東京 護身術、中国伝統武術 掌友会のブログ (東京)

東京 護身術、中国伝統武術 掌友会のブログ (東京)

護身術やボディワークそして
ちゅうごくけんぽう(中国拳法)を
練習する管理人の様々な出来事を
書いていきます。
古武術 護身術 武道 武術 健康
強健 

あるカンフーの映画や、また映画の中や皆さんがカンフーの

真似をする時に、なぜかアチョーと言ってますよね?

最近は減ってきたと思っていたのですが、まだまだ小学生の

カンフーは「アチョー」が多いようで、間違ってもフンとか

ハッ!とかそう言う声はマニアからしか聞こえません。

ではそもそも何故、カンフーの真似をする際にはアチョーと

言うようになったのでしょう。




知っている人は知ってますよね。


何も知らない方のために少し書きますと、、、

李小龍(ブルースリー大老師)の映画がきっかけです。

では何故ブルースリー老師はチョーと言うのでしょうか?

気合いなのでしょうか?威嚇なのでしょうか?日本武道でも

剣道などでは近い声を聞くことができますよね。(剣道の試合を

見てみて下さい)ではやはりあの「アチョー」と言う声は掛け声

出会ったり気合いであったりするのでしょうか?

また、他のカンフー映画ではブルースリー老師のような声は出し

ていないのは何故なのでしょうか?同じカンフーの太極拳も同じ

ように声を出していないのは何故なのでしょう?


その答えは中国武術(カンフー)の流れの源流少林寺にあります。

少林寺より伝わった武術の戴氏心意拳と心意六合拳には雷声(ライセイ)

と言う日本武術の気合いとは違う理論で出る、声(音)があります。

その戴氏心意拳と心意六合拳が様々な地方で変化し、ブルースリー老師が

やっていた流派の中にやはり雷声として残り、ブルースリー老師のアレンジ

を得て一見聞いたところ日本人の我々には「アチョ!」と聞こえ、伝播

していったのではないかと思います。私の子どもの頃にもみんなが映画の

真似をして「アチョ!」と言っていました。私はその頃、映画には興味が

無く、みんなについていけず寂しい思いをしましたが、その後、アニメの

「北斗の拳」を見て「アチョ!」の使い方を知り時代遅れの衝撃を得てい

ました。

今でも、小学生たちの数人は功夫カンフーといえばこの「アチョ!」といい

何故か太極拳のポーズをとって真似してきます。すっかり日本の掛け声はこの

「アチョ!」になってしまいましたね。


私のやっている戴氏心意拳は雷声で五声あり基本的には「ホウ」と言っている

とのことです。中々そのようには聞こえませんけどね。

李小龍老師は八鶴拳も勉強されたのでしょうかね。戴氏心意拳や心意六合拳を

やったとは思えないのですが、香港近郊だとやはり雷声っぽい声を出すのは

八鶴拳かな?と思ったりします。

カンフーの世界は深いですね。


北区子どもカンフー教室やってます

毎週土曜日の17時30分ー19時00分

東京都北区十条仲原の仲一会館にて開催しています。

詳しくは

中国伝統武術 掌友会


09093069266

メール;suisyu01@yahoo.co.jp












ブログを書く際に、よくGoogleのトレンドを覗くのですが、
夕方のトップになっていたので驚きました。



夕方嫁さんもこのニュースについて少し話してたのですが、
女性陣の中にはやはりこの結婚には異議申し立てを唱えたい
方が若干おられる様子です。(^_^;)

大谷翔平選手はすでに世界のプロ野球では押しも押されぬ存在
で、彼女が1人ぐらいいても全く問題ないとは思っているんです
が、女性ファンの心理としてはやはり面白くないのでしょうかね。
ご結婚をして今後のプロ野球会を腰を据えて引っ張っていってもらい
たいものです。男は守るべきものができると落ち着くものです。
このままとんとん拍子にお子さんなどもできたりすると、さらに強く
大谷選手と言う人物の家族を守りたいと言う力が、そのまま野球人生に
作用するのではないでしょうか。


武術的にも守るものがないよりは、守るものがあったほうが力が上がる。
ような気はするのですが、実際問題どうなんでしょうね。家族や守るべき
ものが存在しないと自由に行動ができ、制限がかからずのびのびと人生を
生きていけるのかなと思ったりもするのです。

2024/02/17

昨日も毎週土曜日の北区子供カンフー教室でした。


準備運動をして、最近では“剣”の型をはじめた3人と別の型を稽古している1人で

型稽古を終えてから型の中でよく出てくる技の稽古をしました。





足払いと、倒木という技でした。


足払いは読んで字の如くで、相手の足を払って相手を地面に倒してしまう技です。

足首の前側をつま先を立てて相手の足首を引っ掛けて相手の足を払います。

足払いは中国武術(カンフー)ではよく使われる技で、私の稽古している戴氏心意拳も

太極拳ですら使います。土曜日の子どもカンフー教室のカンフーの型の中でも良く使われ

中国武術ではメジャーな技と言えるでしょう。


“倒木”とうぼくという技も中国武術(カンフー)ではまあまあ出てくる技ではあります。

足払いとは逆に足の踵の側で相手の足を払います。上記の足払いの失敗を補う技としても

使われることが多く、よくセットになっています。


子供達は型を何故稽古するのかわからないまま、稽古してしまいがちなので掌友会子どもカンフー教室では型にどんな意味があるのか、何故たくさん稽古するのかを説明することで、より深い習熟度が伴いそして、深く習熟するということは護身術の現場においても、とっさの場面に、より早く自然な対応が出来、危険回避へつながります。


更に、お子さんが楽しいと最高です。


子供カンフー教室は毎週土曜日、東京都北区

十条駅より徒歩5分の会館にて稽古しています。

お待ちしております。

http://shouyukai.com

中国伝統武術 掌友会








3月30日(土)3月31日(日)中国伝統武術 掌友会 福島県戴氏心意拳セミナーを

開催いたします。

戴氏心意拳の発勁理論でどう稽古したら良いのか、実戦にどのように役に立てれば良いのかを

しっかり伝授いたします。

詳細は下記のブログにて。↓