何だかんだ、精神力は大切です | 3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

確かに私は運が良かったと思います。でも、いろいろな知識を得て、その知識を生かして行動したのも事実。私が獲得した幸せを分かち合いたいと思い、このブログを立ち上げました!みんなで幸せになりましょう!


テーマ:

 

仕事で結果を出したいというとき、最近は根性論ではダメ、緻密な計画を立てなければ、という事が言われています。




私も、緻密な計画を立てる事は賛成ですし、そうする事が多いです。




例えば、今週中に電話で100件連絡して、10件以上のアポを取る、という計画をしたとします。




月曜の午前中に何件電話して、午後に何件訪問して・・・




こんな感じでしょうか。




その際に、午前中に電話した会社で、「そんな電話を朝っぱらから掛けて来るな!」なんて怒鳴られたら、あなたはどうでしょう。




そこで、何とか頑張って次の電話が出来る人と、そう出来ない人とで結果が違ってくることは容易に想像できると思いますビックリマーク




この、「何とか頑張って・・・」という部分。




私は、これを根性とか、精神力とか、そういう言葉で言い換える事が出来ると思うのです。




経営者には、精神力が強く根性がある人が多いという話はよく聞くと思いますが、それは会社を良くしようとか、売り上げを上げようとか、従業員を引っ張っていく、とか色々な要素はあると思いますが、そういう事が積み重なって、自分を追い込むことが出来るから、その様な力が付くのだと思います。




そういう力がないと、例えば少し仕事すると精神的に疲れてしまって、ちょっとコーヒー飲むとか、最近だとゲームをしたりだとか。




もうひと踏ん張りが出来ないのですね。




これは本当に当たり前の事なのですが、もうひと踏ん張りが出来ないと、成績なんて上がる訳が無いですし、昇給やボーナス、昇進なんてある訳がないのですね!!




先日、ある書籍を読んでいて気付いた事があるのですが、結果をキチンと出しているビジネスパーソンは、運動している人が多い、という事実。




健康に気を使い、いつでもバリバリ働けるように、ということもありますが、予定した事をキチンとやり抜く精神力も、この運動で鍛える事が出来ると思うのです。




例えば、ジョギング。




4kmの距離をいつも走っているとしましょう。




その日によって体調に変化がありますので、調子が悪い時は、最後の500m位は歩いてしまおうか、なんて悪魔のささやきが聞こえる時があります(笑)




それを、頑張って最後まで走り切るという事を毎回続ていると、もうひと踏ん張り、という事が習慣化してくるのですね。




無理のし過ぎは確かに良くないですが、3.5km走れたら、4kmは走れます。




筋トレでもそうですね。




もう上がらない、それでももう一回上げる。




これを繰り返すので、筋肉が付く、精神力が付く訳ですね。




直ぐに挫けしまって中々成果が出ない場合は、運動する事をお勧めします。




キチンと計画して、それをやり切る。




成果を出すための王道だと思います。

doeasyさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス