長崎戦の失点シーン

テーマ:

明日、満員のカシマスタジアムには行けないため夜更かししております鹿耳ですこんばんにゃ。

前エントリに「打倒オリベ」さんからいただいたコメントに返信しようと書き始めたら

思いの外長くなってきたのでこっちに書くことにしました。

 

打倒オリベさんからのコメントはこちら。

 

ハイライト動画で確認すると、失点直前に内田がマークに付いていた相手をフリーにして、ふらりと別の相手のマークに移動、その瞬間、フリーにした選手にパスを出されセンタリングを上げられ失点。失点直後、三竿が内田に抗議している。

 

前エントリで、

 

なんだろうなあの失点は。クロスを入れられたところが問題なのか、昌子が鈴木武蔵を離してしまったのが問題なのか。

 

って書いたことへのご教示です。ありがとうございました。

で、僕もあらためてあのシーンをDAZNで確認してみました。

確かに、失点の後、三竿が手を広げて篤人に何か言っているっぽい。だぞんの画質では表情までわからないのが残念だけど、あそこで二人の間に何か“コミュニケーション不足”があったのは確かだなあ。

 

ただ、何度かリプレイしてみての感想は

あそこ、ボールホルダーと米田の間の位置に三竿がいるので、篤人はサイドでフリーになっている長崎の選手につこうとしたんだよね。三竿はヒマそう(笑)だったし。そこで篤人は三竿にひと声かけたのか、今、米田に縦パス入れられてもパスコースに三竿がいるから対応間に合うだろうと判断したのか、その辺がポイントなのかなあ、と。篤人がサイドをケアしようとしたこと自体は、間違いじゃなかったと思うんですよね。あっちにパス出される可能性もあったわけで。問題はそこのディスコミュニケーション。お互いに「自分はこういうつもりだった」っていうのがあって、そこにギャップがあったのかも。でも、あの感じだと篤人と三竿はきっと後で擦り合わせしただろうから、修正できるんじゃないかな。

 

今日(金曜日)の「アントラーズラウンジ」では、昌子はあの失点について、自分が鈴木武蔵のマークを離してしまったから、としか言っていなかったな。まあ、最終的にあんな風にフリーで跳ばれたらマークしてたCBとしては悔しいわな…。

 

負け試合だと失点シーンを振り返るのは胸糞悪いので、勝つといろいろ反省できていいですねw

 

ついでに先制点のシーンも見たんだけど、篤人のクロスのところ、ゴール前に人数かかってるのがいいよねやっぱ。あれ夢生とか優磨がクロス上げる形になっちゃうと、どうしても中がスカスカで合わせるの難しい。解説の松原が「マイナスで小笠原という選択肢もあった」って言ってて、ほんまや!って感じ。ただ、優磨の後ろに、夢生、まではいいんだけど、その後ろの充孝、中に入って来すぎちゃう?充孝の場合、もうちょっと我慢してファーで待ってて!って思うシーンが多い気がするんだけど。いつも(笑)。

 

そんなにいい内容の試合ではなかったけど、やっぱり勝ち試合は何度も見て楽しめるからいいな。

明日の試合もそんな試合になりますように。

勝てよ。何がなんでも。