東京 護身術、中国伝統武術 掌友会のブログ (東京)

東京 護身術、中国伝統武術 掌友会のブログ (東京)

護身術やボディワークそして
ちゅうごくけんぽう(中国拳法)を
練習する管理人の様々な出来事を
書いていきます。
古武術 護身術 武道 武術 健康
強健 

Case 戴氏六合心意拳.




戴氏心意拳は心意拳だけあって

真っ直ぐ進んだ先に相手の何かがあってそれに対して何かをすることで相手の反応を見て最終的には打ちに行く武術。フットワーク的には回り込んだりしないこともないんですが、基本的には前後。


寝技以外の技法はほぼ全て使うと言ってもいいと思う。


会員同士の中での散打(スパーリング)はもちろん全てを使えるわけではない。


戴氏心意拳は相手と接触したところからの変化に発勁のための丹田功を入れて行くため、スパーにおいては最初はそういうことができないのでちょっとじれったいかもしれない。

自由攻防の前に十分に形を決める練習をしておきたい。一つ一つがダメなら全てダメなので。


中国武術はどの流派も大体同じだと思っている、相手に当たってから変化をするおそらくこれだけ。

その変化の仕方が戴氏心意拳なりなのだと思う。

戴氏心意拳の核は丹田功と打撃と技が使えているかどうか。


戴氏心意拳は摩手稽古もやります。散打(スパーリング)でも瞬間的には摩手の要素が発生します。太極拳との違いは離れている状態からでもしっかり打ち込むと言うことです。


散打(スパーリング)は勝ち負けを決めるところではなく上記のことができているかを確かめる場所である。この散打(スパーリング)と言う練習で相手に怪我をさせたなどと自慢をしている人もいるようだがそれは全くのナンセンスである相手に怪我をさせる能力はほぼ一律みんなあると思うがそれをいかにさせないで長く稽古をしていくかと言うことが重要なのである。


上手な人ほど稽古において相手に怪我をさせない。コントロールができているのである。


戴氏心意拳の散打(正確にはライトスパーリング)はこちらからのアクションまたは相手からのアクションがあった際に変化をして技を使っていく、むしろ変化=技なのであるが、接触地点をわずかにずらすなどの技にならないような細かいアクションもあるのであえて分けておこうと思う。


動に対しては静で対応して行きたい、また逆もあるであろう。しかし、核となるのはやはり丹田功と虎歩でこれが正しくできていれば戴氏心意拳はほとんどできたと言っても過言ではないだろう。

戴氏心意拳を既に練習されている方は上記の2つ、丹田功と虎歩をよく練習してほしい。


散打(スパーリング)練習と言う難しい練習では基本がものを言うことが多々ある。



ソーシャルディスタンスを保ちつつ練習してるよ中国伝統武術 掌友会


散打には拳サポーターがいいかも。




摩手の技術も学べるかも!


練習もだいぶ落ち着いて人数もだいぶ復帰した。




日々が、なんとなく戻ってきたような気がする。東京は依然として陽性者が5.60名いるようだ。


まぁよくよく考えたらPCR検査と言うので陽性と言うふうに出るのはいくつか他の病気なんかも出るようなので、少し少なめに考えてもいいのかなと思ったり、東京都民約900人分の60名と言えばものすごい確率なので侮ってはいけないのだけど、、、


さてさて、今日は狭い会館だったので、クーラーをかけてドアを開けっ放しで窓をがっつり開けて風通し良くさらに涼しく、なんと贅沢なんだろうこれからもっと暑くなってくるのにこんなんでマスクとかしてて逆に熱中症とか大丈夫なんかなぁ


戴氏心意拳はむしろいつものごとく丹田功、虎歩、五行拳とミット打ち(虎歩と打撃を合わせるように行いました。

八卦掌は走圏、八大母掌、対練


共通の練習は掛かり稽古と散打

散打は皆さん久しぶりだったのか少し固いような気がしました。

今日は私が、レガースを忘れてしまったので、足技は少し抑える感じでした。


散打の考察において、技の左右を練習するのが必要なのかと言う質問を受けました。

あくまでも個人の意見です。

健康法として考えるなら左右を均等に練習することも考えた方が良いかもしれません。片側だけに筋肉が固まってしまわないようにしたいと考えるのが普通でしょうね。


ただ武術として考えるのなら左右均等に練習する必要はなく、得意な方をさらに練習して伸ばしてやると言うことで良いのではないでしょうか。右でかまえようが左でかまえようが、状況に応じて使えば良いだけなので両方練習して器用貧乏になることもないかなと私は思います。


戴氏心意拳も八卦掌もセオリーとしては左右で練習します。しかし必ず得意な側があるはずです。

使うときは必ず自分の得意な側で構えるはずなのでおのずと使う側も決まってきます。

ですので、自分の得意な方をたくさん練習してほしいと思います。


今年は8月くらいにまた小淵沢に合宿に行きたいなぁ、なんて話したら数人が同じ意見で合宿をやることになりました。会員さんはぜひぜひ参加してくださいませ。


中国伝統武術 掌友会









下の動画ではがっつりぶつかってしまってますね。




スポーツだとお互いの力と力がぶつかり合って良い勝負になりましたと言うかもしれませんが、武術だとあまり良いことには言われません。


ぶつかり合うと言う事はどちらかがもしくは両方が相手の前進を見ていないと言うことになりますね。


ぶつかっても勝てればいいじゃないとそう言われてみれば確かにそうかもしれませんが、常に力で勝てるわけはなくわれわれはそのために技の稽古をしていますので、技の理解力が足りていないのか、体がついていっていないのかおそらくどちらかだと思います。


動画は練習がいまいち足りないのかなと思いますが散打は数をこなすことでだいぶ良くなっていくと思いますので今後に期待していくとして、相手とできるだけぶつからないと言う知識やぶつかりそうになったときの技の対応や、相手と力が拮抗しそうになったときの対応など学ぶべき事はたくさんありますね。


戴氏心意拳では「進を見たらたら退をしろ。と言う言葉があるように相手が侵入してきたら退きましょうと、そして相手の力がなくなったところでこちらが進めば良いのではないかと、、、


太極拳推手では「前に出すぎたらやられる。と、よく話をしています。実際単推手では相手が前に出すぎたら引き倒したり力を先導して相手により大きなエネルギーを出させ自分の手が構えた位置に戻りにくくさせるようなテクニックをよく使います。


自分を見る。

これもよく話していますが、散打(スパー)になった途端に自分が見えなくなる。そんな人がまあまあいます。自分が見えなくなってしまうとこれまで覚えた技が出にくくなって、やはり力を使ってしまうでしょう。

この状態から抜け出すのがおそらくかなり難しいのではないかと。

ガンガン殴り合いをしてある時ふと見える風景のような気もします。まぁ練習しかないですが。


さて、

緊急事態宣言もだいぶ開けてきましたし、東京は第3段階を迎えてだいぶマシになったような気がします。暑いのに魔女狩りに会わないようにマスクをつけてますが、東京都民約9,000,000人分の50人とか100人なので、おそらく大丈夫かと思いますが手洗いうがいはきちんとして、店や施設に入る時はアルコールも協力しています。(むしろアルコールは好きかも)匂いがいいよね。

第二波は怖いですがこれ以上経済が止まってしまっては日本は終わりかと思いますのでなるべく止まらないように頑張っていきたいと思います。

散打(スパー)は徐々に段階的に増やしていきたいと思っています。7月からはいつも使っていた施設が使えるので徐々に元に戻ってくる感じでしょうかね。


がんばれ日本。

がんばれ世界。


伝統武術 掌友会


雨の日は外で練習ができませんので買い物がてら商店街に出て前から来る人に剣の型を合わせながら(さりげなくですよ)稽古させていただいています。


これちなみに十条商店街ドトール(笑)

こんな何でもない折り畳み傘でも練習道具になります。

もちろん振り回したりはしませんし、普通の人は傘を上げ下げしてるだけとしか見えないと思います。そのくらいさりげなくやっているのかやってないのかわからない位で稽古しています。前から来る人の速度は様々で、前から来る人が傘を持っていたり何かするとさらに良い稽古になります。傘の切っ先がこちらを向いていたらそれをそらすように自分がうまく使えてれば良いと思っています。


太極拳も戴氏心意拳も八卦掌も剣を使いますが、剣に関して言えば大体どれも同じで突き込むこと、そらすことがテーマだと考えてます。


そしてだんだんと避けることと突き、切りが同じになれば良いのでしょうね。刀も同じで避けるのと切るのは同時でないと実際問題相手をなかなか切れないのでそこがテーマかと思われます。

ただしに関しては戴氏心意拳が特殊動作が入りそこを含める動作は拳のときの動作と酷似していて、結局のところ拳の動作をうまく習得することが刀の上達にもつながるのかと常々考えさせられます。

刀は突きに加えて振り降ろしがメインで戴氏心意拳は丹田功がそこに入ります。刀が当たってから威力を増す力と言ったところです。


太極拳の刀の型(套路)にもそういう動作が残されてはいますが丹田功が入っていません。太極拳の丹田功は存在するのですが内門弟子にしか伝えられていませんしおそらく中核となる流派の門人にしか伝えられていないと思われます。


ただぶっちゃけ武器ですので丹田功がなくとも切れると言えば切れるのでしょうね。


といった感じで雨の日は商店街をぶらつきながら傘をプラプラやっている小学生のようなおじさんでした(笑)


追記

掌友会の練習も段階的に練習を解放していっています。そろそろ3段階目も迎えたことですし組み手も再開しようかなと思ってます。

いやほんと合宿なんかも行きたいです。



さあ皆んなそろそろ中国伝統武術 掌友会

おいでよ。

 

東京で護身術!中国伝統武術 掌友会東京都北区で護身術を身につけませんか?中国伝統武術 掌友会リンク東京で護身術!中国伝統武術 掌友会 

 




合宿行くならH.I.Sかな。【HIS】旅行プログラム