属性が悪くて本当に良かったと思います。 | 3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

3億8千万円の借金地獄から復活した零細企業の社長のブログ

確かに私は運が良かったと思います。でも、いろいろな知識を得て、その知識を生かして行動したのも事実。私が獲得した幸せを分かち合いたいと思い、このブログを立ち上げました!みんなで幸せになりましょう!


テーマ:

私が初めて購入した物件は、成田市の駅から徒歩25分のファミリータイプの築23年の木造物件です。




その当時は、自分の属性が悪いとは思っていなかったので、銀行の支店を30軒以上回る事になりました。

 

 

 

まあ、これも大変良い勉強になりました(笑)



属性が低いがために安いボロ物件ですが高利回りの物件から賃貸経営がスタートしたんですね。




賃貸経営というのは、住まいを扱いますので、生活上の色々な問題が出てきます。




高属性の方は、丈夫なRCとか鉄骨の物件や、木造でも築の浅いまた新築の物件からスタートする方が多いですよね。




丈夫な建物、築浅の建物は総じてそれほど問題は起こりません。




私が、購入した物件は古いので色々と問題が出ました。




それでも、家賃比較で安く(利回りが高い)物件を購入していたので、何とか運営出来たのですね。




それと、当時役立ったのは、私が当時経営していた遊技業を営む店舗が木造で築35年以上経っていた事です。




古い建物にどんな問題が起きて、どういう部分に気を付ければ良いのかを、おおおそ予測出来たのですねビックリマーク




この様な感じで、属性が低かったかお陰で良い物件からスタート出来なかった事が、今とはなっては良かったな、と思っています。




かぼちゃの馬車問題を始め、不動産投資では色々な問題が出ていますが、その殆どが、物件価値以上の融資を受けて購入しているという事ですよね!!

 

 

 

これが問題になったビックリマーク




高属性の方は、確かに有利な条件で融資を受ける事が出来ていました。




私が個人的に思う事は、私が始めた頃は、それでも安い物件がありましたので、高属性の方は、有利な条件で更に安く物件を購入していた、という事ですね。




なので、ここ数年で売却して数億円の譲渡益を出したという話をよく聞くわけです。




その反面、ここ数年で購入した高属性の方は、有利な融資条件で物件を高額で購入している、という事になると思います。




RCや築浅物件は、購入当初はあまり問題が出ない事が多く、賃貸経営のノウハウが蓄積し難いと思うのですね。




なので、数年して退去が連続すると返済がきつくなる、という事が起きる可能性があるのではないかと思います。




これは何でもそうだと思いますが、取っ掛かりが容易いと、気が緩むということはあると思いますし、その事柄に対してなめてしまうという事はあると思います。




失敗は成功のもととはよく言ったもので、初めの方で苦労した方が後で楽しめるというのが世の常の様な気がします。

doeasyさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス