内容はともかく、の長崎戦

テーマ:

●第12節 鹿島vs長崎  @DAZN

得点:優磨、夢生(PK)

 

    優磨  夢生

 

充孝          遠藤

 

    オガサ  三竿

 

安西  昌子  植田  篤人

 

      ソガ

 

メンバーを少し替えて来た。浦和戦や上海上港戦をどう見据えているのか。

篤人は状態がいいのかな。W杯のメンバー発表を見据えて無理してるんでなきゃいいけど。GKはソガ。スンテに失点の責任はなかったと思うけど、原点に立ち返るという意味では、ソガ昌子植田のディフェンスで固く締めたいということか。

 

さて、立ち上がりどうよ、という試合。

いきなり鈴木武蔵に走られてシュート性のクロスを入れられてだいじょぶか!? と思ったけども。

4分の先制点は久々にすっきりしたゴールでした。優磨が落として遠藤が持ったら篤人が駆け上がる。糸を引くようなクロスに走り込む優磨。こういうのが見たかったんだってば。

 

ただ、なんだろうなあの失点は。クロスを入れられたところが問題なのか、昌子が鈴木武蔵を離してしまったのが問題なのか。

 

23分のオガサから篤人のサイドチェンジは爽快でした。これだよね。うちのチャンスメイクの一つの形は。あそこ、クロスに夢生がスルー。なんでスルー?優磨は夢生が打つと思って飛び込まなかったか。うう。

 

そこから攻める時間が続きました。パスのリズムもいい。でも最後のところが…。長崎の方が落ち着いて守っているように見えてしまうのが今のウチの状態の悪さやね。

夢生はもっと前で力を使わせたいというのは松原さんの言うとおりで、ちょっとボールをもらいに降りて来すぎているような気がするんだがずっと。でもずっと、ってことはチーム戦術的にOKなのかにょう。m

 

30分、遠藤の仕掛けにファウルを受けてPK。うわーん!今日は決めて!と思ったらしっかり左に決めたよ今日は!これで2−1。ふー。

 

しかしここからが。前半はまだ攻める場面もあったけど、後半はずいぶんと臆病な戦い方で。もちろんとにかく勝つ必要のある試合だから慎重なのはわかるんだけど、しかしこれが今の実力だとしたら。げー。

前からのプレスも行かなく(行けなく?)なって、待ち構えて網にかける。のはまあいいとしても、そこからなかなかつないでいけない、セカンドボールが取れないのは、やっぱりベストのポジションが取れなくなってる=運動量が落ちたってことなのかなあ。なんだかなあ。

 

途中から入ってきたファンマにも仕事をさせずになんとか試合終了。試合前のの段階では長崎の方が上位だったけど、でもまあ昇格組のチームにこんなに苦労してやっとこさ勝っているようでは。後半の安西のミドルとか遠藤のシュートがバーに阻まれたアレが入ってたら、とも思うけど、もっと根本的なところでうまくいっていない感が。もやもやするー。とりあえず勝ったからとりあえず喜べばいいのかもしれないけど、でもうまくいっていないところは何にも解消されてる感じがしなくて。

 

心配は続くのであった…