ウィルス2 | 野口整体(整体法)船橋全生整体院のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

野口整体(整体法)船橋全生整体院のブログ

船橋全生整体院 平橋数樹のブログ 整体法、健康、日常について書いています。

やはり東京都は4度目の、緊急事態宣言が発出され、千葉県もまん延防止重点措置が延長されました。

 

緊急事態宣言の主な要請内容

 

・酒類などをを提供する飲食店に休業要請

 

・上記以外は夜8時までの時短要請

 

・百貨店などの大型施設は夜8時までの時短要請

 

・イベント 上限5000人かつ収容率50%以下で開催要請

 

・不要不急の外出自粛、帰省や旅行を控える

 

 

まん延防止重点措置の主な内容

 

・飲食店に対し20時までの時短要請を行い、徹底を図る。

 

・酒類提供は、一定の要件を満たした店舗において19時まで提供可。ただし、感染状況に応じ、知事の判断でさらに制限を行うことができる。

 

・飲食店における感染防止策の第三者認証の普及と適用店舗の拡大に努める。

 

・協力飲食店等への協力金支給の迅速化促進

 

・催物・イベントの収容率及び人数上限 収容率:大声なし100%/大声あり50% 人数上限:まん延防止等重点措置区域である都道府県は5000人 解除後1か月間の地域は10,000人 等

 

緊急事態宣言も、まん延防止重点措置もほとんど変わらないですね。いずれもあくまでも要請(強くお願いすること。)であることは相変わらずです。憲法上、強制することが難しいという判断でしょうが、あくまでも要請であるから保証はしないが、支援は行いますということなのでしょう。

 

飲食店の方々も死活問題ですから要請に応じないお店も増えることでしょう。保証がないのですから仕方がないです。飲みに行く人もいるわけで、行きたい人は行く。行きたくない人は行かない。自己責任でいいのではないでしょうか。政府や自治体は病院の病床確保など医療体制の整備をわれわれは要請します。一方的な要請だけでなく、こちらの要請も聞いてほしいものである。

 

 昨年の状態と大きく違い、町には人があふれています。国民は、飽きてきた。とか我慢できないとか、いろいろ言う人もいますが、一番の違いは、昨年は、全国民に10万円ずつ配り、業種問わずに持続化給付金を配ったからある程度人の流れを止められたのだと思います。本当に制限をしたいならまた、お金を配るしかないでしょう。

 

オリンピックは、開催するが都内は無観客とのことですが、8月茨城で開催予定のロックインジャパン2021は、中止とのことです。ロックなのだから自治体の要請など無視して「よろしく」ってわけにもいかないのでしょうね。

 

ウィルス2

 前回は、細菌よりウィルスは、相当小さいということを書きました。網戸の網目が蚊(か)の30倍の大きさがある状態がウィルスに対するマスクであると。唾液等が混ざれば目を通さないが、様々なケースがあるので完全に防ぐことはできない。現に日本で十分コロナが広まっていることがその証だと思います。

 

さて、ウィルスの構造は種類によって異なるようですが、基本構造は、遺伝子とそれを包むタンパク質だけで構成されていて非常に単純な構造をしている。

 

コロナウィルスなどはその周りに脂質の幕をもちその周りにスパイク状のタンパク質がついているそうです。(アルコールがこの周りの脂質の幕を壊すと言われているのでどこに行ってもアルコールがおいてあります。これもどこまで効果があるのかは疑問です。)

 

このような構造なのでウィルスは自分で増殖することができず、他の動植物の細胞内に入り込みその遺伝子を利用して増殖するそうです。

 

一方、細菌は、細胞壁や細胞膜などを持ち自己増殖します。抗生物質という薬がありますが、細菌に対しては有効ですが、ウィルスに対しては無効である。細菌も生物なので抗生物質が効かない耐性菌も増えています。これは生物の原理でなんとか生き残ろうとするのでいろいろ変えていきます。

 

人間も様々な環境に適応して食べる物や耐性を得ることによって生きながらえてきました。また、人間の場合は、環境に適応するだけでなく環境を人間に合わせて変えてしまうという離れ業を行っています。

 

これが度が過ぎて地球にとって宇宙にとって悪影響がある場合は、人間を排除することを行うこともあるんだろうと思います。

 

船橋全生整体院は、自然な体を愛する人を応援いたします。自然治癒力は、生きていれば誰にでもある力です。それを働かせることの応援をするのが整体法です。身体のことでお悩みの方はご来院ください。

 

船橋全生整体院 電話予約 047-423-0652 

メール mailto:info@e-seitaiin.com

ホームページ http://e-seitaiin.com