株式会社MAKEN(マケン)

株式会社MAKEN(マケン)

新開発グロスアーマー 洗浄剤キラーズ 研磨システム デュアルマ
販売業務 研磨機材 ルペス・業務用ケミカル・コーティング開発・卸OEM
郡山店・喜多方本社
プリント転写事業(DECOLITY) 

株式会社 磨研 MAKEN Co.,Ltd


現場施工から知恵と経験を生かし自動車の特種研磨 ケミカルコーティングの開発販売や講習などを行なっている会社です。研磨の限界を超えて自動車の美しさの維持に日々努めています。


全国のシビアな施工店様と連携し、現場に役に立つ商品を開発販売


プロフェッショナルページhttp://www.maken.expert/



こんにちは朝晩冷えこむこの季節、また災害がないよう祈るばかりです。

 

現場の作業も日々変わることなく進んでることが幸せなのかと思います。

 

今回は

待望の新商品のご案内!

高性能ドイツメーカーのFLEX  PXE80 10.5-EC コードレスミニ 

革新的な製品 プラスエックスアワード受賞 2020 1月発売予定

国内正規品(PSE取得)

 

先行予特典 FLEXスツール椅子/バッテリ一1個追加 台数限定お早めにご予約を!!

 

セマショーも開催され・・・

われらも推奨する。今一押しのドイツ FLEX(電動工具メーカー)も出店しております。

「SEMA SHOW(セマ ショー)」とは、米国自動車用品工業会(SEMA)の主催するトレードショーです。7,000社のSEMAメンバーのうち2,000社以上が出展する世界最大級のアフターマーケットパーツのビジネスショーなので、参加は自動車業界でお仕事されている方のみ。バイヤーは5万人、総入場者数は10万人を見込んでいる一般の方々は入場いただけない本格的なショーケース。

 

自分の一番の注目はこれ!

ご好意により発表前に試運転検証しておりました。

発表前にはさすがに公開できませんでした・・・

 

 

回して押し当てた瞬間 「ニヤニヤ」

ちなみに製品を最初から、ニヤニヤするのはなかなか無いといわれます・・・

 

内容付属品ですが

ドライブシャフト(シングル/12mmオービット/3mmオービット)

ベルクロは75φ/30φ 30φ糊付けパッド

充電池(リチウムイオン10.8)×2個

充電器/専用プラスチックケース

 

シングルは抵抗が出すぎるので30φサイズのみですが3mmオービット/12mmオービットは30φと75φベルクロを取り付けられます。もう一個のパッドはペーパーサンディング用の糊付けペーパー用です。

 

ヘッド交換がチャック式で工具が必要ないので瞬時にドライブシャフト(シングル/3mmオービット/12mmオービット)へ交換可能です。

 

DCモーターブラシレスなのでカーボンブラシ交換は必要ありません。

 

ヘッドにスビードコントロール4段階(スイッチを入れると2から始まるのでちょうどよい)

 

ヘッドライトのハードコートを剥く作業にも使用しました(75φベルクロ/3mmオービット/シアダイアモンドペーパー#500)

今までにはない良くできた構造で耐久性も抜群なようです。(無論ブラシレスで若干の水分も問題ありません)

 

速度安定コントローラー付きでトルクをかけても安定したスピードが確保されます。

 

驚きはダブル回転が強い!!イコール研磨能力が高い!!

 

バッテリー式もここまできたかという感想です。

ヘッドライト2個作業ぐらいではバッテリー1個でもまだ余力がありました。

 

重さですが

バッテリーを付属させても0.9kgなので片手でも操作が可能なぐらいでヘッドの重さとバッテリーの重さものバランスが良く中間のグリップが人間工学デザインでグリップ力が抜群です。

 

バッテリーの使用時間ですがシングルとダブルのオービット幅とトルクのかけ方によりますが平均値20分とされています。

充電時間は40分なので2個付属なので使い続けることが可能です。(連続使用時間試してないのでわかりません)

 

 

今回は悪いところがあまりなく絶賛の方に近いコメントとなりますが、ボディー面も複雑形状の場面ではそんなにトルクもかけられないので十分すぎるスペックであり

現状の最善のポリッシャーとして

1台は絶対に手に入れておきたいポリッシャーと付け加えます。

 

それは効率と効果

すなわち費用対効果が安定しているからです。

価格はNANOより少し安いです。

だから買ってください(笑)

 

上記セットパッケージを含め、更に磨研イベント!!

先行予約特典として下記の製品もお付けします(粋な計らい)

 

先行予特典 FLEXスツール椅子/バッテリ一1個追加(バッテリーは計3個になります)プレゼント

数に限りがありますので悩んだらお問い合わせください。

ご連絡は

maken@outlook.jp

HPは下記

https://www.maken.expert/

 

それから研磨最終仕上げが当社のウレタンでうまくいく脱脂のいらないコンパウンド

ファイナルワン (FINAL ONE)を発売予定です。

 

次回使用方法などをお伝えします。

 

では

 

 

 

 

 

秋の収穫時期。
色々美味しい季節でプクプク太りそうな時期です!体調も回復遅いこの頃…

さて、
製造を委託するメーカーさんとグロスアーマーの打ち合わせの一コマ 

現行のgr-1 の乾燥した硬化皮膜の破片をイキナリ酸性ケミカル(水ジミやシリコン系撥水剤や酸化密着物を強力除去するキラーズ1に浸し、しばらく放置して乾燥…

当社でもキラーズNO1は頻繁に使用するのでこれにやられると、時間をかけて作りあげる、コーティングの意味がありません…

以前にもっとあらあらしく実験してますが他のものと比較するために。

久々にドキドキ。




一方、組成を変えグレード的にも素晴らしい硬化皮膜。
超撥水で色も赤いのは秘密^_^

あれっ…
みるみるボロボロに…


比べて見ると左が現行gr-1 右が新型組成の硬化皮膜。
もう一目瞭然です。

化学式は正しくても現実は違う、を目の当たりに。現行gr-1 を超える製品は出来るのか…


いえいえ、まだ秘策はある!!gr-1 HDと
gr-1 spは長く検証続いてますが、事実とその特性を追ってます。現行と変わらなければ意味が無い。

こんな感じなので中々進みませんが…

しかし綺麗なgr-1 破片
人工的にでもこれが出来る化学は凄い。

関連する話ですが
硬化系のコーティングを施工する際の塗り込みはみなさんどうしてますか?

M氏にご紹介頂き、色々詰めてましたがコストパフォーマンス最高の塗り込みクロス取り入れてみました!

30✖️30サイズ50枚入
縁なし毛羽の少ないマイクロクロス!
粘質系のガラスコーティングもクロスホールド塗り込み両面スポンジ付きでスムーズかつ塗りキズ解消できます!!

硬化系の液を使えば捨てるしかありません
4分割カットすれば10円台で1台塗り込めます。白なので汚れも良く見えます。

生地は薄いですが畳んで使えば
普段のちょい拭きあげにも良好です。

コーティングの拭き取りはブラックマイクロファイバーがケバ出ないのでおススメです。以外と気づかれないのですがコツさえつかめばブラックマイクロファイバーは内窓拭きで、筋なしにスッキリ拭けます!

コツはお問い合わせ下さい。








ドイツ FLEX XEF7-15用のバッキングプレートを色々検証する中で試作を繰り返しましたが今回はアルミ素材では無く、低床で極薄プレート、空力放熱を付加し、フレックスダブルのマックスパワーをバフに伝えながら熱のこもりを解消出来るプレートに仕上がりました。


その解答はチタンプレート!!


難点はチタンは加工しにくい、材料費が高価。

それ以外はパーフェクト。

歪む事も割れる事もまずありえません。

構造的に放熱性もよく、研磨リアリティが増し感触が分かりやすくダイレクトです。


片手操作なのでブレブレ動画ですが…


純正パッドの不安定なバランスを解消する120φバッキングプレート
FLEXパワー XFE7-15ダブル用 MAKEN製 低床チタンプレート発売開始です!

数量限定、完売次第受注生産となります。
ルペス用アルマイトパッド、フレックスチタンプレート共にマジックの貼り付け面を改良いたしました。

詳細はお問い合わせください。



現場の流れから講習や製品開発から販売まで、毎日の時間の流れははやいものです。

充実とはこの事でしょうか。

忙しくさせて頂いている皆様には本当に感謝しかありません。

そんな中
あるご縁があり希少車種をフル施工

こちらはカレラGT 
ボディはオールカーボンファイバーな希少車もキラーズ洗浄から緻密なリアル研磨を可能とするdual−maで塗装面を大事に温存しながら整え、油脂分皆無の結合加工を施し、グロスアーマーを加工。
グロスアーマー加工後は水を張った様な濁りの無い美しい艶皮膜が形成されます。

この様にコーティングだけでは無し得ないひとつひとつの手間暇をかけ完成するのがグロスアーマーの強みです。

コレクションの仕上げにしても日常使用車の仕上げにしても施工方法が変わる事はありません。

関東から講習にこられた方のベンツSL持込講習 こちらもバブル期の希少車であります。
4日間の講習。本気度が伺えます。

油脂分で誤魔化さないリアル研磨仕上げは無垢な塗装面に仕上がり、時間と共にくすむ事も酸化する事もありません。

これは我々の現場や各施工店での5年以上経過しても変わらず。手入れの仕方にもよりますが、長年の経過観察で立証済みであります。


その実績を元に
通常施工のグロスアーマー。
新メニュー、グロスアーマーHDと言って当初からgr-1 ダブル施工、ガラス、アルミまで含むメニューが当社にあります。

新GR-1HDは難易度が上がるが、一度でgr-1 をダブル施工した様な仕上がりを目指し液性を変化させています。もう少し調整させて下さい。


そして、
長々とやって来たTAIMA 018-1はようやく完成販売にこぎつけました…

「TAIMA-018-01」(タイマ令和モデル)


グロスアーマー施工店専用

特徴

現行TAIMAにおいては成分特有の潤滑のある滑り出しで焼き付きも無く、微細な研磨目を消しきりながら密着成分を塗装表面に置く工程ではありますが、適度なぎらつきや、GR-1(メインコート)を塗り込む際TAIMAにて隠れていた微細な目などを部分的に剥く様子がありました。


研磨石に関してTAIMAバフ(ピンクバフ)を使用しても研ぎ率もそれなりにあることでスピーディーなバフ目消しも可能にしていました。平面ではそれも可能ですが逆アールや細部に微細な目が残る事もしばしば見受けられます。


上記を踏まえたうえで改良を重ね大変遅くなりましたが、TAIMA018-1はより完成度を高め、仕上がりの不具合をなくすための配合としTAIMA成分を大幅に変更しました。

今回のTAIMA018-1は研磨仕上げとコーティング剤のカップリング性能の強化を目的とし、

3つの点を改善進化しました。

研磨石のサイズをさらに小さくした事

細部にわたり微細な目が解消。


2 〇〇〇〇剤に分散した(分散安定性/液性安定化も増しました)企業秘密です^_^

熱硬化型で低温なバフ熱ですっきりした薄膜の形成が可能になりコーティングの結合強化、敷いては溶剤にも負けない被膜を形成しますので単体でのコーティング性能も発揮。


3 毛細管、新TAIMAバフ(巻き込みバフ)にした事。巻き込み部はマジックでくっ付きます。

ダブルアクション特有の細部の不具合と貼り付けバフの硬さを解消しました。

※洗浄はこまめにする必要があります。早い不段階で洗浄してください。)

※巻き込みバフの表面が固くなってきたら使用を中止し洗浄してください。


ウレタンではなし得ないTAIMAバフである理由は講習にて。


【使用方法】

研磨後の油脂分残留分を軽く除去し研磨最終工程として使用します。この場合、バフは早めに洗浄するか、交換して下さい。


当社のリアル研磨の水性研磨剤/HPシリーズにおいては脱脂洗浄はいりません。そのままお使い下さい。


イジメライト環境下で微細な目は油脂や樹脂で埋めるのでは無く、完全に消し切りますので初期研磨/中間研磨の後ご使用ください。


水洗い後GR-1を加工しトップコートで仕上げてください。


余談 今回のTAIMMA 018-1はあらゆるコーティング剤のカップリング性能を発揮すると予測しますが当社で他のコーティングでは試していませんので是非お試しください。

TAIMA用巻き込みバフは

150φ2枚 

130φ2枚

80φ2枚 

当社のWH-SP BL-SP ウレタンバフに巻き付けて使用します。


これにて塗装状況を問わずコーティングを問わず、最良の仕上げ方法をご提案いたします。技術的な側面を公開するにも意図があります。


グロスアーマーとしては講習必須アイテムですが完成度の高まったTAIMA018-1は違う展開も視野に入れておりますのでグロスアーマーを名乗る施工店様はしばし待たれ。


あっ新TAIMAとバフは発売開始です!!



一度のブログに詰め込み過ぎなのですが


特許取得済みのユニバーサルジョイントを発売開始いたします。


コスト的にはまだ高いのですが、時間かけすぎたので一度公開いたします。接続シャフトにネジコムだけなので、接続シャフトだけ購入していただければ1本であらゆるポリッシャーに付け替えれます。

主にシングルなどに適していますがテコの原理でポリッシング時の抵抗が格段に減りますし、自在な角度に変化するのであらゆる体制の変化に対応し身体が楽になります。使えば分かるこの楽さ。



縦置きであればRYOBI マキタ ハイコーキなど横置きであればシングルFLEX RUPESなど全てのポリッシャーに接続可能です。


グリップを締め付けてロック!

ゆるめてフリー!

とても気持ち良い動きです。


 現在では先端で研磨しないダブルには向きませんが作ります^_^


時間が無い。急ピッチで進めていきます。


ものづくりに終わりは無いです…


合間見てブログ更新しますのでしばらくお待ち下さい。



プロ施工店様様ホームページは

https://www.maken.expert/

企業登録後、製品販売いたします。法人、個人現場で活動してる方。独立支援もいたします。


グロスアーマー製品は、講習とセット販売となります。キラーズ、デュアルマ、グロスアーマー、メンテナンス、全てを見て実践していただきます。


一般の方への販売はしておりません。



ジメジメ梅雨で、いきなりカラッと暑い日もあり身体も対応不足でダルっなりますが、特に頑張りすぎず日々を忙しくさせていただいております。

現場は毎日、段取り間違えたら大変な作業量ではありますが、そつなくこなすスタッフ達には感心感心^_^

クオリティ、スピード、対応、自分が磨研やめても、客なら安心してお願いしたいショップだと客観視してます^_^
毎日毎日、作業は続きます。ご指示頂くお客様には感謝しかありません。ありがとうございます。


暑い夏に向けフィルム施工も多くご依頼頂き、私ごとではありますが、フィルムや貼りもの施工歴も25年?となり今まで沢山の車両に携わり汗の量も何リットルかいたことか。


 
もちろんラッピングやプロテクションなとも施工します。気分が乗れば^_^

貼りものは独学で、全て感覚や感性なので、よそのマニュアルは論外。へーって感じ、貼ってあれば良いと言う事であればさほど難しく無い。

何事もどこまでやるか!目指す所!で時間もかかり、商売上で難しくなって来るのかなと思います。

なので時間があるのであればトコトン突き詰める時があっても良いと思います。

それが引き出しになり余裕が出来るのかなと思います。




ごまかしの無い、手間暇かけた研磨からも濃色の仕上がりにも絶対的な自信があります。




発売はまだですが、展示会でも参考出品しておりました、新型gr-1 トロは少し粘質が上がり、乾燥スピード、厚みがでます。当社で積層するグロスアーマーHDというメニューがあります。施工時間、乾燥時間もかかる為、gr-1 トロを開発しておりました。施工の難易度が上がる為、施工方法も確立してからの発売と考えております。

時間をかけ、綺麗に研磨してからの
柔らか塗装の塗り筋、引きづり傷を無くす為の工夫。

拭き筋、拭き傷の無い仕上げ方法。
完成度は最良^_^


発売から5年が経とうとしている、グロスアーマーは1つ1つの工程、作業、特性に拘りや意味があり、安定した受注を受けておりますが、製品をバージョンアップする事で施工完成度やユーザーのさらなる感動を生み出し、その完成度や意味のあるコーティング、メンテナンス性に優れた製品としてユーザー標準規格として行きたいと考えております。

水の動きに囚われるより綺麗を維持する為の研磨やコーティングの本質は何か?を感じとって頂きたいです。



それから展示会でも参考出品した

研磨最終工程の新型TAIMA

ヤバイです。

TAIMA 018-1


時間かかりましたが、準備始まっております。もうしばらくお待ちください。





初夏の兆し、現場作業も忙しくさせていただいております。現在、研磨からのコーティングは7月からのご案内となります。その他、フィルム、防錆アンダーコーティング、メンテナンスについてはお問い合わせください。

maken.web.shopの準備が整ってきましたが、先行でグロスアーマー認定施工店様からの案内とさせていただき、対応完了次第、すでに登録されている施工店様のご案内とさせて頂きますのでよろしくお願いします。

web shopは完全なる会員専用となりますが全ての対応が完了次第、順次新規受付して行きますので新規様はしばらくお待ち下さいませ。







新製品のご案内

関節の保護やコンパウンドやバフの置き場などに活用できる腰掛けツールの販売します。しゃがみがキツイときはどうぞ^_^
サイド部の研磨やラッピングなど活躍の場は色々あります。


こちらもやりづらい場所に対しての製品で下回り中心に作業効率がアップします。

下回りも解放的。整備にも…

車両展示にも使用できます。


椅子にもなります。
もちろんラッピングやプロテクション施工にも活躍いたしましす。

リフトなどあれば要らないのですが取り付け出来ない状況もありますからね。
低い車にも対応するオプション、高さもバリエーションがあります。



 パーツも軽くて丈夫な素材で保管も段積みにして置けます。ルーフ施工時は脚立の代わりにも使えますね。
価格は磨研特価で^_^

国際オートアフターマーケット

無事、大盛況に終わりました。いつも支えて下さる、施工店様や関係者各位ありがとうございます。

地元、会津のUV漆とポリッシャー のコラボは使える漆として提案、加工依頼など受けております。ポリッシャー に限らず様々素材に加工が。
使えるUV漆ポリッシャー とは塗膜面、7Hの硬度になるのでキズが入りにくく濁し漆クリアなので色の深みが凄いのです。

その反面、硬さゆえにキズが入った所を研磨作業すると塗り色の深みまで戻すのが困難になります。コレがダブルアクションでは不可能なのです。ダブルはスリ研磨なのでその特性が反映されてしまいます。
それを
目の錯視を利用すればシングル軌道が有効になります。それは簡単ではありませんがバフや研磨材と硬さに合わせないと上手くいきません。

以前のブログにもあるようにひたすら専門外のジャンルを確立しておりました。

そこらかUV漆や漆の原点を知ることとなりどっぷりはまりまくり漆の加工に至ります、漆は海外ではjapan ラッカーとも言われその歴史を重んじ高級塗料とされ、日本では塗装の原点とされています。

塗装の原点をまとうポリッシャー で現在の塗装を磨く!!良いじゃ無いですか!

でコレらが完成し、世の中に広めていきたいと考えてます。本漆よりも実際のコストはかかりませんし、会津の蒔絵師が描く実用性のある漆として磨研では承っております。唯一無二のあなただけのポリッシャー を作りませんか?

会津UV漆は県を巻き込んだ特許技術です。この素晴らしい塗膜は木でもプラスチックでもガラスでも様々な物に加工してみましょう^_^


そして
磨研の特許済製品はコレ

申請してからスピード認証された
360度、180度 自在に可変固定出来る縦置きポリッシャー やシングルの抵抗が物凄く軽減される、自在ハンドル!自分の好きな位置に瞬時に固定できます。


この形状はポリッシャー だけではなく色々な可動可能な固定関節として利用可能です。

実際に展示会でも使われた方々は早く製品化してくれと…


まだまだアイデアを下さい。
これからコストダウンし量産となります。


それから、
ストップ&ゴーが軽快な5mmオービットブラシレス、DCモーター、150w(300w)
75Φパッドのスピード4段階切り替えつきワンハンド、サンダーポリッシャー 
 
静か。話しながら片手で研磨。止まらない回転トルクが素晴らしい。しゃがみ磨きや下回り逆Rなどが楽。ワンハンドなので…

エアーポリッシャー が、トルクフルな電気式になった様な感じです。DCモーター特有のリアルな負荷制御や負荷かけ過ぎの瞬間電力落ち込みもありますが、そこまでの負荷は必要ないと…コレもバフ、コンパウンドで解消できます。もちろん秘策もあり!


我々も採用したい気持ちはありつつ、値段にネックがあったので展示会で様々な方々に試していただいた所、値段はさておき、是非使いたいとの回答がほとんどだったので、磨研やります!

130Φモデルもありますが、75Φモデルに特化し、邪魔な集塵は無くした磨研モデルにてやっちゃいます。勿論PSEも取得して。各修理パーツや部品も手配いたしますのでご安心を。

150wの弱電力を何で補っているのか?解体したら凄い考えられてる。これは次に活かせる内容であった。


磨研イジメライトをお持ちの方々
ルペスのポリッシャー ホルダー取り付け可能です。

なんとも有難い。
勿論壁にも取り付け可能です。


展示会ではざまざまな方々とお会いできこちら側の提案だけで無くとても参考になるお話をいただき有り難く思います。

同出展社の方々もライバルでありながら未来のために技術競争をしながら共存、共有は大事な事。これからのディティーリング業の未来は益々楽しくなるのでは無いでしょうか。

では



春の兆し…現場も忙しいですが、コツコツと冬から準備を進めて参りました。

磨研としての商品も多く開発しております。現場で役立つ製品、アイデア製品、特許製品、カスタマイズポリッシャー、オリジナルバフ、各ケミカル品などを 公の場、「国際オートアフターマーケットショー」に展示します。


公の場に出て欲しく無いとの声もありますが^_^

製品は使われる為に誰かの役立つ為に開発しておりますので…

表に出ない製品も数多くありますが、誰かの役に立っているはず。




同業、他社様も忙しい時期かとは思いますが時間が合えば是非ご来場下さいませ。
コマ番は3106です。


カスタマイズポリッシャー 
現代塗装の原点を学ぶ上で切っても切れない、漆塗り。
本漆では工程、価格、維持費として実用的では無い。というか勿体ない。

今回の漆ポリッシャー はuv漆という特殊な製法で塗られている。美しい黒塗りで傷の入りづらさ、耐久性、美しさやコストにおいても正に特許製法です。

uv漆は地元である会津が発祥であり、今回、コラボ製品としてカスタマイズポリッシャー を加工いたしました。

塗装を磨く機械に塗装の原点を纏う!

漆は本来、木材などですが、uv漆は木、プラスチック、ガラス…様々物に加工が可能です。加工については当社が窓口とらなりますのでお問い合わせ下さい。


ポリッシャー にまつわる製品や特許製品も参考出品してまいります。


現場で鍛えてマイナーチェンジを繰り返し完成させた、キラーズ製品やデュアルマ製品

磨研オリジナルバフ


まだ未発売ですが、熱接着効果のある擬似塗装膜コート剤、バフで完成させます。


コーティング加工前の最終バフ掛け。

タイマ派生
硬質アクリルウレタン

グロスアーマー硬質シラン(講習者専用)

バフ目をしっかり消し去り、上記のコーティングが張り付き、溶剤で剥ける事もありません。土台がしっかりし、密着効果が磨研史上、最大に。その後コーティングしてもトップコートだけで終わる事も可能。意味は使えばわかる^_^

グロスアーマーの現gr-1は好評をえていますが、それを超える製品は2年を費やしてきました…まだまだやりますが…^_^乞うご期待!!


もちろん通常製品も触ってみて下さい。
バッテリー駆動 ledは作業に便利
塗り込みスポンジも両面つかえます!
安定のフレックスは是非この機会に触ってみて下さい。

まだまだありますが色々参考出品いたしますので是非ご来場下さいませ!

磨研のFLEXフルラインナップ検証完了!

今まで通りルペスポリシャーは販売していきますが、ドイツFLEXの進化したパワーと安定感、静音性は今までに無い。
胸騒ぎが止まりません。
ノーマルでこの完成度は非の打ち所がない

50ヘルツ地域でも十分なスペックですが、60ヘルツ地域は凄いらしい^_^
少し変えるならば…
磨研ではさらに成熟させるためのアフターパーツの準備を進めています。


コードレスシリーズでは新たに、バッテリー駆動ブロアも販売します。
コードが無い分、洗車後やコーティング前の水の吹き出し、コーティング中のとっさの水垂れなどにもすぐに持ち出せるのも便利です。

FLEXはポリッシャージャンルでは高級。
試してから考えたいと思う方、有料ではありますが、3日間のレンタルをいたします。

準備がととのい次第開始いたしますのでお問い合わせ下さい。


そして…

ようやく、「BL-SP 黒」
完成に持ち込みました。ご案内遅れました…
出来たのはブラックとホワイト。「WH-SP 白」ホワイトはまだ販売用で完成してませんが、世の中にはウレタン表面素材のセルの大きさや硬さがこんなにあるのかと改めて悩まされながらも勉強になりました。

いくつもの素材の形状試作と研ぎ率と仕上がり率のリアル研磨の満足を得るために非常に苦労しましたが、まだ先はあると考えてますが、一先ず完成。

ウレタンもセルの大きさが全く同じく製造できるのか?

そこは心配無いらしい^_^

ダブルアクション、シングル共に裁断カットズレによるブレはありません。もしあったとしても、ロスとして処分されてしまいます。

バフは高速になればなるほど、振動や研磨仕上がりに影響します。ポリッシャーへの取り付け方にもよりますが、この相対性の精度は当社バフの売りでもあります。

腕が良いとか悪いとか、コンパウンドが良いとか悪いとか、ポリッシャーが良いとか悪いとかの前にボディに触るのは何か?

触るバフがしっかりしてないといけない事実があります。


なんでも良くてチョイスしてる訳では無いです^_^ 感性が合えばですが…

磨研の本気バフ今後ともよろしくお願い致します。