心の独立 | 3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

確かに私は運が良かったと思います。でも、いろいろな知識を得て、その知識を生かして行動したのも事実。私が獲得した幸せを分かち合いたいと思い、このブログを立ち上げました!みんなで幸せになりましょう!


テーマ:

私は、ここで起業や独立の話をしばしばします。




それは何故かというと、会社や社会に陰で文句を言いながら何もしないでいるよりは、自分で何かの行動を起こした方が良いと思うからです。




このところ、副業を認める企業も増えて、自分で何か新しいビジネスに取り組むには良い環境になってきました。




我は、と思う方はチャレンジしても良いかと思います。




それで今日の話ですが、何も起業や独立をしなくても、自分の思うように生きる事が出来るのではないか、という話です。




これもよく本で書かれている事ですが、上司の指示で動くか、自分の考えで自発的に動くか、という事ですね。




本当に簡単な例で言うと、コピー取り。




上司の指示待ちの人は、言われてただコピーを取ります。




「こんなの自分でやれよ」、とか「私はこんな事をするためにここに入社したのではない」、なんて思いながらコピーを取ります。




自発的に動く人は、そのコピーをただ取るのではなく、上司が確認し易いようにまとめたり、ファイリングしたりして上司に渡します。




自分が上司の立場なら、少しでも上司の時間を無駄にしない様にしよう、というような考え方ですね。




この二人の行動をみて、前者の人のように行動するのは当然だ、という考え方は私は凄く個人利己主義的な考え方だと思うのです。




少し考えてみればわかる事ですが、上司は自分より経験が豊富で自分よりも何倍も仕事が出来ます。




後者の人がやったように、その上司がやり易いように資料をまとめる事が出来れば、会社の利益に繋がりますし、そうなれば会社の業績が上がりますので、間接的に会社のためになります。




この様な考え方が出来れば、この様な仕事をずーっとしていれば、当然ですが上司の目に留まる事は必然です。




この様な考え方、この様な行動が取れる人は、仕事が無くなるという心配は全くありませんよね!!




この様な考えでいれば、一生食べていけるはすです。




会社勤めが嫌だから起業や独立をする、という考え方もあると思いますが、起業や独立というのはそんなに甘いものではありません。




私、時々ホリエモンの動画を観ているのですが、そこへの質問がそんな質問ばかりなのですね。




給料も貰えて、しかもたった一人の上司も満足させる事が出来ない人が、起業してお客さんを集める事が出来るのでしょうか。




少し厳しい話をして申し訳ないのですが、人手不足で企業が社員を甘やかすので、そういう話を聞く機会が増えているので、個人的には心配になってしまうのです。




これは私も含めてですが、ほんの少しで良いので、自分を律するという気持ちを持ちたいところです。

doeasyさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス