。

力と並んで大事なのは心の問題だと思う、経験やパッシブに持っている度胸これが大きく影響する。

しかし、、、
こうやってダラダラ書いているが、よくよく考えてみたら上記はいろいろな流派の先輩方が何度も言ってきたことのように思う。

やってるかやってないかだけでどこの流派でも言ってることだよね。

余談
まぁ余談ではあるが最近ブログのほぼ全ての入力をiPhoneの音声入力だけで行っている。後の編集はちょっとやりにくいのでMacBookを使っているが後は大体iPhoneでイケてる気がする。








テーマ:

大体そういうもんでしょうね内家拳って…

 

即実戦につながらないので、使えないように感じるところもありますけどね。

 


でもパッシブスキルの集合体なので、実はすごく重要。

 

型を稽古していても、ダラダラやってもサラサラと流してもダメで自分の中を観ながら型や練功をしていく事が大事かもね。

 

散打でも、いかに相手に当ててしまわないかを、自分の足かせにして稽古して行っても良いかもしれません。当ててしまう方が簡単なのですから。

 

戴氏心意拳でも兄弟子王喜成老師はやはり同じことを言い。

 

散打(組手)でも上手い人ほど、当ててしまったことを悔いていたり。

 

そういう稽古法もあるのかと思わされますね。

 

私も推手ではできるだけ力をつかわないように稽古しています。

それが年数を得た時にある種の特殊能力となって、現れてきたりします。

 

RPGゲームでも初期の頃はステータスを上げるスキルよりも、攻撃スキルが楽しかったりするのと

同じかもとか思ったりします。

 

最近の私はパッシブスキルを心の部分をどうにかしたいですね。

 

 

 

 

 

 


テーマ:

ライトスパーの動画です。

戴氏心意拳VS八卦掌とか、同門同士なので普通にあります。見ていて楽しいです。


太極拳の方もまじってやってたりして、つくづく太極拳は大変だなぁと思ったりします。

回転技や穿掌をライトスパだと使えないので八卦掌は少し降りかなと思いますが、毎回ズタボロになるまでやっていては、練習場よりも病院に多く通うことになってしまうので少し我慢してもらっています。


なんにせよまずはこういう組み手や散打(ライトスパー)になれること、これが1番です。


中国伝統武術 掌友会

掌友会では岡山県や福島県愛知県でも稽古しています興味のある方はホームページにお問い合わせください。



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス