2005年08月12日(金)

僕、セックス上手いだろ?

テーマ:♂-log

「僕のセックス、気持ちがいいだろ。前の彼女たちがみんなそう言うんだ」

冗談で言ってるんだろうと彼の顔を覗きみたけれど、全然冗談を言ってる顔をしていない。

あたしは、突如恥ずかしくて恥ずかしくて居た堪れなくなった。

セックス自慢をするあっぱれな彼と対戦しながら、話を聞きながら、その満足げな顔を見ながら、

恥ずかしくて恥ずかしくて、枕に顔を埋めたくなるあたしってのがいる。


悦に入りながらあたしのおまんこを舐め上げている彼の舌使いは単調で、

中央の溝を上から下へと行ったり来たり、繰り返しているだけ。

時どき、溢れ出したあたしの愛液を美味しい美味しいと啜っているけれど、

それはほとんど彼の唾液と思われる。

きっとクリとリスの場所さえも、把握していないのだろう。

お前、一体なんだって、この程度でこんな風に変な自信を持ってしまったのだ?

と思っていたけれど、理由はわからないでもない。

舐めるのを止めて、彼はあたしの中に2本の指を入れると、突如激しく掻き回し始めたのだ。

あまりの激しさにあたしは声を上げ、眉間に皺を寄せた。

あたしの苦痛に歪んだ顔が、彼にはよがっている顔に見えるらしく、ホラホラどうだとばかりに、

さらに指を突き立ててくる。

「ほら。気持ちいいでしょ。逝っていいよ、逝って。逝って」

こんな彼をがっかりさせずにさっさと撃退してしまうには、もう逝ったフリしかない。

あたしは感極まった顔をして、膣を締めて、足を伸ばした。腹筋に力を入れてほんのり汗を身にまとわせ、

「逝く、逝く、逝く~!」と声を上げた。

彼は、あたしの中から指を引き抜いて、美味しい美味しいと満足げにそれを舐めている。

それを見ながらあたしは、見たことも会ったこともない昔の彼女たちとやらに、同情した。

彼の気分を悪くさせないために、何度も何度も逝ったフリをしていたであろう、昔の彼女たちに。

「ねね、何回逝った?2回?3回?もう、逝きまくってたね。可愛いなぁ」

あたしより、お前の方が全然可愛いよ。

なんてことを言わないことで、彼の自信は暴走しているのだと思われる。

でも、彼が満足なのであれば、あたしはそれで全然構わない。

すごく素敵な勘違いをしてくれる彼にあたしは愛おしさすら覚える。


彼に任せて挿入したって結果は見えたようなものだから、あたしは自分で彼にまたがる。

数回腰を揺らしただけで、

「ダメだよ、自分だけ気持ちよくなろうとしたって。僕だけ先に逝っちゃうだろ」

なんて言っちゃう自分勝手にハッピーな彼にあたしは卒倒しそうになる。

ゆっくりゆっくり動かして、彼の「あ、逝く、逝くよ」の声に合わせて、「あたしも逝く」なんて言ってみて、

一緒に登りつめるフリをするあたし。

「ね、ちゃんと一緒に逝けたでしょ。自分だけ気持ちよくなろうなんてずるいよ」

このレベルまでHappyPersonなのも珍しい。


「クリとリス舐めて。剥いて舐めて。吸って。吸いながら舐めて。もっと優しく。もっと強く。もっと早く」

そんな風に彼女に言わせてあげられないのだろうね、きっと彼は。永遠に。

「お前、フライ~ング!」なんて言って頭をはたいてくれるよな、

その天まで届きそうな鼻をあっさりへし折ってくれる、素敵な恋人出来るとよいね。


----------------今日のオシゴト(覚え書き)---------------

生理のはずもないのに、出血。そして子宮にどん痛。あまりよろしくないまんこ。
オナニーして見せて。ってのにも、もう慣れたけどさ、バナナ持ってくるのはどうかと。
むいたら余計に入れたくない。
週末一日貸切してくれる話がまとまった。どうしても外でって言われても、外でだけは会わないのが
あたしの信条。安全と安心感のために、あたしは箱の中で働いているのだから。
疲労困憊で寝付けない。恋人の鼾をバックミュージックに書く日記。読み返し無し。もう寝る。

いいね!した人  |  コメント(32)  |  リブログ(0)
2005年08月10日(水)

エロ恐怖症。

テーマ:風-log

最近セックスしてねぇ~(オシゴト以外で)。

したくねぇ~。

もちろんエッチなビデオも観てないし、オナニーだってしてない。

時々、ブログ仲間のところを巡っていると、エロネタを取り扱っているところがあって、

いつもだったら、エロってだけでウキウキで読み進めるのに、

ここ数日はエロ描写にちっとも反応しないどころか、思わず目を瞑ってしまうあたしがいる。

まともなコメントも残せないくらいに、エロ恐怖症。

意識せずにも濡れて濡れて仕方ないくらいの時があるかと思えば、これだよ。


オシゴトで濡れて濡れて仕方ない時ってのは、すこぶる調子がいい日で、

”一体なんだってこんなに濡れるんだろう。”

などと思いつつ、目の前の知らない男のちんちんをなんとも美味そうにしゃぶってるんだよ。

目の前のちんちんは、あたしの愛してるあの男のではないし、愛撫だって全然たいしたことないのに、

なのにぐっちょぐちょに濡らしてしまうあたしのを、

「すごい感度いいねぇ。こんなに濡らしちゃって」

などと褒めちぎって喜んで、すっかり”俺ってすごい!”なんて自信持っちゃった客が、

際限なくどくどくと流れ出すあたしの愛液でますます調子に乗っちゃってしまうくらいな日。

どうでもいいちんちんが挿入されてるというのに、”もっと奥までもっともっと”と腰を押し付けて、

”あたしの内臓を掻き回してよ”くらいの勢いがそこにはあって、

「俺のすごい?すごいでしょ」

なんて言う客のポジティブさに、腹の中で爆笑しながら、それでも”逝っておかなきゃもったい”くらいの、

飢餓感でもって、淫乱セックスマシーン街道まっしぐら。

”お金をもらってのセックスではなくて、恋人とのセックスで、こういうのしたかったよ。”

なんて虚しさも、無くはないけど、お客さん喜んでくれたら本望ですから。


なんてエロのモチベーション高めるために、エロっぽいネタ書いてみる。

でも、エロ恐怖症というスランプ脱出のための荒療治には、やっぱり辛い。


---------------昨日のオシゴト(覚え書き)---------------

常連客のひとり。癌かもしれなくて、明日精密検査をするんだとさ。なんとも神妙な語り口で、
本気で心配していたら、サービス始まったら大変身。
生きるか死ぬかって時こそ、子孫繁栄能力はパワーを増すらしい。人間って都合がよく出来てるな。
久しぶりの筆おじさん到来。
腹筋が縦割れしてるあたしの身体に触れて、スポーツジムに通い始めたという常連客。
別に胸はマシーンでこうなったわけではない。元々だよ。「胸筋は鍛えなくていいんじゃない?」とか言うな。

いいね!した人  |  コメント(19)  |  リブログ(0)
2005年08月09日(火)

整形美人のソープ嬢。

テーマ:風-log

客の噂ってのは、大概が根も葉もないことだったりする。

○○ちゃんはBカップからEカップになったとか、△△ちゃんは目と鼻と唇をイジッタとか、

◇◇ちゃんは全身サイボーグとか。

□□ちゃんの小陰唇は、美容整形を受けてひだひだが無くなってまるで中学生のようだとか。

とある客が、とある姫の乳をムギュ~と掴んだらパチンと音がして、その姫を見ることがなくなったとか。

その手の噂ってのは、走り出したら止まらない。

自称昔からの店の常連とか言うやつら(確かにいろんな姫を行き来してはいる)が先頭に立って、

すっかり大暴走している。

あたし自身の耳には直接入らないけれど、

あたしが全身サイボーグだという噂も実はひとり歩きしているかもしれない。

(↑サイボーグでないことは、とにかく見れば分かる。悲しいが明確。)


ソープランドに入ってしばらく経った頃に、突然1ヶ月だとか店を休む姫がいるらしく、

そうして休んだ姫はほぼ全員がでか乳になって戻ってくるという話をした客がいた。

そういえば、あたしが長期休暇を申し出た時、店にやんわりと豊胸手術の話をされた覚えがある。

あたしは、乳無しを気にしているようにみせて、実はかなりどうでもいい。

どうでもいいというか、どうでもよくないんだけれど(ドッチデスカ?)、

自分の体にメスを入れてまででかくしたいとは、全然思いませんってことだ。


自分はしないけれど、人がするのに関しては術前術後の変貌振りが楽しめるので、笑って許容派。

せっかく大枚はたいて、ソープランドに来るんだから、普段ではなかなか出会えない爆乳美女と

あんなことやこんなこと、したいよね?

例えそれが作り上げられたものであっても。


あたしも♂だったら、いつでもやれそうなどこにだっていそうな姫に当たるより、

PLAYBOYから飛び出してきた!みたいな、

サイボーグソープ嬢と、ぜひぜひ対戦してみたいな。一度はね。

いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2005年08月08日(月)

二輪車やってみる?

テーマ:s-log

ソープランド用語には「二輪車」とか「三輪車」とかいうものがある。

「二輪車」は姫が二人、「三輪車」は姫が三人つくわけだ。

中には二輪車専門店のようなものもあるし、ソープランドの楽しみ方のひとつだったりする。


ふたりの姫にどう扱われるか、どう扱うかはご自由だけれど、

どちらにしても至れり尽くせりの至福の時になるはず。

あたしの店が、女性客OKだったらば、あたしも一度は二輪車受けてみたいと思ってるくらいだよ。


ソープ入りたての新人ちゃんだった頃の話。

「二輪車はできますか?」

「・・・二輪車?・・・って何ですか?」

てっきり、セックスの体位かなんかのことだと思った無知なあたし。

「女性がふたりで接客することです」

「それは・・・ふたりでひとりのお客様をもてなすと?」

「そうです。時々そんなご要望があるものですから、確認をと」

すげぇ!楽しそ~♪←アホ

「やってみたいです!」

「じゃ、○○さんという、慣れた方がいますから、一緒にやってみてください」

古株のねぇさんとタッグを組むことになった。

接客前に軽い打ち合わせ。

「私がリードするから、サポートしてね」ってな感じだったんで、

さすがねぇさん!心強いわぁ。なんて安心していたら。


全然やる気ねぇの、ねぇさん。ゆるりゆるり風呂入れたり飲み物飲んでおしゃべりに高じて。

客が時計をチラチラ気にしてんのに、お構い無しのマイペース街道まっしぐら。

仕方ないからあたしが服脱がせたり咥えたりはじめても、ねぇさん、全然動かないし全然笑わないし、

それになんだかあたしのこと見る目がだんだん怖くなっていくし。


なんだこの人・・・と思いつつも、さっさかマット準備して超面白がってマットで客と戯れたり、

客とねぇさんがが戯れはじめたら、イロイロエロエロちょっかい出したりしていたんだよ。

だって、それが二輪車じゃん?

んで、まぁ、客のアンケートも悪くはなかったみたいなんだけど、

相方のねぇさんが店にこんなことを言ったらしい。

「あたしあの人と組みたくない」

「何故ですか?」

「でしゃばりなんだもん」


ま、いいけどね。

ある程度、気心知れてる相方とタッグ組まないと、まともな二輪車出来ないよね。

しかも、ねぇさんはその巨大な乳とくびれた腰と女らしいお尻だけで、満足してもらえるかもしれないけど、

やる気以外のいいところ、何も持ち合わせていないあたしは、髪を振り乱して一生懸命サービスしなきゃ、

お客さんは満足してくれないんだよね。

今度二輪車する時は、似たようなタイプの姫でないと組みたくないと思う、乳無しのあたし。



次回は、そんな乳無しの姫に豊胸を進めるお店の話。

いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
2005年08月07日(日)

ソープランドに勤めたい?

テーマ:♀-log

体痛いぜ、ちっくしょ~う。

マット中は、黙って横たわっててくれりゃ極上の快楽を与えてあげるのに、

「俺もやってみたい!やらせて!やらせろー!」ってしつこ過ぎるっつの。

楽しそうに笑いながらマットから落ちて、おしり強打してんのに、それでも笑ってたお前!

もうやらせてあげないからね。


ネタに出来るような、面白い客がいない。

オシゴトしながらネタ探しに翻弄されてるあたし。シネ。


ヘルスの時のねぇさん から電話。

いつの間にか過ぎていたあたしの誕生日を祝いたいとかで。


「それと、ちょっと相談があるんだけど・・・」

何なに?

「いや、電話じゃなくて会った時話すよ」

そこまで匂わせたんなら、今言えやゴォルァ~!

「同じヘルスにいる子がさぁ、ソープで働きたいって言ってるんだよね。紹介してあげてくれない?

まだ二十歳ですごく可愛いの。結婚してるけど子供いないし、とにかく借金どうにかしたいみたいでさ」

ううう・・・。

ねぇさんこの前もさ、そんなこと言ってたけど、前の子面接セッティングしてあげたのに来なかったじゃん。

あたしの紹介した系列店、「あたしのまんこそんなに丈夫じゃない」とかなんとかぬるいこと言って

3日で辞めたの誰だったよ。お前だよお前。

だいたいさ、本気でやろうと思ってる人だったら、自分で探してなんとかするって。

力の無いあたしの紹介くらいでいきなり高級店でぬくぬくオシゴト出来るなんて、

ソープランド甘くみるなっつの。


ねぇさんさぁ、そうやってあねご肌気取りでいろんな子の面倒みるのも自己満みたすのかもしれないけど、

あたしにこんな記事『いつかセレブに。(フィクション) 』書かれてんだよ?

店のHPのトップに写真載せてる場合じゃないだろ。旦那にバレること一番恐れてる人が。

いい加減に自分のこと見つめて欲しいよ。まったく。



ひゃ~、トゲトゲしい、今日のe-logさん。


もう一回寝よ。

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。