人生を豊かにする本物の医療を目指して。 Dr.SHUTOのブログ 「Wellness&Happiness」

心と体に優しい医療により、縁ある方々が悔いのない健康で幸せな人生を送るきっかけになりますように。


テーマ:

最近、メディアによる代替療法バッシングがおこなわれていますが、

 

私の考えを書きます。

 

私は現代医療(西洋医学、保険診療)と、代替療法は協力すべきと考えています。

 

代替療法の医師が、一方的に、現代医療(西洋医学、保険診療)は悪だ、と非難するのはナンセンスです。

 

たとえばがんの患者さんは、

 

私のクリニックでは、大学病院やかかりつけ医との縁は切らないように指導しています。

 

そして、自由診療をしてはいますが、当然、経済的に厳しい方もいらっしゃいますし、

 

経済的に豊かな方もいらっしゃいますが、

 

経済状況に関係なく、

 

・病気と向き合うためには心の状態(ストレスマネジメント)が大切

 

・体の細胞を正常に機能させるための毎日の食事は大切

 

・ストレスや化学物質により血流が悪くなっているので血流をよくする習慣が大切

 

など、自宅でできるセルフケアを第一と指導しています。

 

自由診療で高額な治療をするよりも、お金のかからない自宅でできるセルフケアが大切だと考えています。

 

例えば、温熱療法をするお金がない人は、

 

自宅でゆっくり湯船につかる生活習慣を身に着けたり、運動をして体温を上げる習慣をつけるように、と指導します。

 

このような生活指導(メンタル、食生活、血流改善など)が、お忙しい大学病院の先生方が患者さんたちにされていないことが多く、実際に悩んでいる患者さんが多くいらっしゃるので、私どものような代替療法の医療機関が指導しているだけなのです。

 

 

 

このような生活指導は、現代医療(西洋医学、保険診療)の治療を邪魔するものではありません。

 

 

 

また、「副作用で苦しんだし治らないので、もう現代医療は受けたくない」とおっしゃる患者さんもよくいらっしゃますが、そのような患者さんはどうしたらいいのでしょうか。 

それでもなんとかしてあげたい、サポートしてあげたい、と思うのが多くの代替療法の医師ではないでしょうか。  

私の場合は、当院でできることは経済的に無理がないように配慮して提供しますし、当院で対応できない場合は、対応できそうな医療機関を紹介したり、緩和ケア科を紹介したり、緩和ケアもできる訪問診療の医院を紹介したりして、できる限り現代医療との共存をはかっています。

 

 

 

 

もし現代医療(西洋医学、保険診療)の治療を否定したり、治療を邪魔したりするのが代替療法であれば、協力は難しいと思いますが、

 

私は、現代医療に足りない部分を補うのが代替医療(補完代替医療)と思っていますし、現代医療の邪魔をする(補完)代替医療は少ないのではと思います(ないわけではありません)。

 

 

 

例えば体を温めて血流を良くするだけの温熱療法も、現代医療(西洋医学、保険診療)の治療を邪魔するものではありません。

 

 

 

確かに、ウソ、大げさ、紛らわしい説明をして、悪徳な自由診療をしているクリニックもあるかもしれませんが、そのようなクリニックは、一時的には金銭的に儲かったとしても患者さんや遺族からの訴訟やクレームが多くクチコミも悪いでしょうから勝手に潰れていくでしょう。自滅するはずです。

 

 

ですから、

 

代替療法の医師が現場でどういうことをしているかも調査せずに頭ごなしにバッシングするのはナンセンスです。

 

代替医療を現代医療(西洋医学、保険診療)に併用してがんを克服した患者さんの声を聴かずにバッシングするのはナンセンスです。

 

生活習慣の改善だけで自力でがんを克服した患者さんの声を聴かずにバッシングするのは不公平です。


 

 

医療費にかけられる国家予算も圧迫されているので、そのうち保険診療の仕組みは崩壊していくように思います。

 

そういう中で、もし今後、混合診療が認められていけば、保険診療だけでは経営が成り立たなくなった多くの医師が、今、私たちがやっているような代替療法を取り入れていくはずです。

歯科の世界ではもうそうなっているでしょう?

 

 

今、

代替療法をバッシングしたい勢力やグループ、団体があるのかもしれませんが、代替医療を単にバッシングして自分たちが生き残ろうとするのではなく、医療費が底をつき、保険診療のシステムが崩壊していく可能性がある中、代替医療の勢力と協力していくことで、もっといい仕事ができると考えてみてはいかがでしょうか? 

 

 

もっと、代替医療の医師と現代医療(西洋医学、保険診療)の医師は、協力していけないものでしょうか。

 

私は、協力したいです。

 

 

※科学的にエビデンスがないものをあたかもエビデンスがあるように言ったり、治療実績がないのに治療実績があるように説明するような代替医療は、私は反対です。

 

 

※事実無根の情報で著しく、患者様、当院に対し誹謗中傷を繰り返す情報に関しましては、法的措置を検討しております。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(7)

テーマ:

本日まで、 一部週刊誌の記事、インターネット上のゴシップに関し沈黙していましたが、当院の基本的な考えを以下お伝え致します。

 

これまでのほとんどの報道は、事実無根の内容を多く含んでおり、推測だけで書かれたゴシップ報道であると当院では受け流しておりましたが、一部週刊誌、インターネット上においては、当院を名指した報道等が出てまいりました。そしてそれらの多くが誤解を招く内容であったため、当院の基本的な考え方をお知らせさせて頂くため本文を掲載させていただきます。

 

まず、臍帯血幹細胞治療に関して一時停止命令が当院にも出され、この件に関して大変お騒がせし、またご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。

「臍帯血幹細胞移植の治療の提供を一時停止する命令」が厚生労働省より発令されましたが、これは、「届け出をするまではこの治療を停止しなさい」という命令であり、当院の業務停止命令ではございません。したがって、本件に関して業務停止命令となり休診になったことは一度もございません。しかし、一部週刊誌やインターネットでは、あたかも業務停止を受けたかのような書き方をされています。

 

また、某著名人の方が最近お亡くなりになりましたが、某著名人の方が当院にて、 治療を多数回されたかの報道が一部週刊誌、インターネット上にてされましたが、一切の根拠はございません。

何故ならば、当院は勿論の事、 他の 医療機関 等においても、ある特定の患者様が来院しているかどうか、また来院されている患者様の病状、診察内容や治療内容に関しては、医師の守秘義務において、 一切外部にお話しする事は無いからです。すべてが取材したわけでもなく憶測で書かれた記事です。

 

さらに、当院の基本的な がん 治療等に関する 診察では、一部週刊誌、インターネット上 等で噂されてれていますような 標準治療を全否定したことは当院開設以来一切ございません。 術前のケア、抗がん剤との併用、放射線治療との併用、術後のケアなど、 標準治療と併用しながらQOLを向上させ、病症を改善させたいとの考えが基本でございます。 

 

ですので、セカンドオピニオン等で来院頂く患者様にも、 標準治療を拒否したい、または中止したいとの要望は多々ありますが、体力が許す限り、そして可能な限り標準治療と併用して頂く様に患者様にはご説明を致しております。

 

そのようなポリシーで診療している中で、某 著名人 の方が、 がん の発覚時点から当院の診察、治療 を受け、 当院の指導により標準治療を受けることをせずに手遅れになったという報道は事実無根でございます。 また、当院は自由診療ではありますが、その中でできる限り安価で治療を提供することを目標としているため、 治療に際し法外な額の診療報酬を請求することはありません。それぞれの患者様が経済的に無理のないように配慮して治療をすすめており、最終的に患者様の十分な同意を得たうえで治療を提供しています。

 

治療費は、可能なものはできるだけ値下げすることを目標にしてきましたので、実際に今年の2月21日のブログにあるとおり、開院以来、段階的に値下げし続けていました。 できるかぎり多くの方に気軽に体験していただきたいという理由です。

 

だからこそ、これまで患者様からのクレームも極めて少なく、多くのクチコミやご紹介に支えられて、運営してこられたのだと思います。実際、大病院にてこれ以上標準治療ができないと言われたがん患者さんも多く診療させていただき、感謝の言葉もこれまでたくさんいただいております。

 

 

がんが進行し、標準治療が不可能な患者様に関しましては、1日でも長くQOLを保ちながら人生を送って頂き、可能な限り延命出来る様にご協力させて頂く事や、悔いのない最期を迎えるお手伝いをすることが当院の使命と思い、開院以来、現在までに、多数の患者様やご家族の皆様の支持の元に運営させて頂くことができました。

 

尚、近日中に当院ホームページは復旧予定であります。

 

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

 

※事実無根の情報で著しく、患者様、当院に対し誹謗中傷を繰り返す情報に関しましては、法的措置を検討しております。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

これらは現代日本人にとっては嗜好品と考えています。

 

今は飽食の時代ですので、

 

健康増進のためにこれらを毎日積極的にとる必要性は感じていません。

 

 

・砂糖、あらゆる甘味料

   (調味料の「さしすせそ」に入っているけれども。)

   

・牛乳

   (カルシウム補給などの理由で出されるけれども。)

 

・小麦粉を使った料理(麺、パンなど)

   (米に代わる主食として食べられているけれども。)

 

飽食の現代だからこそ、昔ながらの和食、粗食・少食をお勧めします。

 

 

 

========================
・私個人の主観的な意見による記事ですので(当然、偏りがあります)、内容の解釈に関しては各人の判断でお願いいたします。
・メッセージ等による質問はすべてスルーしています(お返事しません)。
・アメンバー申請が何件もきていますが、
申請の際に、メッセージのない方は承認いたしませんのでご了承ください。
簡単な自己紹介と、どういう理由で申請されたかなどを教えていただけるとありがたいです。
お手数ですがよろしくお願いいたします。

Dr.SHUTO
=======================

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(3)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。