東京 護身術、中国伝統武術 掌友会のブログ (東京)

東京 護身術、中国伝統武術 掌友会のブログ (東京)

護身術やボディワークそして
ちゅうごくけんぽう(中国拳法)を
練習する管理人の様々な出来事を
書いていきます。
古武術 護身術 武道 武術 健康
強健 

掌友会の散手(組手)練習風景です。

技の対応はともかく悪くない組手だと思いました。




手前の組は右手を出すことによって相手の右側の手を潰し左からの攻撃もしくは足技を誘発させようとしていました。


相手と対峙した際に、あまりにも手を動かしたり無駄なフェイントを多く入れるとその動きを相手に読まれ逆にこちらが不利になってしまうことがあります。


そういう意味では上記の組手は悪くないと思いました。


しかし、、、


戴氏心意拳的にはもう少し距離を詰めていきたいところです。戴氏心意拳は虎歩での飛び込みをタイミングよく、素早くし近距離から打っていきたいところですね。


中国伝統武術 掌友会













摩手の稽古の際の注意点とコツ。

想定として近距離で相手の手を押さえていると思ってください。相手の手の先や肘の方向がこちらを捉えてしまったら殴られる可能性があると言うことを考えながら稽古すると良いかと思います。

全く逆に自分の手が相手をとられた際には常にためを作り相手に届かせることが必要かと思います。

それまでの手の持って行き方は各流派の技によって違い絶対的な形式はありません。
これは太極拳の推手でも全く同じことを言いますが相手にくっついて離れないことです。くっついて離れないだけでは相手を打てませんので自分の都合の良い時だけ相手を離します。

戴氏心意拳の場合は比較的近い場所でこれをやります。詠春拳などとも似ていますが摩手はそもそもが心意拳の稽古法なので似ていて当然です。

ポイント
・相手から手を離さない。
・推手とは違い殴る事を前提にしている。
・打撃のタメを常に持ち続ける。
・必要以上に力を入れない。

とりあえずはこんなもんでしょうか。

戴氏心意拳では摩手と散手は同意語らしいですが日本のうちの会では分けて稽古しています。




散打(ライトスパーリング)考察②



八卦掌

使いやすいところをうまく使っていると思う。

ご自分の身長を利用してうまく有利を作り出している。しかしながら体重が前乗りになっているので威力とスピードが出ない。八卦掌は回転だと思われがちだが、実際はさほど回転はしない。やはり体重が前乗りになってるせいで前蹴りも出にくい。

自分と五分五分の人間の前で得意でもないのに回転をしたらそれこそバックドロップで背中から投げられるだろう。足の関係やよくよく練習をしていないとリスクが高いです。

手を揺らす癖をなくすと良いと思う。目の良い人間は手(ガード)がなくなった瞬間に入ってくる。いつも走圏で回っているときの手の位置を意識してほしい。その位置が1番堅いのだから。


戴氏心意拳

点だけの攻撃になっている。

身長差があるので大変やりにくそうだが、良い練習になると思う。

点粘連随を使って欲しい。戴氏心意拳にこの言葉があるかどうかわからないが、これはうちの会で昔からよく説明をしている。

日ごろの摩手の練習をもう少し活用したいところである。相手との距離を縮めるために点粘の部分を使って入っていくといいと思う。大変勇気がいると思うが、良いタイミングを見て入っていってほしい。約束組み手で積み上げていきましょう。

戴氏心意拳の良い距離は非常に近いところにありますので、そこに入っていくための足をもっと考えてほしいです。それは相手との間合いや位置、距離、相手の出した足やこれから相手が動かすであろう足も関係してくるので細かな観察が必要かと思われます。


全体的に観て。

数年前と比べると比べ物にならないぐらい良くなっていると思いました。何が良くなっているのと言われると少々考えてしまいますが、間合いの取り方や目線や手加減の仕方が、上手になってきています。日々の練習において向上心は必要だと思いますがこのまま練習を続けていけば必ずや良い結果となるでしょう。考察を続けて散打(組手、ライトスパー)を踏んでいけばさらなる発展へとつながっていくと思われます。


散打(組手、ライトスパー)大事ですね。武術やるなら、この手の練習を取り入れましょうよ。


中国伝統武術 掌友会















今日子供のことで少し嫁さんと言い合いに

なったときにそういう話が少し出たので、、、


私がどうやら褒めないらしい

( ゚д゚)マジか…


ちっちゃいよちよち歩きの子供をあやすように武術をやっていても褒めなければいけないのかなとちょっと焦ってしまったけど、冷静に考えればそんな事は全くなくしかも、よく考えたらそれなりに褒めてはいる。


要はその褒め方が気に入らないと言うことなのかな。


私は褒めて欲しいから武術をやった事は全くなく、、武術をやっていたいから武術をやっているだけで、うちの嫁さんがそんなに承認欲求が強いと思わなかった。


ていうかしっかり稽古してできている人に関しては褒めていると思う。と言う事は…

それでも前回と変わっていればそんな感じとか前向きに対応しているので、どんだけ褒められたいねんと、ツッコミたい気持ちです。(この辺から見てしても自分の家族に対して武術や習い事を教えると言うのは非常にリスクが高いことである。

甘えが出てくるのである。)


褒められる人間はそれなりのことをした人間だと思う。


そのことに対し時間を使いお金を使い労力を使いその結果として、他の人からの承認を得るのだろうと思うんだけど。


間違えてはいけないのは努力をしたから褒められる。努力をしたから結果が出る。そういうものではないと言うことであろう。


しかし、好きならば結果なんて考えずに稽古もできるし続けていける。

最初から褒められたいと思って始めると承認欲求が満たされない場合にだんだん辛くなってくる。

そこでその道から外れるかどうかが試されるのであろうか、、、




そんなことが見えた家庭のひとときでした。