愛媛の歌う歯医者 (奇蹟の口福デンティスト)

愛媛の歌う歯医者 (奇蹟の口福デンティスト)

四国の愛媛県東温市で駅前歯科医院を開業し30年になります。
コロナウイルスも含めて、細菌(ウイルス)は口腔粘膜を通して感染します。
肺炎(ぜんそく)の死の淵から奇蹟の復活をした歯科医が、幸せな生き方へのアドバイスがお伝えできたらと思ってます。

愛媛の歌う歯医者

愛媛の歌う歯医者

こんにちは。院長の能智です。
暑い日が続きますが、
皆さまいかがお過ごしですか?

 

日本では毎年、夏から秋にかけて、
台風や大雨が多く発生します。

 

今年もすでに各地で被害が発生しており、
被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

 

 

災害時には、
停電・断水・用品の不足などで、
お口のことは後回しにしがち。

 

しかし、

 

お口の中を清潔に保つことは、
非常時だからこそ、とても大切なのです。

 

 

もし、お口の清潔を保つことができずに
細菌が増殖してしまうと、
さまざまな感染症誤嚥性肺炎といった
身体全体に関わる大きなトラブルを招く危険
もあります。

 

 

そこで今回は、
いつどこで起こるかわからない災害時における
事前の備えや、お口のケアについてお話します。

 

◆事前に準備しておくとよいもの

 

・歯ブラシ
・洗口液
・ウェットティッシュ
・ティッシュペーパー

 

最低限、上記のものを
防災グッズに含めておきましょう!

 

他にも、
歯間ブラシやデンタルフロス、

キシリトールガムやシュガーレスガムも
準備しておくと役に立ちます。

 

 

また、入れ歯を使用されている方は
入れ歯ケース、入れ歯洗浄剤も
忘れないようにご注意を!

 

1、運動

2、リラックス

3、呼吸

4、ファステイング

5、水素

 

1はやりすぎに注意!、アスリート以外は軽くジョギング程度でやらないと逆効果

 

2はストレスからの解放ですね。3の呼吸にもつながります。

 

3の呼吸はしっかり吸ってゆっくり吐く。ミトコンドリアはO2がないといけませんから。

 

4昼しっかり食べて、20時から6時まで何も食べないのが理想。たまに18時から翌日12時までの軽い断食もいいですよ。

 

5水素はミトコンドリアの敵、活性酸素をやっつけてくれます。

 

最も大事ななおは楽しく生きることですね。

 

自分の周りで、癌で死亡される方が本当に増えてます。

 

毎月のように、そういう話を聞くと、

還暦ってそういう歳なんだと感じる時があります。

 

癌細胞は、誰もが持ってます。

生きて呼吸をしている限り、遺伝子の異形化は起こるんです。

でも自身が持ってる免疫力で、それを排除していきます。

 

加齢とともに、免疫力が落ちてきて、癌細胞がおおきくなっていくんですね。

 

ただそれを防止すること(抗酸化)は難しくありません。

原因となる活性酸素を作らない、ためない、取り除くです。

 

ストレス・たばこ・電磁波などから極力遠ざかる

水素サプリ・乳酸菌など活性酸素を取り除くものをとる。

 

=============

プロが教える

【口臭撃退裏技テクニック】無料プレゼント中!

 

自分ではなかなか気付かない、「口臭」。

実は、それが原因でプライベートも、お仕事も、かなり

していることもあるものです。

 

公式LINEを開設して、「口臭」撃退の裏技を公開しています。

【口臭撃退裏技テクニック】

 ↓ 

こちらからお受け取りください。

ここから無料で受け取る

こちらの公式LINEだけでしか配信しない内容もありますので、是非ご登録しておいてください。

1人、テキストの画像のようです

 

 

61清水 誠治、松尾真一郎、他59人

コメント44件

いいね!

コメントする

シェア

コメン

44506_banner_image

((customer_name))

歯科医療を通して、お口で噛める・食べる喜びを与え健康になってもらう。

奇蹟の口福歯科医師の能智星悟です。

39379_s-nouchi

今日もステロイド服用者の患者さんが来られて

’口の中が口内炎だらけで、歯も磨けない’

と、言われました。

 

実際口の中(👅も頬の粘膜)は、真っ白。

ステロイドの副作用で、口の中の日和見菌が活発になり

カンジダ菌が繁殖。口内炎もできてました。

 

病気のため、ステロイド剤は中断できません。

そしたら、できることは口の中をきれいにすること。

時間をかけて汚れを取り、洗口剤でうがいを頻繁にする。

 

実はこれができてない方が世の中たくさんいる。

誤嚥性肺炎で亡くなられた方のほとんどがこれです。

 

介護の方は気をつけてください。

 

がんの告知をするべきかどうかは、お医者さんを悩ませるところだと思います。

 

最近は告知が当たり前らしいのですが・・・

 

その患者さんの性格次第では、最悪の事態を招くことも(命をちじめる)

 

病気(やまい)は気から。とよく言われますが、中国医学(陰陽学)では何千年も前から、’気’の診断を大切にします。

 

気の流れのない人(病で気が落ちてる人)にがんの告知(余命)をすると、余計に弱ってしまう。

 

意外と伝えないまま治療すると長生きしたりする。特に症状がないのに、精密検査で見つかったりした場合、

 

特に治療しないほうがいい場合がある。

 

性格が明るくて、がんの告知を受けても、笑って好きな酒を飲んでたら、がんが消えてたという話は結構聞きます。

 

免疫力を上げる最も大事なことは、気を高め笑って暮らすことです。

 

ソース画像を表示