ナチュラルフィールド (株)
  • 26Nov
    • 会社の名前が変わりました

      記事や情報をUPせずなにを・・・・と云う感じですがおかげさまで商品の評判もよく喜んでいただけているようでもっと充実した商品をお届けするためと云うのは表向きでいろいろな仕事を一つの名前でやろうという横着でめんどくさがり屋が災いしました某所管庁から資格を取り消すよ見たいなことを言われやるならやってみろ・・とわ言えずちょっと、ちょっと待ってくださいと引き延ばすこと1年もうそろそろヤバイということで忙しいさなかの8月に許可をもらい会社を整理整頓いたしました形は別会社ですが同じです良いものを、、そして新しい物を、丁寧に作っていきますのでこれからもよろしくお願いします「ナチュラルフィールド株式会社」全く仕事内容と名前にひねりの無い会社名にしました以前は全くつかみどころのない名前でしたが今度はそのままという全くのお粗末ですが12月10日よりホームページも変わります一段落したらいろいろ情報も出していきますよろしくお願いします

  • 10Oct
    • ベルガモットオレンジ入荷の画像

      ベルガモットオレンジ入荷

      今年もベルガモットオレンジの季節が来ました農園から声がかかったので交渉にのこのこ行ってきました私はこちらの方は専門ではないのですが希少なので扱ってみたいとお願いしてたんです去年は少しだけ回してもらえましたが今年はどうか・・・・なんとかうまく行きましたサンプルを少し持って帰ってきました今月下旬から収穫に入ります少し青い感じ輸入は難しのでしょうね柑橘類は防腐剤をたくさん掛けるのでいろいろ問題になっていますが、皮は食べない前提で許可が出てるようなところもあるみたいですがベルガモットは皮がメインなので×間違いなく国産ですよ与太話をしながら採ってもらいました去年圧搾と蒸留と粉末と全てテストで作ってみましたが精油として使うにはもったいないので紅茶に使うほうがいいです圧搾は相当量必要です蒸留はなんか普通のミカンのようになります粉末は意外と簡単で皮をむいて天日で干してそれから得意の食器乾燥機で仕上げて安物のミキサーで粉末にしてちょっと高い紅茶の茶葉と混ぜて淹れると「アールグレイ」になります動画中に素人は・・・・と云っているのは光毒性だけ注意してもらえば大丈夫ベルガプテンは凄いです手がボロボロ・・他にチョコレートとかケーキとか・・・・試してみたい方はよろしくです・・・・今回は和薄荷が手に入りましたちょっと希少なものでした農園の方も事情があって育ててたみたいですが種類も知らないと言ってました香り重視の薄荷ですこれはオーデコロンミントあんまり好みではないです動画も見てください

  • 23Sep
    • 国産エッセンシャルオイル(製造の方ね)私流テキスト

      製造、納品で久しぶりのUPです国産エッセンシャルオイルの製造について真面目に面白くない動画を作ることにしましたブレンドしてどうかとかいうものではありませんもっと本質的なものと思ってますレベル1で3部の予定です作ることに興味のない方にはつまらないシリーズになります1-1 国産ハーブの入手を中心に・・・1-2 オーガニックや野生ハーブについての現実1-3 蒸留技術や毒性についてレベル2は未定ですが・・・

  • 19Aug
    • サンプル発送のお知らせ

      大変遅くなりました。タムシバのサンプルご希望いただいた皆様あてに発送が完了いたしましたのでお知らせします安全確認のため遅くなり本当に申し訳ありませんでしたティートゥリーメラレウカの芳香蒸留水もお詫びに同梱しておきましたもうしばらくお待ちください使用上の注意事項は同封していますが自己責任でお願いします

  • 13Aug
    • 秋は近い(また、税金を・・・)の画像

      秋は近い(また、税金を・・・)

      クロモジが大量に必要で、山ばかり行ってますが、台風の過ぎるのを待って入りました雨の後や台風後にはヒルの活性が高いし先日のこともあるのであまり深く入らない方法でこの林道を歩きながら周りのクロモジを見つけて集めようと考えました更にレジャーじゃないので格好はどうでもいい。夏用つなぎに裾は靴下の中(脚絆を持っていない)その上からテープを巻いて首にはタオル巻きキャップはやめて麦わら帽子これね(デニムなら5分と耐えられないです)で・  どうするかと云うと人の通らない林道の周りはこんな感じ左上のものは普通の電柱でその後ろが山ブッシュに飲まれている中で慣れると一目でクロモジを見分ける事が出来ますただ見分けられても、入っていけるかどうかは個人差です私も入りたくはない・・アケビ弦が巻きついていてもさすがにわからず一緒に切ってしまいましたアケビも見なくなったので普段は切りませんよまだ熟れてないし・・・・そしたら首に違和感が・・・やられた・・・・と思ったらまた、お尻のほうが膨らんでるのは私の血をだいぶ吸って膨らんでる・・・殺二の腕の裏のわきの所にもいたようでシャツが血だらけでした全く気が付かなかった今年はこれで5匹目です多分5年は絶対花粉症にはならないと思いますこれだけヒルのヒルジンが体に入ってるのでそれが守ってくれます\\\根拠なし・・・人も車も通らないのでアケビが道まで垂れさがっています鬼クルミも実をつけましたそれでもひるむ事が出来ないのでブッシュに入りクロモジを撮影し採集も・・・・・・雨上がりの木々は野生の力を特に感じますすかざず蒸留します最近と云うか最初だけで大型蒸留器は全く使わなくなりました小型を並べるほうがいい物が出来ますね

  • 05Aug
    • 実は希少だったりして・・・2の画像

      実は希少だったりして・・・2

      希少といえばこれまだ熟れてませんがベルガモットオレンジ・・・熟れてもまずくて食べれませんこんな感じで栽培?されてます精油として流通はしていますがやはりアールグレイの香りとして有名です昨年少し回ってきたので、今年も狙ってますがとにかく国内栽培は非常に少なく全く流通していませんほとんど国内栽培は不可能と云われているものですこれを昨年水蒸気で蒸留したのですが全く普通のミカン  大失敗圧搾はなぜしないかと云うとベルガモットは光毒性が半端じゃないんです手のひらとかの強いところでもボロボロにしてしまいますこれを顔とかにつけたら・・・と考えるわけですベルガモットはDRYでアールグレイが一番です今年はどうするか決めていませんが今回コモンタイムをテストする予定だったのでコモンタイムはこんな感じでこのように元気の無い感じです農園ではハーブソルトを作っているので先日それようとレストラン用で刈り込んで間が無いとのことこんな感じで草に負けそうな感じになっていますこれを蒸留したレッドタイムと云うのをご存知でしょうかこれは30時間くらい経過したプレミアムウォーターです少し赤くなっていますこれが約100時間後です赤く浮いているのがレッドタイムオイルです蒸留後30時間くらいから赤く変わりだし状態の良いものは写真のように赤く濁るようになりますもう少し・・・販売されているオイルは、さらにこれを蒸留し少し黄色くなったような精油だと思います殺菌力などはこの赤い方が強く効能的にはこちらが上だと思います。強すぎるのでプレミアムウォーターで誰でも使えるように熟成させて出したいと思っていますこれも現在研究中このレッドタイムは専門書には書いてあるのですが通常ご存じないのが普通と云うか、流通してないので仕方ないですが・・・ではなぜ手間をかけ、効能を落としてまで外国産のオイルは販売するかですオイル(精油)としてはやはり香りも大切レッドタイムのマイナス面は香りがタイムなんですサラダとして食べるので問題はないですが、この香りが凝縮されるとなかなか刺激が強く敬遠されやすいということではないかと思いますこれをさらに蒸留すると効能だけでなく香りも変わってきますその点ウォーターはタイムの香りですが精油ほど強くはなく効果も精油同等(予想)に効果があると考えていますで・・・タイムの効能ってと思われた方ネットで調べてみてくださいなんかすごいですよ大抵の皮膚病は行けそうですねでもそれだけ刺激も強いということをお忘れなく劣化した精油は気を付けましょう

  • 04Aug
    • 実は希少だったりして・・・1の画像

      実は希少だったりして・・・1

      クロモジはともかくタムシバ等希少な物を作っていますが先日、知人に勧められて精油の専門書を買いましたその中でティートゥリー精油の生産はオーストラリアしかやっていませんと書かれていましたまずい・・・このままでは国産精油しか取り扱いませんと云ったところで誰も信じてくれないのでは・・・・ということでもう少し自作の画像や品種説明や動画を丁寧に作成して「信用を勝ち取ろう」ということです・・ハイ私の使用しているティートゥリーはティートゥリー・メラレウカのメディカルツリーと云う種類になります国内では精油は本当に採っていない。ほとんどオーストラリアかアメリカのようですね海外の物は精油をたくさん採るため太い枝まで使用しているようですが私のところではこんな感じの細枝と葉を使用しますしかも手摘みしてますなぜかというと精油をたくさん採れる部分を使用すると「灰汁」も一緒に出てきますこれは、良い機械を使用しても同じです灰汁は分離が難しく香りに雑味を作りますこの雑味は半年、一年と保存ずることで少しづつ薄くなっていきますどこのメーカーもこの時間を設けていますしかし精油本来の品質も時間とともに低下していくことは間違いありません精油は防腐処理をしない無添加の場合3~6ヶ月で劣化が顕著になりますが成分的に腐敗臭は出にくく香りが強いので判別しにくいですつまり販売を始めた時にすでに劣化は相当進んでいる恐れがあるということですねそう考えると香りが安定する期間は必要ですが灰汁を抜く期間を短縮しフレッシュな商品を販売しないと・・・今や精油もフレッシュであることが必要なんです灰汁は加工できないので、最初から混入するのが少ない部位を使用し蒸留方法も変更しと云う感じで作ってきましたで・・・肝心の結果はどうかと云うと   50日くらいで完成しているように思います   使用感は   「ティートゥリーなのにふわっとした香りになります」   雑味が少なく本来の香りに近づいてきます  少しストックを作るようにしていますが  今後受注生産にしようかと・・    待ってもらうことがある代わりに本当に期待以上の物を  オーダーメードで作る。  ロスが無いので価格も抑える事が出来る・・・といっても  やっぱり国産はで作るのは高くなります  でも良いものが手に入る。。いろいろ考えないと  新たに狙っているのは  フェンネルです 手前の黄色い花ね奥はホップです無農薬の良いものを交渉中ですこの農園もハーブソルトを作っているのでどうかな・・・・種からですが、軸からも良い香りがしますけどね何とかできないかな~近くにオレガノもあったので写真撮ってきました大きく元気よく育っているのは雑草ですこんな感じで育ったものを使ってます動画も見てね1部おわり

  • 27Jul
    • これも現実・・慣れないの画像

      これも現実・・慣れない

      クロモジも最盛期です今は「リナロール」より「リモネン」の活性が高いのでは・・木を切ると濃い柑橘系の香りがする時期だからです化学的根拠はありませんお願いしている山ですが春以降入っていないところもまだまだあるんですでもこの暑さでしょ山の中はもっと暑いよ。ので早朝に作業を済まそうと山に来ました少し霧雨が降っていますが作業には影響ないとどんどん入っていきます以前見つけておいたところで動画撮影をしました「高枝切り鎌」というところ鉈や鎌で採集すると低い位置ばかり取ることになるので「5.4m、カーボン製、」を自作しましたまあこれは春にタムシバを採るのに作ったのですが効率が上がりました5分ほど作業し、車で先の目的地に行こうとしたときに「首の後ろで違和感」これがついていました「山ヒル」です小さいですが血を吸って人差し指くらいにはなるのですがまだ吸いつく前だったので楽にとれました。出発しようと思ったときに「嫌な予感がしたのですぐ車を降り裾をまくると更にその上に油断しましたヒル対策の「つなぎ着用」「裾は靴下の中」「首にはタオル巻き」とよくわかっていたのですが道から20m位藪でもないし撮影だけ5分と短いので気楽に入りましたが5分で5匹、うち3匹にやられました痛くもないのと慣れていると言えばそうなのですがこんなに早く入るとは思いませんでしたまあ特に雨の日は活発に動くのですが・・・・ヒルについて・・吸いつかれないのが一番吸いつかれたらライターなどで炙り自分から離れるようにします無理に引っ張ると歯が残って痒みと出血が長くなりますライターを今回は持っていなかったので、私は爪でゆっくり押すようにして自分から離してくれるの待ちますヒルが離れても出血は止まりませんすぐ水洗いをよくして唾液を落としそのまま放置するのがベスト今回は水が無かったので傷口を少し絞って血を出やすくしてそのまま放置しました傷口は深いのではなく表面を削いだような、擦り傷のような傷をつけて血を吸います痛みは全くありません血止めをするとひどい痒みが残り傷口の治りも遅いので私はそのまま何もせず放置して流しっぱなしにしますまあ毒もないしキズも小さいのでそのままでもたいした量は出ませんだから反対に傷を大きくして血で唾液を出してしまう方法をとります傷口の治りも早いし痒みもほとんど残りません気を取り直して先へ進みクロモジの実も色づき始めましたここで雨がひどくなったので終了にしましたこれが1時間後の写真ですこの程度しか血はでませんから、両足で3匹のキズですまあ咬まれないに越したことはないですが気持ち悪い虫ですがアーユルベーダ等では治療に使うしほとんどの国で使っているようですね今回の動画のメインはヒルです

  • 25Jul
    • タムシバプレミアムウォーターのサンプル

      タムシバサンプルを希望いただいた方へサンプルのお届けが遅くなり申し訳ありません成分分析が終了し成分表を当社ホームページのWORKSページに一時的に公開しています精油の凍結成分分析更にその結果が他で公開されている成分表と全く異なるため安全性などについて各方面の方にご意見を頂いていますその結果商品化を決定した場合のみサンプルをお送りいたします大変申し訳ございませんがもうしばらくお待ちくださいご興味のある方はぜひ成分表をご確認ください

    • 蒸留会をやっていましたの画像

      蒸留会をやっていました

      精油の生産がピークです動画、ブログも滞りがちですが実は蒸留会はやっているんです私が主催の場合は比較的遠慮なく出しているのですが主催が他の方の場合はブログなどの公開をしていませんでしたが今回、主催者の方の了解が得れたのでいろいろお知らせします今回は川西市の坂井建築設計さんの「はじまりの杜」という:古民家を移築改装した場所です(写真掲載の許可を忘れたので次回に)1階には食べたことはありませんがイタリアンレストランがありますそこの2階でやっています今回で3回目(今年になってから)毎回10人~15人位で蒸留会は勉強のようなものではなくアロマ好きの方がいろいろな精油や当社のプレミアムウォーターの香りを楽しんだり植物の香りから精油やウォーターになることにより香りがどう変わるか等です主催者の方と相談して楽しめることが第一で・・・・・(もっと専門的に勉強したい方用も計画する予定)蒸留は私の会社で作っているボックス型とアルミフレームタイプの2台を使用します午前午後各1回、合計4回蒸留を行います1回の蒸留でハーブ1800ccMAXで約250ccのハイドロが採れます今回を例にとるとBOX型は    クロモジとホーリーバジルを行いましたアルミフレームはラバンジンのスーパーセビリアンブルーを2回行いましたこちらは分液ロートを設置し、実際精油を採りますラバンジンは精油が多く採れますので今回なら約4cc採れましたこれを参加者の方で実際に使ってもらったり香りを比べてもらいますクロモジとホーリーバジルはハイドロですが採れたての香りと熟成された香りの比較スーパーセビリアンとグロッソの香りの違いなどなどいつも国産精油の良さはすぐ理解いただけますね少しだけですが蒸留の準備もしていただきましたこれだけではありません工場で作っているプレミアムウオーターや芳香蒸留水を試香してもらいますこれも大切な私の仕事です皆さんの評価を参考に商品を考えていきます今回お持ちしたのはスーパーセビリアンのプレミアム(当日蒸留分は出来立てで熟成されていないので・・)グロッソ のプレミアムティートゥリーの精油(20ml)と芳香蒸留水(前日蒸留)レモンタイムのプレミアム(商品化検討中)コモンタイムのレッド プレミアム(商品化検討中) (通称レッドタイムでなかなかいいですよ)ホーリーバジルのプレミアムレモングラス精油クロモジのプレミアムタムシバのプレミアムジャーマンカモミールのプレミアム???他にもあったような・・・・全て国内産の自社蒸留ですよ輸入資材も使いませんDRYは自社ドライ品ですとにかく確認できる良い品質の物のみを楽しんでいただきますだからできないハーブもありますが・・・・当日蒸留したものやほとんどの物は参加者の皆さんで持って帰っていただきます販売用を持っていくこともありますが今回はあまりご用意できませんでした作るだけじゃないですよ使い方は主催者のおひとりの川西市の「NOANOA」というスクール、ショップの校長?永田さん(名前を出す許可はもらってないかも)にしてていただいています今後もされると思いますので一度覗いてみたい方はそちらまでお問い合わせください