一緒にいい庭づくりをしましょう。

一緒にいい庭づくりをしましょう。

『庭の写真館』ナビゲーター川邉のブログです。
庭づくりをする方のお役に立ちたいと始めました。
樹木のこと、草花のこと、庭づくりと業者探しのヒント。
きっと、あなたの庭づくりのお役に立てるハズです!

屋外に植える木や花はまわりの環境や気候の影響を受けやすく、害虫や病気の影響で枯れることがあります。また、庭づくりに使う素材には、歳月とともに趣が深まる自然材と、早くから劣化や色あせが始まる擬似材など、いろいろな品質の素材があります。庭を造る時は、施工後の維持や管理を考えて、植える木はできるだけ手入れが少なくて丈夫な木を選び、施工素材は耐久性に優れた品質の良い素材で造ってください。同時に施工後のメンテナンスや植栽管理を考えて、施工後のお世話が行き届いた造園会社に依頼してください。※いい庭だと思う庭は優れた造園会社から生まれます。岩崎0176・340・藤原Z

http://www.egarden.cc/(庭の問い合わせ)

http://egardens.exblog.jp/(庭ブログ)

http://www.facebook.com/FUN.egarden(庭ブログ)

生け垣のイヌツゲに害虫カイガラムシが発生したら、イヌツゲの葉に茶褐色の斑点が現れ、葉が落ちて急に枯れはじめ、その範囲が徐々に広がってきます。カイガラムシを駆除する方法は、害虫をブラシでかき出して、患部には「カルホス」を散布してください。一緒に、イヌツゲの葉枯れ・枝枯れ病の予防剤「トップジンM水和剤」を混合散布するとより効果的です。

(樹木医)→http://www.egarden.cc/

ヤマボウシの根元近くの幹の表皮に亀裂が入り、剥がれた表皮の裏側に白い斑点が出て葉が落ちてきたら「白紋羽病」が発症している恐れがあります。この白紋羽病の発生源は“根元の土”です。根元付近の土壌を入れ替えて、根元の土壌とヤマボウシの幹に「トップジン水和剤」を何度も散布してください。

(樹木医)→http://www.egarden.cc/

犬を庭に放し飼いにして一番困るのが大事に育てた花壇の花を荒らすことです。犬が好き、ガーデニングも大好きな方は、愛犬が自由に遊べる空間と、ガーデニングを楽しむ場所を分けて庭を造ってください。庭の中央にフェンスを設け、犬が自由に遊び回われる空間を確保すると同時に、フェンスの外側に花壇を造り、ガーデニングを楽しむ場所にします。愛犬が自由に遊べる空間とガーデニングが楽しめる“愛犬と共存できる庭”になります。※いい庭だと思う庭は優れた造園会社から生まれます。庭研22・911-25・21

http://www.egarden.cc/(庭の問い合わせ)

http://egardens.exblog.jp/(庭ブログ)

http://www.facebook.com/FUN.egarden(庭ブログ)

風当たりが強く陽射しも厳しい、植物にとってとても過酷な環境でも、少し工夫することで素敵な庭にすることができます。庭に防風・防照対策を施した後に、土壌改良と灌水チューブで乾燥対策をして、乾燥に強く、風にも強い木と下草を植えてください。さらに、庭の中央にオーナメントを兼ねたバードバスや水鉢を設置して、水場を造ってください。水場から滴る水が流れとなって庭を駆け巡り、やがて小鳥が水を求めて遊びに来る素敵な庭になります。また逆に、日当たりが悪い庭でも少し工夫することで素敵な庭になります。※いい庭だと思う庭は優れた造園会社から生まれます。イエナ8・岩崎12後・0104

http://www.egarden.cc/(庭の問い合わせ)

http://egardens.exblog.jp/(庭ブログ)

http://www.facebook.com/FUN.egarden(庭ブログ)

家のまわりを高い塀と門扉で囲むクローズ・ド外構は、お住まいの安全とプライバシーを守る役割を果たします。しかし、このクローズ・ド外構の欠点は、風通しの悪さと訪ねて来られたお客様や道を通る人への威圧感です。開放感とプライバシーを守る、両方の役割を兼ねた外構にする必要があります。例えば、高い塀と併用して生け垣を組み合わせ、塀や門扉には格子窓や小窓を付けるなど、外構に工夫を凝らして造ってください。クローズ・ド外構がお住まいの安全とプライバシーを守る役割を果たすと同時に、訪ねて来られたお客様や道を通る人に、お住まいの温かさを感じさせる外構になります。※いい庭だと思う庭は優れた造園会社から生まれます。ブログ5和⑫551・和⑥550・ブログ2和⑥311

http://www.egarden.cc/(庭の問い合わせ)

http://egardens.exblog.jp/(庭ブログ)

http://www.facebook.com/FUN.egarden(庭ブログ)

庭や外構を造る目的は、プライバシーを守る外構として、癒しの場所、憩いの場所としてなど、ご家庭によって違います。それぞれの目的に副った業者に依頼して造ってください。プライバシーを守る外構をフェンスやブロック塀で造りたい方は、外構が専門の施工会社に依頼してください。癒しや寛ぎなど、趣を求めて庭を造りたい方は、庭づくりの専門技術と造園センス、植栽ノウハウを備えた造園会社に依頼してください。和風・洋風の様々な庭づくり経験を活かして、歳月が経つごとに趣が深まる、理想の庭を造ってくれます。※いい庭だと思う庭は優れた造園会社から生まれます。藤原上月17・122・ブログ2和②0267

http://www.egarden.cc/(庭の問い合わせ)

http://egardens.exblog.jp/(庭ブログ)

http://www.facebook.com/FUN.egarden(庭ブログ)

里山にある雑木林をイメージして造った“木漏れ日の庭”です。ヤマボウシ、シャラノキ、イロハモミジなどを雑木林の1本1本の木立のように見立て、まわりに里山に生えている下草や山野草を移植して、割栗石や枕木などを踏み石にして造ります。道路と庭との境にフェンスや門扉を設けず、踏み石は遊び心で配置して、里山に生えているエビネ、スミレ、リンドウなどの山野草と、コグマザサやツワブキなどの下草をまわりに植えて造ります。※いい庭だと思う庭は優れた造園会社から生まれます。西崎8・ブログ④5033・旭林006

http://www.egarden.cc/(庭の問い合わせ)

http://egardens.exblog.jp/(庭ブログ)

http://www.facebook.com/FUN.egarden(庭ブログ)

庭をリフォームする際に既存の庭にあった大きな木や石をすべて取り払ってリフォームすると、出来た庭が何となくお住まいにマッチしない違和感のある庭になってしまいます。庭をリフォームする時は、出来るだけ庭にあった木や石を利用して、お住まいに調和させて造ってください。和風の庭を洋風にリフォームしたい時は“庭にある木と石を利用して、洋風の○○風の庭へ”など、造りたい庭を造園会社に伝えると、リフォーム経験が豊かな造園会社は、既存の庭にあった木と石を利用してイメージする庭へリフォームしてくれます。※いい庭だと思う庭は優れた造園会社から生まれます。藤原13・美藤邸2000・005

http://www.egarden.cc/(庭の問い合わせ)

http://egardens.exblog.jp/(庭ブログ)

http://www.facebook.com/FUN.egarden(庭ブログ)

“まるで里山のように”苔むした庭に大小の自然石と趣のある木を調和させた“風情と情緒が漂う庭”があります。カツラ、ツリバナ、イロハモミジなど、季節ごとに彩取りが変わる木と、季節によって様々な野の花が楽しめる山野草など、里山に生えている木と花がたくさん植えられています。風情と情緒が漂う里山のような庭は、訪れてくる人や家族に、いつの季節も、里山の美しい自然の雰囲気を楽しませてくれます。※いい庭だと思う庭は優れた造園会社から生まれます。ブログ④5034・藤原V・茶庭10

http://www.egarden.cc/(庭の問い合わせ)

http://egardens.exblog.jp/(庭ブログ)

http://www.facebook.com/FUN.egarden(庭ブログ)