真昆布|道南伝統食品協同組合@北海道函館

真昆布|道南伝統食品協同組合@北海道函館

商品と浜の食卓レシピ、そして、真昆布の郷の四季折々の情報をお届けします。

 

梅雨空が続く、ここ函館南茅部。

 

本州では記録的な速さで梅雨明けし、猛暑に熱中症注意の呼びかけがされていますね。

 

しかし、ここではエゾ梅雨の曇り空に雨も多く、湿度は高く、太陽が顔をのぞかせると一気に気温も上がりますが、ここ数日はお日様を見ることが無く、それにより気温も下がり肌寒さを覚えるくらいです。

 

 

そんな中で養殖真昆布の水揚げは連日行われています。

 

南茅部では乾燥場で真昆布を干すので、風が強かったり海の状況が悪くないかぎりは毎日、早朝から夕方まで作業が行われます。

 

 

今シーズンの水揚げ(早採り)がスタートして10日が過ぎましたが、だいぶ身に厚みを増したものが水揚げされてくるようになりましたね。

 

今日から月が替わり7月。

 

中旬からは、規格が変わり「本採り」となりますが、そのころにはもっと厚く茶褐色の真昆布が水揚げされてくることでしょう。

 

当組合ではここ函館南茅部で水揚げされた最上級の函館真昆布、がごめ昆布を丹精込めて製品化し、みなさまにお届けいたします。

 

加工する製品は自然由来にこだわり、使用するお酢にもこだわり、日本伝統の健康的な食文化をはぐくむ取り組みをしています。

 

・お酢のこだわりのお話はこちら

 

道南伝統食品協同組合オフィシャル通販サイトはこちら

お電話またはFAXでのご注文、お問い合わせはこちら(平日9~17時)
TEL:0138-25-5403
FAX:0138-25-3590

 

北海道の美味しい海藻を食べて健やかな生活をおくりましょう!

海藻を食べる簡単、料理レシピをご紹介している当組合のクックパッドページはこちら

 

このブログのランクアップにご協力していただければ幸いです。
このボタンをポチッと押してください。

   ↓


人気ブログランキングへ