一緒にいい庭づくりをしましょう。

一緒にいい庭づくりをしましょう。

『庭の写真館』ナビゲーター川邉のブログです。
庭づくりをする方のお役に立ちたいと始めました。
樹木のこと、草花のこと、庭づくりと業者探しのヒント。
きっと、あなたの庭づくりのお役に立てるハズです!

自宅の庭に里山をイメージした小さな川を造り、そのまわりに里山に生えている野草や山野草をたくさん移植して、自宅の庭に里山をイメージした自然の箱庭を造ってください。箱庭の小さな川に水草を育て、ホタルの幼虫やメダカを養うと、普段は里山の澄み切った小川にしか棲んでいないメダカやホタルの幼虫に、自宅の庭でふれ合うことができるようになります。自然の環境に近い形にした自宅の庭で、メダカやホタルの幼虫を育てることができるのが“ビオトープ”の魅力です。※いい庭だと思う庭は優れた造園会社から生まれます。小林ビオトープ施工9・ビオトープ・ビオトープ1

http://www.egarden.cc/(庭の問い合わせ)

http://egardens.exblog.jp/(庭ブログ)

http://www.facebook.com/FUN.egarden(庭ブログ)

梅の木には新芽の頃に、害虫のアブラムシが発生することがあります。葉の先端が縮れた状態で黒くなってきたら、アブラムシがいる証拠です。アブラムシが発生すると、一緒にウイルス性の縮葉病も発症します。アブラムシの駆除剤と一緒に「縮葉病に効く薬剤」を混用散布してください。梅の新芽 

(樹木医)→http://www.egarden.cc/

庭を造って月日が経つと、庭木やエクステリアは手入れやメンテナンスが必要になります。自分で出来ない手入れやメンテナンスは業者に頼むことになりますが、かなりの費用が必要です。その手入れやメンテナンスを年間契約で頼むと安くなります。依頼された業者は年間を通して庭を管理し、手入れやメンテナンス計画を“自社の年間スケジュールに合わせて組み”時期とタイミングを見計らって、必要な時に必要な手入れとメンテナンスを行います。※いい庭だと思う庭は優れた造園会社から生まれます。岩崎0341・176・2908

http://www.egarden.cc/(庭の問い合わせ)

http://egardens.exblog.jp/(庭ブログ)

http://www.facebook.com/FUN.egarden(庭ブログ)

敷地が道路よりも高く、玄関前が狭いお住まいは、道を通る人の視線がとても気になります。その住環境の悪さを逆に利用して造ったイングリッシュガーデンです。道路と庭との境にフェンスや門扉を設けず、訪ねて来られたお客様を枕木の階段で玄関へ導き、四季それぞれに石と石との間に違った顔を出す多年草や宿根草と、季節ごとに植え替える一・二年草を組み合わせて、季節ごとに花の移り変わりが楽しめるように造られています。毎日眺める家族だけでなく、道を通る人や訪ねて来たお客様が、季節ごとに変わる庭を眺めています。※いい庭だと思う庭は優れた造園会社から生まれます。湘南03・2・1

http://www.egarden.cc/(庭の問い合わせ)

http://egardens.exblog.jp/(庭ブログ)

http://www.facebook.com/FUN.egarden(庭ブログ)

“いい庭だなぁ~”と思う庭は、見栄えの美しさだけでなく、深い趣の癒しと寛ぎの空間があります。庭の違いは「素材の質」と「職人の技」と言っても過言ではなく、深い趣の庭は、質の良い素材と植栽を使って、研鑽した技術とセンスを備えた職人が造っています。施工直後は植栽が不揃いで見劣りしますが、植栽が成長して素材の趣が深まってくると、次第に“いい庭だなぁ~”と感じる庭になります。エクステリアとマテリアル材で造った庭は、施工直後はデザインの美しさに感激しますが、年月が経って素材が色あせてくると、次第に趣がなくなり厭きてきます。※いい庭だと思う庭は優れた造園会社から生まれます。岩崎0082・藤原131・横内4

http://www.egarden.cc/(庭の問い合わせ)

http://egardens.exblog.jp/(庭ブログ)

http://www.facebook.com/FUN.egarden(庭ブログ)

庭木に「白紋羽病菌」が発生したら、幹に大きな傷もなく葉に毛虫もいないのに、今までとても元気だった木が突然しおれ、葉が茶色くなって枯れてきます。この白紋羽病菌は生ゴミ処理に使うコンポストの中の「未分解有機物質」から発生します。この病気にかかると治療法がなく木を伐採するしかありません。白紋羽病菌が発生した木

(樹木医)http://www.egarden.cc/

庭の水まわりには実用性を兼ねた立水栓と、フォーカスポイントとしての役割が大きい壁泉があります。立水栓はコンクリート擬似材などで、レンガ、枕木、石材などを模倣して製品化され、ユニット商品として安く販売されています。庭のフォーカスポイントとしての役割が大きい壁泉は、施主の要望に副って、モルタル、タイル、アンティークレンガなどを使って、南欧のデザイン壁をイメージして、造園会社がそれぞれオリジナルで造ってくれます。※いい庭だと思う庭は優れた造園会社から生まれます。庭研5・小林4・吉村24

http://www.egarden.cc/(庭の問い合わせ)

http://egardens.exblog.jp/(庭ブログ)

http://www.facebook.com/FUN.egarden(庭ブログ)

一概に造園会社といってもそれぞれ専門分野があります。マンションの外構や公園など、大規模外構・造園工事を専門にする会社、門柱や塀など、外構エクステリア工事を専門にする会社、庭木の剪定や消毒など、簡単な植栽管理を専門にする小さな造園会社、そして、一般家庭の和風・洋風の庭づくりや、植栽を使った外構工事、作庭した後の植栽管理やメンテナンスをする造園会社があります。庭や外構は継続した植栽管理やメンテナンスが必要です。庭や外構を依頼する時は、デザイン・設計・施工、施工後の植栽管理やメンテナンスなど、庭に関する全てを自社で行う造園会社に依頼してください。※いい庭だと思う庭は優れた造園会社から生まれます。藤原AB・岩崎340・庭研7

http://www.egarden.cc/(庭の問い合わせ)

http://egardens.exblog.jp/(庭ブログ)

http://www.facebook.com/FUN.egarden(庭ブログ)

優れた造園会社は代々受け継がれた施工技術を備え、それぞれの職人が切磋琢磨を重ねて造園センスを磨き、優れた庭をたくさん造っています。趣のある和風の木と自然石を調和させて、池を中心に“日本の原風景”を表現した『池泉庭』(池庭)、深い山奥の“渓谷の渓流の風景”を、水を使わず趣のある木と自然石で表現した『枯山水』(山水)、苔むした庭に趣のある和風の木と自然石を調和させて、庭に“侘び・寂”を表現した『茶庭』(苔庭)などがあります。※いい庭だと思う庭は優れた造園会社から生まれます。藤原M・枯山水小島5・茶庭14

http://www.egarden.cc/(庭の問い合わせ)

http://egardens.exblog.jp/(庭ブログ)

http://www.facebook.com/FUN.egarden(庭ブログ)

庭の施工に使う素材には、庭の雰囲気づくりや基調となる色や形を決める役割があります。施工する素材によって庭の品質や耐久性が違ってきます。優れた素材には耐火煉瓦やアンティークレンガ、植栽との相性がよい御影石や鉄平石、景石に使う鞍馬石などがあります。優れた素材で庭を造ると、歳月が経つごとに趣が深まり、次第に愛着が増して好きな庭になってきます。疑似材などで造ると、早い時期から色あせや劣化が始まり、次第に趣がなくなって飽きてきます。※いい庭だと思う庭は優れた造園会社から生まれます。藤原上月009・岩崎隋流寺垣・イエナ1

http://www.egarden.cc/(庭の問い合わせ)

http://egardens.exblog.jp/(庭ブログ)

http://www.facebook.com/FUN.egarden(庭ブログ)